オークラ・プレステージ・サイゴン(仮称)、2020年に
「ホテルオークラ」の海外進出、特にアジアへの進出には目覚ましいものがありますが、2017年にはトルコに「オークラ・スパ&リゾート・カッパドキア」を、2019年に「ホテル・オークラ・マニラ・ベイショア」をフィリピンのマニラに、そしてカンボジアのプノンペンには「オークラ・プレステージ・プノンペン」をオープンさせる予定なことはここですでにお知らせしましたが、今度はベトナムのホーチミンシティだそうです。
タンソンニャット国際空港からわずか約6㎞のところに建築予定という地下6階、地上40階建ての複合ビル「サトラ・タックス・プラザ」に入居する「オークラ・プレステージ・サイゴン」(仮称)がそれで、総客室数は約250室、客室の広さは約50㎡と・・・。
f0036857_2349765.jpg

日本料理のレストランやオールデイ・ダイニングなどのF&B、バンケット、会議室、スパ、フィットネス、屋外プールなども設けるとのことです。
なおホーチミン市都市鉄道(地下鉄)1号線の駅と直結する予定だそう。。
「ホテルオークラ」はこれでベトナムに3軒目(ホテルニッコーサイゴン、ホテルニッコーハノイ)のホテルを持つことになります。
by shackinbaby | 2016-12-17 00:15 | ホテル | Comments(2)
Commented by muchikopapa at 2016-12-17 07:56 x
トルコ航空の関空便が無くなります。成田便のみで、テロによる観光客の減少によるものです。カッパドキアに大きなホテル、大丈夫かなと思います。ただでさえ、日本人なら洞窟ホテルを希望すると思うんですが。
私事では、来年のゴールデンウィークに、イスタンブールとクロアチアを計画していますが、東京での後泊が必要で、不便になります。
Commented by shackinbaby at 2016-12-17 12:24
>muchikopapaさん
このホテル建設の話が出来たときには、トルコ観光は好調で、ANAもイスタンブール線が噂になっていた頃ですから、時の移り変わりは早く、恐ろしいですね。
イスタンブールは街としては最高です。
歩きやすいし、名所はいたるところにあるし、人は一部のずる賢い商人を除くと一般に親切だし、とにかく親日的だし、食事も悪くないです。
クロアチアも素晴らしそうだし、きっと最高のご旅行になるのでは?
名前
URL
削除用パスワード


<< 今年最後の「ヒルトン東京お台場」 シーズンですね・・・ >>