たまには温泉~別邸仙寿庵 (2)
イントロにあたるこの旅館訪問記の(1)を書いてから、しばらく間が空いてしまいました。
申し訳ありません。
(1)では、伝統とモダンが入り混じった印象的な館内を部屋まで案内されたところまで書きました。
建物は3階建ての全18室、僕らの部屋はここにある唯一の洋室で、1階に位置しています。

     http://www.senjyuan.jp/

     http://www.senjyuan.jp/rooms.html

部屋番号は101号室、名前は「りんどう」。
f0036857_201726.jpg

ちゃんと鍵をかけることが出来るのが、ホテル育ちの僕らには嬉しいところです。
ドアの裏。
f0036857_2015975.jpg

日本風の格子窓にライトが点いていますが、何やら奥はちょっと暗そう。
f0036857_2013715.jpg

入り口脇に広~い洗面所とトイレ。
f0036857_202161.jpg

中に入っていきます。
f0036857_2023293.jpg

うん、やっぱり暗い・・・。
全部の照明を点けても、あまり明るくなりません。
案内してくれた仲居さん曰く、「ここはすべてのお部屋の中で一番暗い作りになっております」と、すまなそうに・・・。
ひっそりお籠り派のカップルなどには良いかもしれませんが、僕らにはもう少し照明を考えて欲しかった部屋です。
f0036857_2024519.jpg

このホテルにたった1室しかない、畳の部分のない完全洋室。
大き目のベッドが2台並んでいます。
f0036857_203587.jpg

ベッドの質は標準より上、ここは布団の方は無理ですが、枕などは自分の好みのものを選べ、夕方のターンダウン時に撮り換えておいてくれます。
f0036857_2032147.jpg

浴衣のサイズなども、チェックイン時僕らを見て、きちんとジャスト・サイズのものが・・・。
でもこれは旅館では普通のことですかね。
半纏はダウン入りで超温かいもの。
作務衣の用意もあるとのことです。
f0036857_2033584.jpg

そうそう床はすべて床暖房、部屋の暖房は個別には調節できず、フロントに調節を頼むシステム。
f0036857_2035249.jpg

白の革製のカウチやチェアはまずまずの座り心地でした。
f0036857_204530.jpg

窓ガラスは2方向にあって、1方は庭、もう1方は露天風呂に面しています。
f0036857_2042135.jpg

偽暖炉の上にはたくさんの備品やアメニティーが・・・。
f0036857_204348.jpg

ネスプレッソ完備なのは〇。
f0036857_2044769.jpg

引出しの中も一杯で、ここの部屋の備品の数は全部数えると相当なものでしょう。
でも僕らには目に見えるところにあまりにいろいろなものが有り過ぎ、そのコードも複雑に絡まっていたり、コンセント周囲も見苦しいほどになってたり・・・。
僕らはスマートなシティ・ホテルに少し慣れ過ぎているからかもしれませんが、かなり気になりました。
f0036857_205389.jpg

冷蔵庫の中はアルコールも含めてすべて、本当にすべて完全無料。
(瓶ビール、缶ビール、発泡酒、日本酒、ワイン、コーラ、日本茶、ジュース・・・)
僕の体験ではここまで大量のものが飲み放題というところは初めてです。
f0036857_2051845.jpg

冷蔵庫下段左側の黒赤色分けされた体幹の形をしたボトルはホテル特製のミネラルウォーター。
f0036857_2053190.jpg

ここでもまた和菓子とお茶が出て、器に入ったお茶請けも出てくるところが旅館ぽいです。
f0036857_2054557.jpg

舞茸わさび、昆布割干、黒はり漬けの3種で、どれもかなり美味しい・・・。
f0036857_2055880.jpg

甘いものの後にもぴったりだったし、ご飯と一緒の出てきたらもうどんどん行けちゃうって感じでした。
by shackinbaby | 2016-12-17 00:17 | ホテル | Comments(4)
Commented by momo at 2016-12-17 12:21 x
>浴衣のサイズなども、チェックイン時僕らを見て、きちんとジャスト・サイズのものが・・・。
「ちゃんとした旅館」なら基本ですね。
エアラインでもリラクシングウェアをそうやって渡してくれる会社もあれば適当なサイズ積み上げで「自分で選んで持っていって」のところもありますよね(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-12-17 13:32
>momoさん
適当なサイズ積み上げで「自分で選んで持っていって」・・・そんなエアラインもあるんですね。
リリラクシングウェア配布は機内でも特別なサービスなので、一言添えながら個別に渡すとかすれば、更に特別感も出て良いと思うんですけどね。
Commented by momo at 2016-12-17 14:31 x
「適当なサイズ積み上げで、自分で選んで持っていって」
意外なことに私の好きなLHもそんな対応でした。
ドイツ人に聞いてみると「必要な人が自分で選んで持っていくほうが合理的」だそうです。
最近の搭乗記をググってみるとクルーから渡されるようですが日本人にはあちらの方のサイズはピッタリ来ない場合が多いようです(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-12-17 21:58
>momoさん
あぁ、ドイツ人はそんな風に考えそうですね、何か、分かる気がします。
この仙寿庵ではスリッパやサンダルまでも、僕が大足(!)ということが分かってるのか、僕の行動範囲にはすべて大きいサイズのものが準備され、スタッフと交わした会話などもすべてプロファイルされているようで、スタッフは場所場所によって変わりましたが、情報はかなり共有され、サービスや会話に生かされていました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 沖縄土産 今年最後の「ヒルトン東京お台場」 >>