エールフランス、羽田発の機内食
エールフランス航空は11月3日から、羽田発パリ行きのビジネスクラス機内食サービスをアップグレードしているとのことです。
この新サービスでは、冷たい前菜に加え、午後4時以降のフライトで、カボチャ、ポテト、グリーンピースなど野菜のスープが前菜として選べるほか、FAがポール・ボキューズの料理学校で研修を受け、メインディッシュを美しい盛り付けでだすとことです。
そのサンプル写真が美しく、本当にこの通りの大きさの食器にこのように盛り付けられたら、(量はともかく)これは結構良い感じですね。
f0036857_736851.jpg

f0036857_7372157.jpg

f0036857_7392348.jpg

ま、盛り付けやすそうにはなっていますけど・・・。
朝食には、オムレツ、ハム、ソーセージとクロワッサン、パンなどの洋風朝食、あるいは和風の朝食も選択でき、また、最初の食事の終了後から到着前1時間半までの間にも、ピスタチオ入り鴨のリエット、海老のサラダ、ラヴィオリ、サンドイッチなどの軽食を好きな時間に頼むことができる軽食サービスも始まっているそうです。
このサービスは来年以降、成田発パリ行きでも導入される予定とのことです。
by shackinbaby | 2016-11-13 07:24 | グルメ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates 3... ヒルトン x VISA、最大2... >>