数分で予約完了@年末年始の上海 (1) JAL879便で上海へ
shojiさんの人気ブログ「マイレージライフ」で「恒例の年末のジタバタ」という記事を読んだのが12月20日頃。
その記事は、JALの年末年始の特典航空券はまだ空いているところがありますよぉという内容。

     http://anaflyer.blog63.fc2.com/blog-entry-2179.html

f0036857_12447.jpg

年末年始の予定をいまだ決めかねていた僕は、その記事にびっくり。
そんなはずは・・・とあわててJALの当該ページを見てみると、本当だ、近距離アジア線がエコノミーではキャンセル待ちがほとんどなものの、ビジネスクラスとなる結構空いている便もあって、クリック一つで即予約可能だったのです。
f0036857_1241552.jpg

僕には今回特別に行きたいというところはなく、どこか海外に出られればそれだけで充分。
f0036857_1242980.jpg

自分に都合の良い日付で更に詳しく検索してみると、行き先はかなり限られてきますが、便数の多い中国線、特に上海線などは、どの日、どの便でも大体空きがありそうです。
上海かぁ、悪くないかも。
f0036857_1244128.jpg

そこで奥さんを「上海がさ、特典航空券がすぐ取れるんだよ。行ってみようよ。」と誘ってみたのですが、奥さんは「あの国はねぇ、私はちょっと。」と拒否。
そして「1人で行ってくれば良いじゃない、だってすぐ帰ってくるんでしょ。」と彼女は僕の旅行スタイルを良く知っています。
f0036857_1245429.jpg

そんなやりとりの後、shojiさんの記事を見てから10分もたたないうちに、東京・上海のビジネスクラス特典航空券1人分を48000マイルと諸税・経費合計で4750円(2090円+520円+1540円+600円)で即刻GET。
もちろん燃油サーチャージは今は無料です。
f0036857_125828.jpg

ホテルの方は大晦日は入っているものの、中国なので簡単に取れるだろうと、その時はフライトを決めただけ。
でも実際には正月は旧正月で祝う中国も、大晦日だけ別でした。
これはまた後で書きますが、ちょっと失敗。
やはり直前のホテル予約には無理がありました。
f0036857_1251837.jpg

ということで大晦日を挟んで上海に一人で(特典)旅行してきた記録を以下に・・・。
f0036857_1253087.jpg

旅程は
     往路 JAL JL879便 成田・上海(浦東) 19:05/21:50 ビジネスクラス
     復路 JAL JL086便 上海(浦東)・羽田 18:25/22:15 ビジネスクラス
というもの。
f0036857_1254580.jpg

そうそうこれを有償で乗ると料金は157000円+くらいなはず、僕はこの路線を有償で乗っても2016年度のJMBマイルは100000マイルには届かないので、前年同様JGPで終了です。
なのでここはマイルの付かない特典航空券でもOKだったのです。
f0036857_1255847.jpg

出国ラッシュは過ぎていたとはいえ、まだまだこの日の成田空港はかなりな混雑。
ラウンジはホノルル線に搭乗予定らしい家族連れの多いこと・・・。
マッサージ、靴磨きはOK、新刊本サービスは月末とあってか在庫なしとのことでした。
f0036857_1261226.jpg

僕の乗るJAL879便は、JAL国際線の中でも一番古いタイプの767-300ER機材。
ビジネスクラスは2-2-2の5列で、計30席あるはずです。
f0036857_18175529.jpg

搭乗数日前にJALのウェブから席の状態を見てみると、かなり空いていて、特に中央の2席、DとGはほとんど空席だったと思うのですが・・・
f0036857_21305850.gif

チェックイン時、グランドホステスに聞いてみると「本日は満席を頂戴いたしております」と。
あれっと思いましたが、実際乗ってみると、本当に満席。
f0036857_126415.jpg

2日間くらいでこんなに席って埋まるもの?
日本人客はビジネス、エコノミー共にかなり少なく、ほとんどが中国の人、それに1割くらい西洋系の顔立ちの人も・・・。
中国東方航空と中国南方航空とのコードシェア便で、中国語アナウンスは中国人男性FAが担当していました。
f0036857_1265382.jpg

この古い機材はビジネスクラスといえども満席となるとかなり窮屈です。
チーフの判断なのでしょうが、機内は到着まで完全には明るくせず、ずっと暗めの機内。
f0036857_127752.jpg

機内食の時もこの程度の照明でした。
和食か洋食かの選択で、僕は和食の方を・・・。
あっ、ご飯はまだ懐かしの俵ご飯なんですね。
f0036857_1272145.jpg

松花堂弁当の中身は、長芋明太子・マヨネーズ掛け、蟹と蓮根のすりながし寄せ・辛子べっこう餡、鰊甘露煮と白菜煮浸し、帆立・黄身揚げと山椒風味、みつせ鶏つくね焼き、香の物が・・・。
f0036857_1273681.jpg

台の物は鱈味噌幽庵焼きと豚味噌餡掛け。
それに味噌汁が付き、デザートはハーゲンダッツのアイスクリームという内容でした。
なお洋食の方のメインはハンバーグだったよう。
JALは中国線、いつまでこのシート、この機内食で行くんでしょう。
(東京・上海浦東線でも羽田発着はスカイスイートIIの767になっていますが)
f0036857_1275053.jpg

食後はシートを倒して少し横になっていると、上海はすぐそこです。
日本と中国の時差は1時間。
以下、中国時間で書きますが、午後9時36分着陸、タキシングが長く、ゲート到着は同50分。
しかも到着ゲートがターミナルの一番端だったので、イミグレーションまで歩くこと歩くこと(ムービング・ウォークはありますが)。
外国人用のイミグレーションは激混みで通過に20分弱、受託荷物を受け取るところにあるこうした両替所は1回の両替につき50~60元の手数料がかかるんですよね。
ATMを見つけて両替えした方が良さそうですが、市内までのタクシ代・バス代を持っている人は、手数料なしのホテルまで我慢するのがBESTかも。
今回の僕のホテルでの両替は1元=17.3円でした。
このところまた円が安いですねぇ。
f0036857_128420.jpg

イミグレが20分もかかったら、今度はタクシー待ちでも同じくらい・・・(泣)。
この行列を見てください、混んでいましたよぉ。
f0036857_1281837.jpg

これが料金の目安。
夜間というのは午後11時からのようです。
f0036857_1283297.jpg

タクシーの初乗り料金は14元~、16元~、20元~とタクシーによって違うようですが、日本に比して値段は安めで、意外に使いやすかったです。
外国人と見るや時々お釣りをくれない運転手もいますが、レシートをくださいと言うと、レシートと共に、しっかりお釣りが帰ってきます。
ただ言葉は100%中国語しか分かってもらえないので、行きたい場所を必ず中国語で紙に書いて、運転手に見せることが必要です。
住所さえわかれば、かなりな確率でどんぴしゃの場所に連れて行ってくれます。
ただ大晦日の日だけは別。
交通規制も厳しいし、運転手はこの日ばかりメーターを使わずぼりまくります。
配車アプリもこの時はあまり役に立たなかったようです。
で、結局午後10時45分にタクシーで市内へ・・・。
時間かかるなぁ、香港ならもうホテルに入れるかもなんて時間です。
by shackinbaby | 2017-01-03 00:00 | 旅行 | Comments(6)
Commented by shoji at 2017-01-03 08:20 x
名前出していただきました〜 m(__)m
特典が取れて良かったですね。
今年は特に特典は空席がたくさんでした。330日前に埋まるビジネスクラスのはずが、枠を開放したのかルール変更の影響なのかはわかりませんが、エコノミークラスは苦しいけどビジネスクラスは空席がたくさんという感じでした。
特典に関してはANAとは考え方が違うようなので、直前組にはJALはありがたいです。もっとも330日前から手ぐすね引いて待っている人も多いのはANAもJALも同じですが、ANAほどは世知辛くないのでJALを離れられない理由の一つになっています。ANAだとWaitingになると絶望的でもありますしね。
私は例年年末のジタバタで上海〜香港〜バンコクだなんていうルートで直前に発券したりしますが、上海路線はビジネス路線ということと年末年始には不人気なデスティネーションなのででだいたいは特典がとれます。上海や香港などのハブまで行ければ後はなんとか繋いでバンコクへと言うパターンが多かったです。

タクシーの行列のすごいこと。コンビニの位置で長さのほどがわかりますが、このレベル感での行列は見たことがないです。
それと私はほとんどエコノミークラスですが、この路線の8割近くが中国人という感じがします。
Commented by momo at 2017-01-03 09:12 x
既にお仕事なさっているようですがお疲れ様です。
私もなんだかんだで呼び出されて職場と自宅を行ったり来たりです。

亡くなった曾祖母の青春時代の上海の話を思い出しました。
長崎に住んでいた曾祖母にとって上海は東京や関西よりも身近で馴染み深かったそうです。
長崎~上海は客船で一晩寝てるうちに着いて「下駄はいて、ちょっとそこまで」の感覚だったとか。
女学校の修学旅行も上海で子供の頃から何度も行き来していたそうです。
当時の上海は欧米の租界があってまるで「おとぎの世界」に見えたそうです。
高齢になってもオシャレで「バタ臭かった」のもそんな経験がバックグラウンドにあったのだと思います。
懐かしそうにその思い出を話してくれた曾祖母のことを懐かしく思い出しました。

Commented at 2017-01-03 09:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-03 18:09
>shojiさん
明けましておめでとうござす。
本年もまたどうぞよろしくお願いいたします。
勝手にお名前を使わせていただきました、すみません。
でもあの記事を読まなかったら、その10分後はなく、正月は家でダラダラしていたかもしれません。
旅行に行くことで、短い正月休みを有意意義に過ごせ、本当に感謝しています。
特典航空券のJALとANAの考え方の違いなども参考になりました。
Commented by shackinbaby at 2017-01-03 18:09
>momoさん
はい、今年は元旦まで休んで、昨日から仕事場に出ていますが、実際にはあまり仕事はなく、ただ僕がそこに座ってれば・・・程度なんです。
「上海は東京や関西よりも身近で馴染み深かったそうです」はなるほど・・・。
上海って本当にずっとインターナショナルな街だったんですね。
Commented by shackinbaby at 2017-01-03 18:10
>momoさん
わぁ、そうでしたか。
眼のところにマスキングしようかと思ったのですが・・・。
本当にこのままで良いでしょうかね。
やっぱり、マスキングしておきましょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 数分で予約完了@年末年始の上海... 初日の出と蟹@上海 >>