週に2回の海外 (17) 「利苑」でふかひれランチ
僕の香港ステイ、少し時間は飛んで今度はランチのレポートです。
朝はローカルな店、2店で雲呑麺と、「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」のリージェンシークラブラウンジで少し洋食・・・だったので、ランチは香港らしい高級店でと、「利苑」(レイガーデン)の尖沙咀店を選んでみました。

     http://www.leigarden.hk/en/

f0036857_1119315.jpg

僕の記憶では「利苑」グループの中でも「IFCモール」や「エレメンツ」の店のようにきれいでも豪華でもなく、旧来の香港らしさの残る店だったはず、今でもあのままでしょうか?
場所は「カオルーン・シャングリ・ラ香港」向かいの「ヒューストン・センター」という雑居ビルの地下2階。
f0036857_18491339.jpg

ローカルなビルで人通りも少なく、本当にこんなところにミシュランで★を取ったレストランがあるの?という感じですが、大丈夫、レストランに近づくと、ちょっと周囲に格調が出てきます。
f0036857_11195746.jpg

昔からの高級広東料理店ってエントランスです。
f0036857_11201073.jpg

こうした海鮮水槽も以前は高級店の証だった気が・・・。
f0036857_11202593.jpg

日曜日のランチ時とあって、中は完全満席。
f0036857_11203891.jpg

このレストランではこうしたシェフのキッチン・テーブルも出ています。
f0036857_11205486.jpg

本日のお奨め料理、スープ、そして点心などが並んでいます。
f0036857_1121857.jpg

もちろんメニューから選ぶのがメインですが、ここで目で見て、頼むことも出来ます。
f0036857_11212546.jpg

レセプショニストは英語が堪能。
僕が外国人とみるや、「少しお待ちいただけますか?」きれいな英語でと断った後、案内されたのは混んでこないと開けない、ゆったりしたテーブル配置の一番奥のスペースでした。
f0036857_11214068.jpg

「ここは静かで落ち着けますよ」とにこやかに。
気を使ってくれたのでしょうか?
僕は混み混みのテーブルの喧噪のなかでの飲茶でも良かったのに・・・。
f0036857_1122396.jpg

でも僕がこのスペースに案内された後、どんどん他の客も案内されて、あっという間にここも満席になってしまったので、ま、気を使ってくれたというか、単なる順番だったのでしょう。
高級店だけあってリネンやカトラリーはまずまずのもの。
f0036857_11221782.jpg

香港でランチ時ですから、どうしても点心に眼が行きます。
まして僕は一人だし、大皿系は無理。
点心のメニューです。
f0036857_11223894.jpg

かなりな種類が揃いますね。
お茶はどのお茶でも15香港ドル。
f0036857_1123038.jpg

点心はどれも、量的にたっぷり、味も〇です。
f0036857_11231438.jpg

外国人と見たからでしょうか、チリなどは運ばれてこなかったので、お願い。
英語は通じにくいウェイトレスでしたが、チリだけはすぐに分かってくれました。
f0036857_11233323.jpg

点心は蒸篭辺り大体30~40香港ドル。
f0036857_1123515.jpg

又焼包はやはり香港の方が美味しいですね、中の餡が違う・・・。
f0036857_1124471.jpg

そして、このランチのメイン・エヴェント、ふかひれの姿煮の登場です。
前にも書きましたが、最近は国際的なホテル・チェーンの中華レストランを中心に、環境保護の観点からふかひれ料理を出さなくなっているので、いま美味しいふかひれを食べるには香港のこうした街中の高級店、あるいは日本やアジアの超高級店で、ということになります。
f0036857_11245992.jpg

このレストランではふかひれの姿煮・伊勢海老湯仕立て(2両)398香港ドル、同しょうゆ煮(3両)768香港ドル・・・などたくさんのふかひれ料理が並んでいますが、僕は特別にふかひれのしょうゆ煮を2両で作ってもらいました。
両は中華圏でよく使われる重さの単位。
香港では1斤=16両=604.78982g、1両=37.7994gです。
f0036857_11253369.jpg

値段は512香港ドルと・・・。
付けあわせの少し塩味の付いた豆芽(豆苗)や黒酢で味にアクセントが付いて、やはりこれは美味しいなぁ。
食べても食べても中からふかひれが出て来て、口の周りはコラーゲンで恒例のべたべたになります。
f0036857_11251814.jpg

すべてで698香港ドルと、ランチにしては超高額となりましたが、僕はこれは満足。
で、この季節なのに何で上海蟹を食べなかったの?ですが、この日の朝の新聞に、上海蟹からダイオキシンが検出された、輸入や販売が一部中止になるらしいという速報が出ていたからです。
帰りがけには超豪華ホテル「ローズウッド香港」の工事の進捗状況を見ながら帰ります。
この分なら来年オープンは大丈夫ですかね。
f0036857_11255591.jpg

「インターコンチネンタル香港」の東隣という好立置。
ご存知のように「ローズウッド・ホテルズ」は2011年に「Rosewood Corp」から、香港資本である「World China Land」のホテル管理部門「New World Hospitality」に売却され、中国を中心に豪華ホテルを次々に建てていますが、ここは「New World Hospitality」にとっては本家本元のような土地(旧「ニューワールドホテル」跡地)、きっと気合の入った豪華ホテルが出来上がるだろうと思います。
「ローズウッド・ホテルズ」は香港では九龍の空港跡地として知られる啓徳エリアに「Pentahotel」(ペンタホテル)もやっています。
この後スーパーマーケットなどぶらぶら、奥さんへのお土産も買い込んで・・・
f0036857_18494356.jpg

(タイやインドネシアじゃなく、香港にもまだこんな変な日本語のお菓子が売られていました)
午後4時「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」」をチェックアウト。
f0036857_19304981.jpg

そして次は今回の旅行の主目的、僕の昔の同僚の退官記念パーティーに参加です。
by shackinbaby | 2016-11-06 00:04 | 旅行 | Comments(4)
Commented by たにとも at 2016-11-05 23:12 x
うわっ、昨日のランチに上海蟹食べちゃいました。この時期の香港では外せないので。ダイオキシンですか。恐ろしや。
Commented by shackinbaby at 2016-11-06 16:40
>たにともさん
僕の時に速報が出て、ネットが騒然となり、その後日本の新聞にもいろいろ報道されているようです。
ま、有名どころの上海蟹は大丈夫と信じたいですが・・・。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110201001857.html
たにともさんも香港でしたよね、11月初めに。
Commented by たにとも at 2016-11-06 17:13 x
記事の貼り付けありがとうございました。全く知りませんでした。そう言えば店頭のショーケースには上海蟹が沢山並んでいたのに、ランチ時とは言え私達の周りのテーブルで食べているのを見掛けませんでした。知らないと言うのは怖いことです。
Commented by shackinbaby at 2016-11-07 00:43
>たにともさん
周りの人で食べてらっしゃらなかったのはたまたまの偶然かと思いますが、香港では結構大きなニュースでした。
大きな著名レストランのは、信用できるところから仕入れていて問題ないと信じたいですが。
香港ではないか美味しいものに出会われましたか?
名前
URL
削除用パスワード


<< shackinbaby 「日の... アジア・パシフィックのヒルトン... >>