街は早くもクリスマス一色@シンガポール (13) 見納め「ラッフルズ」&「ハリア」で夕食
ラッフルズ、フェアモント、スイスホテルなど高級ホテルブランドを抱えるFRHIホテルズ&リゾーツはアコーホテルズ・グループに29億ドルで買収されたばかりですが、その旗艦ホテルとなるラッフルズ・シンガポールは大規模改修のため来年末でその営業を終了・・・そう聞いていたので、あのシンガポールの象徴というか、ホテル界の貴婦人ともいえるラッフルズ・シンガポールの姿をもう一度しっかり見ておこうと、「1-Altitude」で夜景を堪能した後、夜8時半過ぎ、駆けつけてみました。

     http://www.raffles.com/singapore/about-hotel/

f0036857_14242790.jpg

ほ改修は3段階に分けて行われるそうで、第1段階ではショッピングアーケードの部分を、第2段階ではロビーを改装。
営業停止は2017年末から2018年第2四半期までで、ホテルの部屋数は現在の103室から大きくは変わらないとのことです。
f0036857_14244422.jpg

以前はロビーの写真も撮らせてくれた記憶ですが、今は駄目と・・・。
ロビーには入れてもらえたので、改めてしっかり目に焼き付けておきました。
f0036857_142533.jpg

回廊をぐるっと回って、奥のショッピングアーケードやレストランなども見て歩きますが、夜のラッフルズは昼間の喧噪とは大違い、どこもひっそりしていました。
f0036857_14252446.jpg

夜のこの雰囲気もまた格別。
f0036857_1425425.jpg

ここにはいくつものレストランがあるので、そのうちのどこかで夕食を取りたい、でもグランドハイアット・シンガポールのラウンジでもう軽く食べているので、そんなに重くないものを・・・。
f0036857_1426026.jpg

そこで思いついたのが・・・
f0036857_14261721.jpg

ホテルの正面玄関からすると一番奥の位置にあるアジアン・フレーバーの洋風料理店「ハリア」(HALIA))です。
f0036857_14263666.jpg

そう、ボタニック・ガーデンにある店と同じ、あの「ハリア」がここにもあるのです。

     http://thehalia.com/raffles/raffles/about-the-halia/

f0036857_14265696.jpg

ラッフルズの中らしく伝統的なデザインと、現代ぽさが上手くミックスされたインテリア。
f0036857_14271520.jpg

色々なタイプのテーブルが並んでいます。
f0036857_14273272.jpg

これがメニュー。
f0036857_142752100.jpg

全体に値段高めですが、店の雰囲気はとてもカジュアルです。
テーブルセッティングもこんな。
紅茶の缶のカトラリー入れがお洒落です。
f0036857_1428108.jpg

僕のオーダーはチリクラブ・スパゲッティ。
だって店のウェブ冒頭に

The menu offers contemporary European fare with Asian touches, featuring signature dishes such as the Singapore-style chilli crab spaghettini and Javanese spice

とあるんですもの。
で、出てきたのがこれ。
量もちょうど良さそう、今の僕はこのくらいの量が良かったんだ・・・。
f0036857_14282727.jpg

味は文句なし、麺の茹で方もジャストだし、さすがにチリクラブ・ソースが何とも本格的な味。
蟹肉もいっぱい入っているし、普通のチリクラブを食べる時のように手もべたべたにならないし・・・。
これは美味しい。ご馳走様ぁ。
値段は確か26シンガポールドル++だったような・・・。
by shackinbaby | 2016-12-08 17:50 | 旅行 | Comments(6)
Commented by ma-yamanaka at 2016-12-09 00:23 x
こんばんは!

同じ思いで似たタイミングで宿泊を楽しんできました。どのように改修されるかは私には明確には分かりませんでしたが、今回の宿泊をしっかりと記憶に刻んできました。この素晴らしいホテルやサービスが今後どうなるかはとても気になります。

きっとさらに良い方向に向かうと信じて(笑)
Commented by shackinbaby at 2016-12-09 11:49
>ma-yamanakaさん
コメントを有難うございます。
ラッフルズにご滞在されたのですね。
素晴らしいステイになられたようで、皆さん、ぜひ、上記リンクからma-yamanakaさんのレポートをご覧になってください。
こういう歴史的ホテルをどう変えるのか、あるいは変えないのか、興味あるところです。
Commented by ミカリン at 2016-12-09 15:07 x
かいそうにはいるまえにもう一度とまりたかったです。
ここ毎年とまりにいくペンションのオーナーさんが1986に泊まられたときのタリフを
私にくださったのですが、いまと全然ちがって中庭にプールがあったりおもしろいな。。。
っておもっていたのですがまたかわっちゃうんですね、キシキシきしむ廊下もいとおしかったのにな。。。
Commented by shackinbaby at 2016-12-09 19:20
>ミカリンさん
クローズまであと1年ありますよ。
ぜひもう一度・・・。
Commented by サリー at 2016-12-10 18:18 x
レストランの名前、haliaはマレー語で「生姜」という意味なんですが、アジアンテイストの象徴ということでそういう店名にしたのでしょうか。「生姜」だとレストランの店名としてはどうかな?という感じですが、haliaっていうとなんかカッコイイですね(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-12-10 18:44
>サリーさん
いつもコメントを有り難うございます。
この命名は意図的なものだと思います。
というのはこの店の本店は シンガポールのボタニック・ガーデン内の、ジンジャー・ガーデンの脇に位置しているからです。
いろいろな珍しい生姜の花の集められているところ。
メニューにも生姜を使ったものが多く、特にドリンクにはたくさんあります。
なのでハリアなんでしょうが、なぜマレー語なのかは?です。
名前
URL
削除用パスワード


<< 街は早くもクリスマス一色@シン... 今後のヒルトン・・・by ティ... >>