街は早くもクリスマス一色@シンガポール (7) 「ジム・トンプソン」でランチ
オーチャード通りをいろいろ摘まみながらぶらぶら歩きした後、ランチを取りにデンプシー・ヒルのタイ料理店「ジム・トンプソン」に・・・。
周囲には教会くらいしか目ぼしい建物はなく、緑も豊かでとてもな静かな素晴らしいロケーションにたたずむこのレストランは、 旧英国植民地時代の兵舎を改装したもの。
何とも趣あるコロニアルな建物です。
f0036857_23143969.jpg

でも何でシンガポールに旅行しているのに、タイ料理を?
実はこのシンガポールの「ジム・トンプソン」(もちろんタイのあの「ジム・トンプソン」です)、この12月でリノベーションの為クローズしてしまうと聞いたからなのです。
このレストランが出来て約8年、何度も一度は来ようと思っていたのですが、なかなかそれがかなわず、今回ラスト・チャンスかもと思いやっと・・・。
f0036857_23154224.jpg

小さなリノベーションならこの雰囲気も多少は残されるでしょうが、リロケーションなどとなったら、もうこの雰囲気にはお目に掛かれない。
今回のリノベーションというかクローズはもしかすると地下鉄工事の故かもしれません。
すぐ近くにあるシンガポール植物園(ボタニカルガーデン)まで地下鉄の建設が発表されていますから・・・。
f0036857_2316401.jpg

ということで、ここに来た僕の主な目的は建物(インテリア)体験、料理は2の次ってことなんです。
だってタイ料理はいくら「ジム・トンプソン」でも、タイで食べた方が美味しいし本格的でしょうからね。
f0036857_2316574.jpg

いや~、それにしても良い作り・雰囲気ですよ、このインテリアも。
f0036857_23173027.jpg

高い天井に、コロニアルと英国、タイがミックスされたこの空間は、もしリニューアル・リロケーションされてしまうとしたら、これは惜しいですね。
f0036857_23175099.jpg

タイにある「ジム・トンプソン」レストランより視覚的には、ここシンガポールの方が質感が上。
f0036857_23215342.jpg

スタッフは英語がネイティブ・クラスなものの、生粋のタイ人たちのよう。
彼女たち同士の会話はタイ語でしているようです。
f0036857_23181134.jpg

メニューはドリンク・リストも幅広いし、料理メニューもいろいろ載っています。
ただし僕は1人でのランチ、そうなるとどうしても2種類あるセット・メニューからの選択に・・・。
f0036857_23183087.jpg

レモングラス・ジュース付きの4コースで共に32シンガポールドル++。
どちらのコースもタイ料理入門用といった超ポピュラーなメニュー構成なので、そういう意味では面白くはありません。
ウェイトレスは「辛さはいかがいたしますか?」と聞いてくれるので、moderate hot'n spicyにと・・・。
f0036857_23185810.jpg

まずスープはトムヤムクン(もう一つのコースはトムカーガイでした)。
レモングラス、バイマックルー(コブミカンの葉)、プリッキーヌ、カー(タイ生姜)、フクロ茸など材料はタイそのままで、タイの名店よりは「こく」がやや足りない感じはしましたが、量もあって、全体としては合格点か。
f0036857_23191526.jpg

高級店らしく大きな海老がごろごろと・・・。
f0036857_23193193.jpg

メインが2品、ジャスミン・ライスと共に出てきます。
f0036857_23194944.jpg

まずこれはクン・パッポン・カリー。
そう、ここではプー(蟹)じゃなくて、クン(海老)で作られています。
f0036857_23201245.jpg

これは旨い、卵使いも上手だし味もしっかりしていて、ご飯が進みます。
ただしここでも海老、海老、海老・・・。
美味しいものの、海老多過ぎです(贅沢言うな?)。
もう1品はゲーン・キョワン・ガイ(グリーンカレー)。
f0036857_23203150.jpg

標準的な出来で日本で食べれば〇、タイで食べれば〇’といったところでしょうか。
席がだんだん埋まってくると、こんなオネーさんがひらひらとテーブルの間を舞い踊ってくれます。
f0036857_23205663.jpg

デザートはシンプルにココナツのアイスクリーム。
f0036857_23211213.jpg

あぁ、クローズする前にここに来られて良かった・・・。
タイ人スタッフのサービスも丁寧なもので、本当に気持ち良い時間を過ごせました。
by shackinbaby | 2016-12-05 00:09 | 旅行 | Comments(8)
Commented by 12345 at 2016-12-05 07:33 x
shackinbabyさん、おはようございます。

タイ料理店ですが、この雰囲気は古きよきシンガポールの香りもあるような・・・。
これをみると、ラッフルズやグッドウッドパークに泊まりたくなってしまいます。
Commented by shackinbaby at 2016-12-05 08:48
>12345さん
いつも有難うございます。
おっしゃる通り旧英国植民地時代の兵舎の改装、文中にも書きましたようにコロニアルと英国、タイがミックスされたなかなかのインテリアだと思っています。
味というよりこの年末でクローズしてしまうここを一度体験しておこうと思って・・・。
ラッフルズも同じく年末でクローズ後改装、グッドウッドパークはまだ以前のままで盛業中でした。
Commented by ミカリン at 2016-12-05 12:59 x
タイにいきたくていきたくて仕方ないミカリンです
タイシルクで壁紙?つくりたーい
タイじゃなくていいから暖かいとこでのんびりしたーい!
Commented by shackinbaby at 2016-12-05 18:47
>ミカリンさん
いつも有難うございます。
タイシルクを壁に貼るって、通常の技術でできるんでしょうか?
きっと日本でも専門業者に頼まなくてはで焼死、その費用の方が膨大に?
ジム・トンプソンではたぶんwallcoveringsというコーナーの商品だと思いますが、シルクじゃなくて普通の壁紙しか見たことがありません。
布の裏を特殊加工した、特注品になるのでは?
Commented by EL at 2016-12-05 20:36 x
シンガポールのジム・トンプソンも素敵なインテリアですね。
バンコクのジム・トンプソンは博物館に併設されているカフェがいい雰囲気で好きでした。
改装される前はお客さんもまばらで穴場だったので、時々お茶しに行ってました。
Commented by shackinbaby at 2016-12-06 08:15
>ELさん
いつも有難うございます。
スリウォンのジムトンプソンのレストランやジム・トンプソン・ハウスの方のレストランよりも、僕はデザイン的に好きですね。
少しシンガポール・コロニアル入っているので、そういう点では少しタイらしさは薄れますが・・・。
僕が泊まったヒルトンの窓からはタイ大使館の建物が丸見えです。
建て替える前は、広い緑の敷地の中に伝統的なタイ建築風の建物があり、風情があったのですが。
Commented by ミカリン at 2016-12-06 12:18 x
ですよね、職人さんのお代莫大になりそう、でもあこがれちゃいます。
Commented by shackinbaby at 2016-12-06 14:15
>ミカリンさん
ぜひご希望をいつか実現に・・・。
出来上がったらぜひ僕らにも見せてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


<< キャセイパシフィック航空の新ラ... deep down in 千葉... >>