たまには温泉~別邸仙寿庵 (3)
僕らが泊まった谷川温泉の「別邸仙寿庵」の101号室を見ています。
ここはホテルにたった1室しかない洋室、畳の部分は無い部屋です。
f0036857_2193292.jpg

空気清浄器も稼働中。
前回も書きましたが、とにかくここには備品が多く、ほとんど何でも置いてあるといっても良いくらいです。
コードやコンセントも一杯&ごちゃごちゃ。
そういうところが僕らにはちょっと・・・。
クローゼットの中には着心地のとても良いガウンや毛布。
f0036857_2110750.jpg

足元には何かよく分からないバケツに入った備品(雪の時用?)。
2面の窓を見たところです。
f0036857_21102638.jpg

露天風呂に面した方もカーテンを引くことが出来ます。
今度は洗面所。
f0036857_21104315.jpg

ここも備品の数がすごいです。
DVDプレーヤーまで置いてあります。
蝋燭とマッチもあり、夜の入浴に使えそうでしたが、マッチは湿っていて、火が付きませんでした。
コスメは旅館のエステでも使われているというフランスのDeclear。
タオル・ウォーマーも大型です。
f0036857_21113055.jpg

自動ドアを開けると、露天風呂部分へ・・・。
f0036857_2112376.jpg

ここは窓はあるものの、すべて開放されていて、完全外気の中での源泉かけ流し(沿線)、24時間いつでも入ることが出来ます。
f0036857_21122811.jpg

洗い場。
f0036857_2112422.jpg

カーテンを開けていると、風呂からも部屋からもこの程度には見えます。
f0036857_2113061.jpg

改めてもう一度この露天風呂を・・・。
f0036857_21131524.jpg

何でも揃っている良い部屋なんでしょうが、僕らにはもう少し全体にスマートな作り(経年によるもの?)、適度な照度調節が出来るほうが、好みだったですね。

f0036857_229742.jpg

僕らは部屋の露天風呂はいつでも入れるので、まずは男女別の大浴場の方に・・・。
f0036857_2292163.jpg

わずか18室の旅館ですが、大浴場は2つあり、時間により男女が入れ替わります。
f0036857_2293946.jpg

ここも24時間いつでも入れますが、他人に会うということがほとんどないのはさすが。
f0036857_2295464.jpg

自分の部屋の露天同様、大浴場さえも自分だけの風呂のように使え、本当に温泉三昧出来ます。
f0036857_22101212.jpg

向かって左の風呂は石風呂(もう一つは檜風呂)。
その露天風呂部分。
f0036857_2210283.jpg

すぐ下はもう渓谷です。
f0036857_2211699.jpg

改めてこういう露店風呂。
f0036857_2211213.jpg

も一つの大浴場は前述のように檜風呂。
f0036857_22212346.jpg

その露店エリア。
f0036857_22213824.jpg

これでここに来るのが後1~2週間早ければ紅葉が、あと1~2週間遅ければ雪が楽しめたのでしょうが、そういう時期的なところは、今回の反省点の一つです。
f0036857_22222220.jpg

by shackinbaby | 2016-12-18 00:12 | ホテル | Comments(13)
Commented by momo at 2016-12-18 08:29 x
本当に備品の品揃えは凄いですよね。
スタッフの話では宿泊客から要望があったものを置いているようですが少し多過ぎる感じがします。
私が宿泊したのは紅葉、雪の時期でした。
どちらも素晴らしかったですが皆さん考えることは同じなのでその時期予約難しくなります。
Commented by shackinbaby at 2016-12-18 09:41
>momoさん
僕らは季節をあまり考えずに空いている日で予約してしまいましたが、そのロケーションに合った時期で予約すると一段と・・・なんですよね。
こういう日本旅館では、季節の景色。風情もご馳走でしょうし。
でもおっしゃられるように、そういう時は予約はとりにくいし、ま、だんだん僕らも旅館に関しても勉強して、上手に泊まれるようになっていくと思います。
Commented by kitakitune at 2016-12-19 21:38 x
温泉いいですね。日露首脳会談も温泉でした。長門湯元温泉、大谷山荘行ってみたいです。
11月にヒルトンニセコビレッジは大浴場があり温泉ですが、露天風呂が工事中で残念でした。露天風呂の隣にある池にいる黒い鯉がたくさんいて、風呂に入りながら見えて、凄いです。
Commented by shackinbaby at 2016-12-20 08:45
>kitakituneさん
ニセコビレッジはまだ行けてないんですよ。
アクセスの点で新千歳から結構かかるよね・・・とか考え、ヒルトンなのに後回しになってしまっています。
やはり僕らは行くとしたら夏かな・・・、何か北海道の美食と合わせて。
Commented by kitakitune at 2016-12-20 10:46 x
北海道、いくら丼もおいしいですよ。
羊蹄山も綺麗です。
でも、確かに千歳から遠いですよね。ヒルトンのシャトルバスで2時間半。
ヒルトンニセコビレッジの寿司の食べ放題(60分3,500円)は、私も食べたことはないですが、やっているようです。
札幌で一番有名な「すし善」は、銀座にもあるようですが、私も機会があれば銀座で食べてみたいです。
Commented by shackinbaby at 2016-12-20 18:34
>kitakituneさん
「すし善」は円山公園のところの店に行ったことがありますが、これが最高級なのかぁ・・・という印象で、あまり特別感を感じませんでした。
今は撤退してしまいましたが「すし善」は銀座に店を出す前にはコンラッド東京のすぐそばに店があったんですよ。
Commented by kitakitune at 2016-12-20 19:25 x
そうですね。私も円山の本店もいきましたが、感動しなっかのは、確かです。「すし善」だったら、すすきのの方がおいしいかなと、思います。
あと、高級店ではないですが、石狩市の厚田地区にある、「かねとも寿司」、凄い行列です。近くに上手い豆腐屋もあるようです。
私の勤務先のある小樽市は、「おたる政寿司」も地域一番店で、銀座と新宿に系列があるようですが、感動しないかな。
実家のある釧路は、「八千代寿司」が有名ですが、またまた、感動しないかな。釧路のそば屋、昭和天皇がきた「東屋」というそば屋に、そば寿司(軍艦のなかに蕎麦だけシャリなし)というのがあってちょっと変わっているけど、変わってるだけ。
私が今まで北海道で食べて美味しかったのは、網走の、「すし安」という老舗です。寿司のなかで、きんきと、(鱈の)白子が美味しくて、私は感動しました。
江戸前の寿司は、手間を加えてますが、北海道の寿司は、素材鮮度で勝負しているところがあるような気がします。
「すし善」、コンラッドのそばにあったのは、知りませんでした。
Commented by nagi at 2016-12-21 00:59 x
確かに北海道は素材勝負、東京の寿司は素材+手間勝負な感じはします。
近年輸送の発達で関東でも北海道に劣らない素材を扱えるようになって素材のビハインドは関東の寿司屋に無いような気がします。

逆にたこまんま(タコの卵)のような地元でしか食べられないような物にワタクシは惹かれますね。
もしくは寿司じゃないですが釧路の炉端焼き発祥の「炉ばた」のおばーちゃんが焼いたキンキは極上でした。
一匹5000円もしましたがw
Commented by kitakitune at 2016-12-21 07:49 x
>nagiさん
そうですね。活魚で配送できる等、流通の技術は凄いですね。
地元素材は、地元の酒や他の料理と、引き立てあって、いいですね。あと、気候だったり、おもむきだったり、色々、響きあってるよな気がします。
確かに「炉ばた」は、高いけど、おいしいですね。きんきは、本当にうまいです。鍋でも、煮付けも、干して焼くのもいいですが、家がかつて漁業関係だったせいか、地元料理ですが「きんきの湯煮」が最高です。
おばーちゃんも名脇役で、おいしさに一役かってるんでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2016-12-21 11:05
>nagiさん
おっしゃられること、よく分かります。
でも北海道で寿司を食べると、高級店でも回転寿司でも、何かちょっと美味しく感じちゃうことが多いんですよね。
思い込みかなぁ・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-12-21 11:05
>kitakituneさん
釧路の店、思わずググっちゃいました。
炉端焼き発祥の店なんですね、ここ。
あるサイトには、宮城で発祥し(野菜焼きがメイン)、宮城「炉ばた」の弟子が釧路で同名で開業。
釧路炉ばたでは港の魚介類も焼くようになり、魚介も焼く形態を踏襲したものが全国的に広まり発展させたとありました。
建物も年季の入った文化財級のものらしいですね。
Commented by kitakitune at 2016-12-21 12:49 x
釧路で炉端と名の付く居酒屋は何軒もありますが、「炉ばた」という名の店が、本物というか、御所望のところなので、注意が必要です。
北海道は、回転寿司が激戦です。もともと北見の会社の「トリトン」が、最近、スカイツリーと池袋に出店しています。
北海道主要都市にありますが、根室発祥の「花まる」、釧路発祥の「なごやか亭」、釧路発祥の「まつりや」等回転寿司が、色々あります。その影で、北海道で一番大きな寿司屋の「東寿し」が倒産したり、回転寿司の「とっぴー」も倒産しました。
最近、釧路ラーメン、ザンギ(ニンニク醤油につけこんだ鳥肉の唐揚げ)、スパカツ(ミートソーススパゲッティにカツがのっている)といった、B級グルメも有名です。
全く違う話題ですが、「ブルガリ」食中毒は、私の最近のグルメねたでは、一番悲しいです。行ったことないけど(笑)
Commented by shackinbaby at 2016-12-21 18:39
>kitakituneさん
詳しく有難うございます。
釧路もいろいろ美味しそうなものがありそうですが、僕は過去1度しか行ったことはなく、今頃の寒い寒い映像を見ると、僕は夏以外駄目そうです(ブルブル)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「プライオリティ・パス」選出の... ヒルトンのライフタイム・ダイアモンド >>