福岡再び~ハイアットリージェンシー福岡 (1)
結局福岡での仕事が完全には終わらず、更なる詰めの為、日をおかずにもう一度福岡に行ってきました。
f0036857_1141224.jpg

今度はホテルは付いておらずオリジナルの旅程では日帰り、でもせっかくまた福岡まで来たのだから夜は遊んで翌日帰ってくることとし(帰路は変更可能な航空券)、自腹で宿泊ホテルを探しました。
f0036857_11381841.jpg

と、ところが、ホテルが空いてない・・・。
どうもこの時期、各種イベントが福岡で集中していたようで、えっ、ここも駄目、あそこも満室?
f0036857_11383270.jpg

結局、一番安い値段で取れたのは「ハイアットリージェンシー福岡」の上級会員用の保証予約だけでした。
もうハイアットには泊まる必要もないのに・・・
ただし値段が安いので有名なこのホテルでも、税・サ込で1室13500円しました。
やはりこのレートは少し高い・・・。
僕はどうしてもこのホテルだと10000~11000円くらいを考えていましたから。
f0036857_1139530.jpg

ホテルはすでにクリスマス・デコレーション済み。
f0036857_11393231.jpg

なかなかのキラキラぶりでしたよ。
f0036857_11475995.jpg

奥のエリアはいつも通りですが、和食の「伴菜」が閉まっているので、ちょっと寂しい感じも・・・。
f0036857_1140616.jpg

館内マップでも「伴菜」のあったスペースは空欄。
f0036857_13156100.png

最近は1日1組だけというプライベート・レストラン「ザ・シェフズ・テーブル」なんてレストランもあるんですね。
アサインされた部屋は「リージェンシークラブ・ラウンジ」と同じ6階。
f0036857_11552195.jpg

部屋は広い部屋にはならず、一番奥の狭~いダブルの部屋でした。
f0036857_1156549.jpg

入ってすぐにコンパクトにまとまられたミニバー用アーモアとクローゼット。
f0036857_11562162.jpg

とにかくこじんまりしたこの部屋ですが、それでも2方が窓で、ともに公園の緑(今は紅葉)が見える開放的な景色、1人で泊まるときには悪くない感じです。
f0036857_11564055.jpg

やはりビジネスホテルなどとは全然違います。
ベッドやリネン類は標準。
f0036857_11565636.jpg

TVは新しくなった気がします。
f0036857_11571292.jpg
f0036857_11572631.jpg

you tubeが簡単に視聴出来て、いろいろ遊べます。
f0036857_11574132.jpg

窓の外。
f0036857_11575521.jpg

浴室は本当に旧式ですが、少し変わったところも・・・。
f0036857_11581063.jpg

アメニティーがアッカカッパになっていました。
f0036857_11582550.jpg
f0036857_11584349.jpg

いや、このこじんまり感は意外にも心地良かったですよ。
必要なものは大体揃っているし・・・。
by shackinbaby | 2016-11-23 00:29 | ホテル | Comments(2)
Commented by ミハエル at 2016-11-23 11:15 x
shackinbay様、

すみません、その部屋、先月私と連れが泊まった部屋と全く同じです。2人なのでダブル指定したらそうなりました。。狭部屋。
連れは本当に狭いを連発。広い部屋に泊まらせ過ぎましたかね(笑)。
その時は水曜日でしたが、満室でした。
ダブルポイントプランで予約して、さて、数日後にpoint+cashに変更しようとしたら、もう満室でした。8月下旬のことです。
つまり平日で、前後の日は空きがあるが、この日だけ2カ月前から満室。
最近はこのホテルはこういうことが多いです。日曜や月曜も満室が多い。
今週末にここ泊まりますが、泊まる日程は1カ月前から満室です。
ただ、ありがたいのは、ギャランティーレートでも、通常料金と同じなので、格安感はあります。平日の11500円レート
でも、ギャランティーレートも同じ。13500円ということは、土曜日ですかね?

浴室は、前に私が書いたと思いますが、5月頃にシャワーのカランが1レバー方式に変更になってます。これまでは冷と温をそれぞれ
コントロールしなければならなかったので、好みの温度にできるようになってます。このホテルとしては進化です。
ホテルも(それが進化だと)認めてます(笑)。

>いや、このこじんまり感は意外にも心地良かったですよ。

実は、これ、私がこのホテルを信奉する最大の理由です。同じことが、RCラウンジにも当てはまります。
上(最高級シティホテル)と下(ビジネスホテル)に挟まれ、身を切り投げし(伴菜のことです)、本部の指摘で仕方なくRCラウンジを再開
しながらも、なんとか生き延び、かつ、このホテルのファンが多い理由でもあるかもです。こういう客がいるから、ホテルもなんとか
サバイバルを挑んでいるんだと思いますよ。

お召し上がりになってないかもしれませんが、ル・カフェの朝食ビュッフェ、まあハイアットを使わなくなるまでに1回は食べてみてください。食べられてたらご容赦。

今度の宿泊は1人なのでお気楽に。。
Commented by shackinbaby at 2016-11-25 12:46
>ミハエルさん
僕が泊まったのはウィークデイですが、13500円の表示でした。
特に混んでいる日だったのでしょうか。
シャワーのカランが新しくなったのは教えていただくまで気が付きませんでした。
確かに記憶をたどると以前とは変わった気もします。
「ル・カフェ」の朝食のことはお聞きしていたので気になっていましたが、この日は朝1番の飛行機に乗るので、前夜の飽食もたたり、食欲もあまりなく、何も食べずに空港へ・・・でした。
名前
URL
削除用パスワード


<< shackinbaby なう 「博多名代吉塚うなぎ屋」で満足... >>