沖縄土産
もう最近は旅に出てもお土産なんて買い込むことはなくなりましたが、それでもその土地ならではのものに出会ったりすると、ついつい財布のひもを緩めてしまいがちになります。
今回の沖縄で唯一買ったのはこの「夢感動ファーム」という何とも胡散臭い名前の(失礼!)会社のシークヮーサー生姜茶というものと、このジャム。
沖縄はるさージャム・かーぶちーと、シークヮーサーの果汁ジャム・十二月収穫果実使用完熟絞り(クガニ)という2種類です。
(クガニとは沖縄の言葉で黄金の意味)

     http://okitoku.co.jp/product/

f0036857_15282253.jpg

大宜味村のシークヮーサーに力を入れている会社のジャムで、何となく「十二月収穫果実使用完熟絞り」という形容詞に惹かれて・・・。
シークヮーサーの味が濃いのにまろやかでジャムとして美味しく食べていますが、本当のことをいうと他の普通のシークヮーサー・ジャムとの差はよく分かりませんでした(ごめんなさい)。
かーぶちーはシークヮーサーやオートー、タロガヨなどと同じ沖縄原産の在来種で、沖縄では有名な柑橘類。
「かー」は沖縄の方言で「皮」のこと、「ぶちー」は「厚い」という意味だそう。
味は酸味が弱く、ごつごつした見た目からは想像しにくい爽やかな甘味をもっている・・・とのことで買ってみましたが、う~~ん、ジャムとしては弱いかな・・・。
甘さに深みがあり、さわやかな甘さではあるんですが、ちょっとマイルド過ぎるかもしれません。
奥さんに「また、こんなの買ってきてぇ」と文句を言われながらも、沖縄の話をネタにしたティータイムは美味しく楽しかったですね(僕だけ?)。
by shackinbaby | 2016-12-18 00:09 | グルメ | Comments(4)
Commented by momo at 2016-12-18 08:18 x
>奥さんに「また、こんなの買ってきてぇ」と文句を言われながらも、沖縄の話をネタにしたティータイムは美味しく楽しかったですね(僕だけ?)。
独り身の私には羨ましいです!
久しぶりの完全休日なのでハンティング仲間から頂いた雉を使ってフォンドヴォー作ります。
出来上がったフォンドヴォー+雉のミンチのクネルでスープ。
胸肉のソテーも・・・。
出来上がっても一人寂しくいただきます(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-12-18 09:40
>momoさん
うぅ、作られるものも本格的ですねぇ。
momoさんらしい・・・。
クネルは手で丸めたりしないで、スプーンでラグビーボール方に成形するのが本当のフレンチよ・・・などと昔うちの奥さんは、料理教室の知識をひけらかしていましたっけ。
Commented by momo at 2016-12-18 19:44 x
全然本格的ではないですよ。
横文字使うとそう見えるだけです(笑)。
フォンドヴォーは量が多く出来ましたのでキューブ状に凍らせて料理で使います。
スプーンでラグビーボール方に成形するやり方のほうが手でやるよりも簡単で綺麗にできます。
奥様の知識は正解です(笑)。

料理に詳しいmomoガールから正しくはフォンドヴォーではなく雉なのでフォンドジビエの中のフォンドフェザンだと指摘を受けちゃいました。
Commented by shackinbaby at 2016-12-18 22:08
>momoさん
いやいや、なかなかなものですよ、momoさん
お友達からの突込みが即入るのも、素晴らしい・・・。
フォンドフェザン、なるほど。
鴨ならフォンドカナール、鹿ならフォンドジュヴルイユですか。
名前
URL
削除用パスワード


<< 羽田空港で食べたもの たまには温泉~別邸仙寿庵 (2) >>