数分で予約完了@年末年始の上海 (4) 上海最高層のアルフレスコ・バー「フレア」
時間は午後11時半、天気はまずまずだし、寒さもそれほどではなさそう。
これは寝てしまうには惜しい、上海の夜を楽しまなくちゃぁと、「ダブルツリーbyヒルトン上海浦東」の客室を一回り見て回りながら、この後をどうするか考えます。
宿泊する「ダブルツリーbyヒルトン上海浦東」はスイートにアップグレードされたものの低層階。
やはり高いところ好きの僕は高層からの上海の景色はぜひ見ておきたい・・・。
そこで上海、出来ればこの近く、高層、景色が良い、この時間でもやっている(つまり深夜営業)・・・この辺りを自分の記憶とPCでチェック、同じ浦東にある「リッツカールトン上海浦東」(上海浦東麗思卡爾頓酒店)のルーフトップバー「フレア・ルーフトップ・レストラン&バー」(Flair Rooftop Restaurant & Bar)に行ってみることにしました。
あそこならこの条件をすべて満たしている・・・。
f0036857_1127238.jpg

「リッツカールトン上海浦東」があるのは陸家嘴エリアにそびえる超高層ビルの「IFC」(上海国金中心)内。
レジデンスやオフィス、ハイエンド・ブランドの巣窟のようなショッピングモールを備えた複合ビルの高層階に位置しています。
f0036857_11283680.jpg

まずはエレベーターでレセプションのある52階に・・・。
上品で質感のあるスペースが広がっています。
レセプション脇には「オーラ・ラウンジ&ジャズ・バー」(Aura Lounge & Jazz Bar)というラウンジがあり・・・
f0036857_11285190.jpg

その右側の細い通路の先が58階にある「フレア」へのエレベーターです。
f0036857_1129513.jpg

58階でエレベーターが開くと、そこがレセプション。
オープンは午後5時半から午前2時まで、土日はアフタヌーンティーなどをやっているようで午後2時から午後4時半までもやっているそうです。
レセプショニストはここが中国ということを忘れるかのような笑顔、ネイティブに近い英語、そしてホスピタリティ。
f0036857_11322189.jpg

席はインドアがレセプションの両側に100席(階段を上がって行く2階席もあります)、アウトドアにはこの時期寒いので椅子は置かれていませんが、気候が許せば132席と・・・。
f0036857_11325075.jpg

もちろん取りあえずは温かいインドアの席に案内されます。
f0036857_113321.jpg

もう日付が変わる頃というのに、店内はほぼ満席。
西洋系の顔立ちの人たちもいましたが、ほとんどは若い中国人たち。
メニューを開いてみて、例えばドリンクなどの値段を見てみるだけで、ここに集う中国の若人のリッチっぷりが分かろうというものです。
その位すべてが高価です、ここ。
f0036857_11323688.jpg

席にはいろいろなタイプがあって、バー・カウンター、窓際の外が見えるカウンター、ソファ席・・・。
f0036857_11333216.jpg

バーも2か所あり、これはレセプションの左側の方。
f0036857_11335980.jpg

ここからアウトドア・テラスに出られます。
f0036857_11341181.jpg

おぉ、これが上海で一番高いアルフレスコ(alfresco)バーからの眺め。
f0036857_1134252.jpg

有名な外灘が一望の下です。
空気がまずまず澄んでいて良かった、対岸の歴史的建造物もかなり良く見えます。
f0036857_1134417.jpg

ただ残念だったのは、この時間もう「東方明珠電視塔」のピンクのライトアップが終わっていたことです。
スタッフに聞いたところ、午後10時半頃にはライトアップは終わってしまうんだとか・・・。
これはちょっと想定外。
f0036857_1134542.jpg

もちろん寒いことには寒いので、この景色をしっかり目に焼き付けてから、またインドア席へ。
f0036857_1135780.jpg

席が空いたので、今度はこの景色のソファへ移ります。
f0036857_11351964.jpg

これは僕が注文したチャークイッティオ。
ここの料理のメインはアジア料理で(中華はなし)、僕の隣の中国人カップルなどは巻き寿司を食べてました。
f0036857_11353488.jpg

128元++もするだけでもあって、これは美味しかったですよ。
チリもしっかり効いていて、さすがリッツカールトン、シェフはシンガポール人?なんて思っちゃうほどでした。
僕のドリンクはモクテルですが、大体100元台++。
ここでシャンパンのボトルを開けている隣の若いカップルなんて、どれだけリッチなんでしょう。
そして午前1時半、日本時間では午前2時半、宿泊の「ダブルツリーbyヒルトン上海浦東」に帰還。
タクシーはこの時間でも捕まり、もちろん夜間料金でしたが、明朗会計でした。
by shackinbaby | 2017-01-05 00:03 | 旅行 | Comments(2)
Commented by 越後屋 at 2017-01-05 08:03 x
綺麗なビューです。(灯りが少ないことを差し引いても)
展望台のある高層ビルは入場料を取りますから、まあしょうがない料金なのかもしれませんね。

年末に行った日本のホテルのバーで、メニューを見ずにカクテル(ウォッカベース)を頼んだら、1杯4,000円くらいでした。
あまりに高くて目が飛び出るかと思いました。(ワインやシャンパンじゃないんだから・・・)

只、クラブラウンジのように高い酒をガバガバ飲む客がいないので雰囲気はいいです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-05 10:22
>越後屋さん
これで東方明珠電視塔のピンクのライトアップがあると、またかなり印象が違うものになると思うんですが・・・。
前回は対岸からこちらの高層ビル群を見たので、今回はその反対を・・・と思っての選択です。
空気は比較的清んでいる日で良かった、上海もPM2.5のひどい日も多いですから・・・。
それからモクテルの値段ですけど、モクテルでこれですから、本当に高いものは(僕の眼には)超高価に見えちゃいました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「エクスペディア・ジャパン」の... JACDECの「航空会社安全性... >>