週に2回の海外 (15) 早朝の雲呑麺三昧
「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」で迎えた朝の天気はまずまず。
相変わらず雲は多いですが、そう暑くもなく、また寒くもなく・・・。
f0036857_2239392.jpg

前夜「FELIX」でやや不発だったので僕にしては早い就寝、相変わらずの爆睡の後は、意外にも早朝に目覚めてしまいました。
旅先だから少し興奮しているのでしょうか?
f0036857_22311244.jpg

23階のリージェンシークラブもまだ始まっていない時間だったので、早朝のホテル周囲を散歩。
f0036857_22313352.jpg

ホテル・エントランスの目の前がMTRの出入り口(N)、ここは地上から行くと少し迷いそうな尖沙咀迷路のど真ん中にありますが、迷ったらMTRの地下通路からここに出てください(表示は多数あり)。
f0036857_22315232.jpg

さしもの繁華街、尖沙咀も早朝となると、ご覧のように人もまばら。
通りを清掃するオジさん、オバさんだけが眼に付きます。
f0036857_22322081.jpg

もちろん店もまだまだほとんどクローズ。
そんな中、開いている店を発見しました。
「洪利粥麺小厨」という店。
ホテルから直線距離にすれば100mくらいの近さでしょうか。
f0036857_22323946.jpg

店頭には香港らしい朝食のセット・メニューのリストが・・・。
f0036857_2233089.jpg

中を覗くと、観光客とは明らかに違う感じの、香港ローカル・ピープルがかなりな数、すでに着席。
値段も安そうだし、口に合わなくてもいいや、ここに入ってみるかと、何の予備知識もないまま、店に入ってみました。
スタッフは愛想のない、もちろん広東語オンリーのオバちゃん軍団。
f0036857_22331678.jpg

この店はセットメニューの他にも、相当数の料理がメニューに載っているので、迷っていると、せっかちなオバちゃん・ウェイトレス、僕を外国人と見たのか、ゼスチャーでお粥の所を「これは?」と指さしてきます。
どうやらこの店は朝食ではお粥、特に魚のお粥が一押しのよう。
でも僕はこの店がどんな店か全然知らないで入ったので、一番無難な雲呑麺(30香港ドル)にしてみました。
f0036857_22333368.jpg

香港の他の店と同じように、スプーンなどはこの引き出しに・・・。
あ、来ました雲呑麺。
f0036857_2234755.jpg

でかい、丼がでかいです。
いわゆる名店系の店はえてして丼が小さめですが、ここのは大きな丼に麺がたっぷり。
このボリュームはローカルな店ならではでしょうか。
f0036857_22342910.jpg

特筆すべきは海老の含有率100%近い雲呑が何と6個も入っていることでしょうか。
日本円にして約400円でこれはすごい・・・。
麺は香港として普通、スープはまぁ他に美味しい店はいろいろある・・・という感じでしたが。
この店を出て、ホテルに帰ろうとすると、今度は「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」から直線距離にして50mくらいのこんなところに・・・
f0036857_22344848.jpg

香港の有名茶餐廳(香港風ファミレス?)チェーンの「翠華餐廳」を発見しました。
f0036857_2235761.jpg

このロケーション、このローカル感に僕は思わずふらふらと中に・・・。
ここも朝は朝食セットがメインなはずですが、雲呑麺くらいはありそう、そうだ雲呑麺を食べ比べてみよう。
確か僕の記憶ではここの雲呑麺は面白い方で出されるはず。
f0036857_22352264.jpg

果たして雲呑麺は朝食セットの中にあって、飲み物とセットでここでは36香港ドルでした。
茶餐廳特有の垂直背壁はいかも香港来たぁ!を感じます。
f0036857_22363175.jpg

コーヒー。
ミルクがたっぷり入っていて、これにテーブルの砂糖壺から砂糖もたっぷり入れます。
f0036857_22364374.jpg

このミルキーな甘さ、体の隅々まで甘さが伝わっていくようで、これは癒されますねぇ。
香港では、これが美味しいコーヒーなんでしょう。
で、運ばれてきました。
僕のイメージ通りで・・・。
f0036857_2237097.jpg

前に来た時も雲呑麺が洋皿に盛られてきたのにはちょっとびっくりでしたが、今回も・・・。
麺は前の店より少なめ、雲呑は海老の量などは同じですが、繋ぎに良い味が付いていて、雲呑として美味しい、でもここは一皿に4個だけでした。
f0036857_22371213.jpg

ここも麺は香港として普通、でもスープが珍しく白濁したスープで、いつもの雲呑麺のスープより西洋風なフレーバー(野菜の味?)も感じ、もちろんこれはこれで悪くありませんでした。
期せずして雲呑麺の食べ区rべの後、朝7時半過ぎ、ホテルに戻ります。
それからゆっくり入浴。
その後リージェンシークラブラウンジにも顔を出してみましょう。
by shackinbaby | 2016-11-03 12:14 | 旅行 | Comments(4)
Commented by nagi@ABQ at 2016-11-03 22:14 x
ああっ
こーゆーの見ると麺類すすりたい症候群がw
九記牛腩行きたくなる症候群も併発して…
USの中華飛び込みは流石に怖くて。

はい、IT系でABQに流れてきましたw
RUBY TROUT(ニジマス?)のソテーをワイルドライスとルッコラ、トゥクムカリのフレッタチーズのビネグレットの上に載せた料理が美味しゅうございました。

そうそう、USヒルトンの朝食強化施策?が素晴らしく、以前のような甘いパンとコーヒーのアメリカンブレックファーストじゃなくって、たっぷりのフルーツ(ブラックベリーやワイルドベリーたくさん)やコールドカッツにプロシュットやたくさんのチーズまで出してくれるようになりました。
SFのHILTON PARC55では+$10でコンチネンタルブレックファーストになりますが、増えるのは中華のおかゆや点心とかなので十分でございます。
しかし、小洒落たレストランに入るとグルテンフリーメニューが豊富なのはUSらしいですね(ちゃんとマーキングされている)。
Commented by shackinbaby at 2016-11-03 23:46
>nagiさん
麺はねぇ、アジアにいれはどこでもそこそこの中華系麺は食べられるし、アメリカでも大都市ならラーメン屋はありそうですが、それ以外のところに長めにいると、無性に食べたくなりますよね。
日本に帰ったら成田でラーメンでもぜひ・・・。
1タミなら花月、1タミなら空海がありま~す。
アメリカのヒルトンの朝食強化、嬉しい話ですね。
僕は行く予定はないけど・・・。
Commented by nagi@ABQ at 2016-11-04 01:57 x
「音を立てて啜る」と言う行為が欧米だとラーメン屋でもはばかられる感じがして(^_^;;;;
昔IADのラウンジでカップ麺をがっついて食べている日本人を大変嫌そうに見ていた人を見かけてから海外でラーメンでもすすれない症候群なのです。

NRTには車で来ているので帰り道に何処かのラーメン屋か蕎麦屋にでも寄ろうと思います。

借金様もお忙しそうですが奥様と南部のBlues三昧旅行などが出来るといいですね。
Commented by shackinbaby at 2016-11-04 12:28
>nagiさん
「奥様と南部のBlues三昧旅行などが出来るといいですね」は、本当に実現すると良いんですけど、うちの奥さんはそっちに全く興味がないので、行くとしたら一人ですね。
ルイジアナの田舎町にはいろいろ行きたくて、例えばバトンルージュ、シュリブポート、クローリー、ラファイエット・・・。
今の仕事をリタイアしてからかなぁ。
名前
URL
削除用パスワード


<< ANA、機内食も試食できる国際... 「踊る大空港、或いは私は如何に... >>