街は早くもクリスマス一色@シンガポール (5) 「OPUS BAR & GRILL」で朝食
「ヒルトン・シンガポール」での朝食は22階のエグゼクティブラウンジでも、1階ロビー奥にある「オーパス・バー&グリル」(旧「チェッカーズ」)のバフェででも、どちらで食べても良いと言われています。
ロビーにあるペストリー・ショップはクリスマス仕様。
f0036857_20254868.jpg

ここも以前とは違う店が入ってるそうです。
この奥から「オーパス・バー&グリル」のバー部分が・・・。
f0036857_20261940.jpg

お洒落なカウンター。
f0036857_20265190.jpg

ここからがグリル部分というかレストラン部分。
f0036857_2027154.jpg

サンデイ・ブランチは特に有名なようで、それは要予約なよう。
特にチーズのファンにはMUSTという程いろいろなチーズが並び、壮観とのことです。
レストラン内のキッチン・カウンターは「チェッカーズ」時代より今風に変わっています。
f0036857_20274419.jpg

基本ワールド・バフェで、洋食、中華、和食(味噌汁など)、インド料理(カレーなど)など、ここにはラウンジとは比べ物にならないほど多種多様なものが並んでいます。
f0036857_20281187.jpg
f0036857_20283916.jpg
f0036857_2029331.jpg

もちろん注文に応じて卵料理を調理してくれるシェフもいます。
f0036857_20293959.jpg

こちらは麺を作ってもらうところ。
ただし麺は幅広麺1種類のみで、麺を選べたりはしません。
f0036857_2030642.jpg

これが作ってもらった麺。
f0036857_20303095.jpg

僕は朝にはこうした麺を食べることが多いですね。
洋食の基本アイテム。
f0036857_20324077.jpg

ベーコンとソーセージはお洒落なディスプレイで・・・。
f0036857_20305549.jpg

カレーとナンのようなもの(名前、失念)。
f0036857_20311727.jpg

点心も各種。
f0036857_2031397.jpg

カヤ・ジャムの入った饅頭までありました。
パンはヒルトン標準。
f0036857_2033540.jpg

種類が多いです。
f0036857_20333945.jpg

野菜やフルーツのディスプレイは壁に・・・という斬新なもの。
f0036857_2034922.jpg
f0036857_20342972.jpg

ジュース類。
f0036857_20345982.jpg

僕が案内された奥の席、朝食にはやや暗めですが、なかなかな雰囲気あるインテリアでしたよ。
f0036857_20352378.jpg

さぁ、そろそろオーチャード通りの店も開いたでしょう、久しぶりのシンガポール街歩きの開始です。
by shackinbaby | 2016-12-03 00:08 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< deep down in 千葉... 街は早くもクリスマス一色@シン... >>