数分で予約完了@年末年始の上海 (9) ランチは「人和館」で
「思南公館」、「田子坊」と上海を楽しんだ後は、ランチする場所をiPadで探します。
出来れば近く、料理の種類としてはやはり上海料理かな、で、1人でもOKな店・・・。
探してみると、出てきました。
「田子坊」の最寄駅から地下鉄の9号線で1駅、「嘉善路」駅から徒歩3分、大きな通り沿いにある「人和館」という上海レストラン。
しかもメニューに日本語と英語の併記もあるというのです。
何とも僕の希望にぴったりの店が見つかったもの。
後は人気店というだけに、待ち時間がどのくらいかということだけ・・・。
f0036857_19525330.jpg

店はすぐに分かりました。
看板にShanghai cuisineとあるくらいですから、外国人の利用も想定しているんでしょう。
聞くところによると元々はかなりな老舗、今の店はそのリニューアルと・・・。
f0036857_1953861.jpg

店は奥までいくつもの部屋に分かれ、かなり広いですが、ランチ時とあって、入り口前にはかなりな人が待っています。
ここのシステムは日本の銀行などと同じで、まずは店員に人数を言って受付をしてもらい、番号札をもらいます。
後は電光掲示板にその番号が表示されるまで、メニューなどを見ながら待ちます。
待ち順は少人数と、大人数では違いますので、そこはご注意を。
店内はレトロな上海も感じさせるもの。
f0036857_19532786.jpg

店員はもちろん中国語オンリーですが、ま、何とかなります。
サービス陣は良く動き、良く働いています。
これが基本セッティング。
f0036857_19534316.jpg

どういう訳か、最初からオレンジを切ったものが出てきます。
デザートということ?
これも中国では普通ですが、お手拭(割としっかりしたもの)も2元取られます。
龙井茶(龍井茶)は16元。
前菜にはこの店にたくさん揃っている上海前菜の2種盛り(どれも20元)から「四喜烤麩&南京百合」という上海では超オーソドックスな前菜を・・・。
f0036857_19535989.jpg

麩を揚げてそれを甘辛い醤油味で煮こんだもので、まさにご飯のお供的小皿。
かぼちゃと百合根の方は想像できる味でした。
ここはこういう一人でも食べられる料理が多くて嬉しい、1人の食事にはピッタリですね。
そうそう、本当はこの店の名物という豚のばら肉を酒や醤油で煮込んだ紅焼肉をぜひ食べたかったのですが、「今は無い」とのこと。
売り切れてしまったのか、夕食時だけの提供なのかは、分かりませんでした。
通常は数人分出てくる紅焼肉がここでは何と1人前から(18元)OKなんだそう。
食べたかったなぁ・・・、残念。
f0036857_19541918.jpg

メインは帆立にして、これは2個で30元。
チリと大蒜で味付られていて、言い過ぎかもしれませんが想像通りの味かなぁ、それと帆立が値段相応で、もう少し上質なものだったら・・・。
f0036857_19543760.jpg

予想以上だったのは菜飯(22元)という野菜(油菜、セロリ・・・?)の石鍋炊き込みご飯。
油でてかてか光って出てきますが、思ったほど油は感じず、鶏油とわずかな塩味が実に良く、どんどん食が進んでしまいます。
f0036857_19545332.jpg

大皿料理の多い上海料理の中で、僕のようなお一人様には、ここはお奨めと言えるかもしれませんね。
食後、ホテルに戻りチェックアウトの準備。
次のホテルに移ります。
by shackinbaby | 2017-01-08 12:00 | 旅行 | Comments(4)
Commented by HK at 2017-01-09 09:46 x
先入観から中国での食事に抵抗があるのでグルメ旅行記は参考になります。
でも、たぶん飛び込みで食べるところまでは克服できないかも。
Commented by shackinbaby at 2017-01-09 19:32
>HKさん
上海の繁華街にあるような地元の有名店なら、まずどこでもある程度は大丈夫なんじゃないでしょうか。
あるいはホテル内のレストラン・・・。
Commented by 越後屋 at 2017-01-09 22:29 x
いいレストランに当たってよかっです。
これも借金君の日頃のおこないのおかげですね。

しかしながら、本当にレストラン選びは難しい。
11月に山形の温泉に行った時、お勧めのラーメン屋(×上海×湯本店という店)を聞いて、無性に食べたくなってので日帰りで行ってきたのですが・・・

おいしいことはおいしいのですが、1時間待ちの割には平凡な感じでした。
山形の鉄板土産のシベールのラスクを買って、清川屋を物色してスゴスゴと帰りました。
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 13:14
>越後屋さん
たまたまですよ、たまたま。
特に中国は僕が理解可能な言語(日本語、英語)で書かれたグルメ情報はそう多くなく、例えばタイやシンガポールで店を探すのとはだいぶ違います。
山形のラーメンて、もしかして赤湯温泉の?
僕もあそこならそれほどでも・・・って印象です。
清川屋は便利ですよね、お土産が何でもそろいます。
あそこのミ・キュイをお土産にしたことがあります。
名前
URL
削除用パスワード


<< 新春マニア・ミーティング? 数分で予約完了@年末年始の上海... >>