街は早くもクリスマス一色@シンガポール (20) OCBCスカイウェイ
毎日いろいろな旅行記を並行してアップしているので、シンガポール編が遅くなって申し訳ありません。
シンガポール最終日、「グランドハイアット・シンガポール」を午後4時過ぎにチェックアウトした後、ニュータイプの植物園「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」に来ています。
「フラワードーム」、「クラウドフォレスト」と屋内の植物園&アトラクションを楽しんだ後は、屋外のエリアに・・・。
気温はこの時28℃、シンガポールといえども冬なので湿気も低めで、外歩きも汗をかくこともなく快適そのものでした。
f0036857_12323917.jpg

位置的にはベイ・サウス・ガーデンのセンター・エリアへ・・・。
ここには高さ25~50mもある人工の木「スーパーツリー」が林立しています。
f0036857_12325713.jpg

何とも印象的にフォルムですよね。
2つの25m級のスーパーツリーの間には、空中回廊と呼びたいような散策路「OCBCスカイウェイ」が通っていて、歩いて渡ることができ、地上22メートルから「ガーデン・バイ・ザ・バイ」と周囲のシンガポール市街を見下ろすことが出来ます。
これがその入口。
f0036857_1233131.jpg

入場料は大人一人8シンガポールドルで、「フラワードーム」や「クラウドフォレスト」との共通入場券はないようです。
上に上がると・・・
f0036857_12333173.jpg

わぁ、こんな感じ。
f0036857_12335053.jpg

散策路は全長128mで、ここからガーデン全体を見下ろすと、ガラスのボウルを伏せたような形の2つのドームがいかに巨大かがよく解ります。
f0036857_1234761.jpg

もちろんマリーナベイサンズやシンガポールフライーなど周囲の景色も、またここから見ると新鮮です。
f0036857_12342570.jpg
f0036857_123549.jpg

一番高い50mのツリーの頂上部には、レストラン「スーパーツリー・ダイニング」が・・・。
f0036857_12351945.jpg

シンガポールの日没は1年中午後7時頃。
午後6時半ごろでしたか、スーパーツリーに電飾が入り始めます。
f0036857_12353443.jpg
f0036857_12355153.jpg

夕闇が迫る中、紫~ピンクのライティングが上品な美しさを醸し出してくれます。
f0036857_12361759.jpg
f0036857_12363382.jpg

僕の一番好きな時間帯。
同じような写真ばかりですみませんが、皆さんにこの移り変わって行く景色をお届けしたいので、ついたくさん・・・。
f0036857_12365449.jpg

スコールにでも降られたらこの景色は台無しだし、そういう意味では前日の「「1-Altitude」といい、今回は天気には恵まれました。
f0036857_12371382.jpg
f0036857_12373070.jpg

日が落ちると、温度も下がってきて、風が吹くと少し涼しいとすら感じるようにもなります。
f0036857_12374777.jpg

このままもう少しここにいられれば、午後7時45分からと午後8時45分から「ガーデンラプソディー」と呼ばれる光ると音のショーがここでも始まるのですが、僕が空港に行かなければならない時間が迫ってきています。
f0036857_1238342.jpg

僕の乗るJAL36便羽田空港行きは午後10時25分の出発予定。
f0036857_12382176.jpg

逆算すると、午後7時半にはここを出てホテルに寄り荷物をピックして、チャンギ空港に向かわなくてはです。
タクシーの捕まり具合や、市内を抜けるので、夕方の渋滞も考えなければ・・・。
f0036857_12384161.jpg

ということで泣く泣く「ガーデンラプソディー」開始の前に「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」を後に。
f0036857_123973.jpg

あぁ、あと15分あれば、さわりだけでも見られたのに、です。
こんなショーのよう、you tubeから。



この時期、これのクリスマス・ヴァージョンだったようです。
by shackinbaby | 2016-12-19 00:11 | 旅行 | Comments(2)
Commented by たにとも at 2016-12-19 12:46 x
私がこのスカイウェイを歩いたのは昼間でした。
アナザースカイで猪子寿之さんが夜に訪れていたのを見て
あの巨木オブジェに明かりが点いて綺麗な夜に再訪したいな。って思いました。
Commented by shackinbaby at 2016-12-20 07:56
>たにともさん
僕はもともと夕暮れという時間が好きなので特別でしょうが、真っ暗な中の豪奢なライティングより、だんだんと暮れゆく空との対比の(街)灯りが堪らないんです。
そぅいう意味で夜になってからの光のショーは見られませんでしたが、僕はこの時間のここには十分満足しました。
たにともさんもぜひお時間を変えてもう一度行かれてみてください。

名前
URL
削除用パスワード


<< 今日はご馳走(笑) 「プライオリティ・パス」選出の... >>