数分で予約完了@年末年始の上海 (10) パークハイアット上海へ
「ダブルツリーbyヒルトン上海浦東」を午後2時過ぎにチェックアウト。
低層階ながらせっかくスイートにしてもらえたのに(でも読者の方からこのホテルはヒルトンHオナーズのゴールド以上ならたいていスイートとお教えいただきました)、滞在時間は短いは、そのほとんどが外出しているはで、あまりそのスイートの良さを満喫は出来なかった気はしましたが・・・。
しかしたった624元+からのアップグレードですから嬉しくないはずはありません。
感謝<「ダブルツリーbyヒルトン上海浦東」。
で、僕の上海2泊目の宿泊は同じ浦東・陸家嘴地区にある「パークハイアット上海」です。
f0036857_4434870.jpg

(こんな超高層ビル群の中にあり、「パークハイアット上海」も「上海上海環球金融中心」(Shanghai World Financial Center)という超高層ビルの79階~93階という世界でも一番高層に位置するホテルとなっています。見上げるだけで首が痛いほど)
f0036857_4445412.jpg

(参考までに、少し古いかもしれませんが、世界の最高層ホテルというと
     492m  「パークハイアット上海」(中国・上海)
     490m  「ザ・リッツ・カールトン香港」(中国・香港)
     442m  「ザ・セントレジス深圳」(中国・深圳)
     438m  「フォーシーズンズ広州」(中国・広州)
     420m  「グランドハイアット上海」(中国・上海)
     355m  「JWマリオット・マルキス・ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ)
     328m  「バイヨーク・スカイ・ホテル」(タイ・バンコク)
     322m  「ブルジュ・アル・アラブ」(アラブ首長国連邦・ドバイ)
     300m  「エミレーツ・タワーズ・ホテル」(アラブ首長国連邦・ドバイ)
     261m  「グランド・リスボア・マカオ」(中国・マカオ)
と中国が圧倒的に強いです)
f0036857_4355592.jpg

今回は大晦日を含む旅程というのに、旅行を決めたのが旅行の10日ほど前。
まずはフライトを抑えよう、上海はホテルはたくさんあるし、中国は基本旧正月を祝う国、いわゆる大晦日の宿泊は問題ないはず・・・と考えたのです。
f0036857_4361226.jpg

(必要以上に高い天井、modernでstylishなエントランスですが、やや来るものを拒むようなexclusiveな雰囲気も)
f0036857_4363640.jpg

(ベル・デスク、向かいにはバーがオープン準備中でした)
f0036857_4365028.jpg

(うねうねと続くエレベーターまでの空間。これだけで用事のない人は怖気づいちゃう、ふるい落とされちゃいますね)
f0036857_437711.jpg

フライトが決まり、さぁ今度はホテルだといろいろな予約チャンネルを見てみると、第1希望の「ウォルドルフアストリア上海」、第2希望の「ザ・ペニンシュラ上海」、第3希望の「リッツカールトン上海浦東」、そのどれもに外灘のリバービューの部屋に空きがありません。
f0036857_4372171.jpg

一部リバービューのスイートなら空いているところもありましたが、値段は相当に予想以上。
こういう外灘近くの観光的色彩の強いホテルは、中国とはいえ大晦日はやはり特別、値段も高くなっているし、混んでもいるようです。
f0036857_4373939.jpg

ビジネス色の強い市中のホテルならかなり高級なところでも値段はほぼ通常通りの値段、しかもかなり空いています。
でも僕ら観光客はついつい上海に来ると、1泊は外灘の景色を見渡せるところに泊まりたくなってしまうもので・・・。
f0036857_4381358.jpg

さぁ、どのホテルにしよう・・・。
かなり悩みました。
で、結局決めたのは「もう来年は泊まらない」と決めたハイアットの「パークハイアット上海」。
ここももうbund view(bund=外灘)の部屋の空きはなく、やや広めのpark deluxe kingが、事前決済の
The Places You Can exploreレートで、1室1泊2964元+(日本円で総額6万円くらい)が最低値段。
こんな高い値段のホテル、僕はめったに泊まりません。
しかも大晦日でなければ、値段はがくんと下がります。
あぁ、もったいない・・・。
でもここはハイアット、もしかしたら僕の我儘を聞いてもらえるかもしれないのわずかな望み(スケベ心?)にかけ、予約と同時にホテルにメールしてみます。
当日空きがあればbund viewの部屋にならないか、スイート・アップグレードは使えないか(日本の予約センターでは不可と言われましたが、時々現地に問い合わせるとOKなことがあるので)、レイト・チェックアウトは
大丈夫かなど・・・。
するとさすがはパークハイアット、約20分後には返事が来て、スイートは無理、でも部屋の件は了承、記録に残す、出来るだけ努力してみる、午後4時までのレイト・チェックアウトはもちろん大丈夫と。
そのメールに気を良くして、さぁどうなるでしょう、果たしてbund viewの部屋になるだろうかと期待に胸ふくらませて・・・(笑)。
f0036857_56267.jpg

エレベーターが停まるのは乗り込んだ1階と、レセプションのある87階、あとレストラン「100センチュリーアヴェニュー」のある91階の3フロアのみです。
揺れもせず、あっという間に87階に到着。
87階にはレセプションの他、レストラン(高級な「ダイニングルーム」、カジュアルな「パントリー」)やロビー・バーの「バー」、そしてラウンジの「リビングルーム」が・・・。
まずこれが一番エレベーターに近い「バー」。
f0036857_4383235.jpg

昼間のバーも良い感じです、まだ営業はしてませんでしたが。
f0036857_4384611.jpg

望遠鏡もあって、対岸の外灘を拡大してみることが出来ます。
f0036857_4385958.jpg

これがレセプションの後ろ、そして窓際に位置するラウンジの「リビングルーム」。
f0036857_4541240.jpg

ホテル内のそこここに飾られているこうしたコンテンポラリー・アートは、六本木ヒルズ内の「森美術館」の協力によるものだそうで、日本人アーティストの作品も多いとのことです。
f0036857_4543317.jpg

外灘を望む巨大なガラス窓は良く磨かれていて、天気さえ良ければ、まさに上海!という素晴らしい景色が広がっています。
f0036857_455348.jpg

どんな高層建築も、ここからするとはるか下に見えますね。
f0036857_44058.jpg

このラウンジも含めて、ホテルのメイン・デザイナーはかのトニー・チー。
豪華さや高級感よりも、居心地の良さを追求したデザインだそうで、ホテルのテーマ「プライベート・レジデンス」に沿った作りといえるでしょうか。
f0036857_4402836.jpg

ソファには麻を、壁には革をと、自然の温もりを生かした素材があちこちに見られます。
f0036857_4404285.jpg

もう最近は外灘の花火はありませんが(あの将棋倒し事故は2年くらい前でしたかね、あれ以来中止となっています)、大晦日の夜を高価な91階のカウントダウンパーティーでより、ここなら安価にかつ静かに楽しめるかもしれない・・・。
f0036857_4405784.jpg

でも残念ながら大晦日のこの日はホテル内すべてが特別、ここも完全予約制のセット・ディナー・オンリーとなるとのことです。
ここがレセプション・デスク。
f0036857_4411174.jpg

174室のホテルとしてはこれで充分ですが、この日(大晦日)はここも特別、いつでも人が行列している感じでした。
コンシェルジュはエレベーター脇の個室のようになった別の所に常駐しています。
f0036857_4412735.jpg

スタッフは女性、男性、共に英語に堪能で、とにかく親切心があります。
で、部屋の方は僕の事前リクエストが通った?
f0036857_4414280.jpg

それが駄目だったんですよ、超残念、がっくり。
アップグレード無し。
本当に完全満室で、ホテル側も部屋繰りが大変だったようです。
「外灘は見えませんが、シティ&リバー・ビューの部屋でお許しいただけないでしょうか。
良いお部屋に出来なかったお詫びにワインを入れさせていただきます」
と・・・。
更には発音からしてオーストラリア人と思われるマネージャーからも挨拶とお詫びがあり、「今日だけはお許しいただきたい」とのこと。
あぁあ、高いホテル。
今までいろいろ工夫してなるべく安くホテルに泊まってきたのに、さすがに特別な日の10日前では、どうにもならないようです。
ま、今回はフライトが特典旅行、前泊のホテルが激安だったので、この値段も許すとしますか・・・。
ということで2泊目はホテルに関しては失敗しました(泣)。
f0036857_4561796.jpg

(エレベーター、カードキーをセンサーに当てるタイプ。87階のエレベーターホール周辺にはスタッフがたいていいて、ボタンを押してくれたりattentiveです)
f0036857_4563323.jpg

で、前述のマネージャー、実はその夜再開、ちょっとラッキーなことも起こり、その話はまた後で。
f0036857_4564675.jpg

デザイン優先らしく、部屋番号や方向表示が分かりにくかったりの不満もありますが・・・。
f0036857_457737.jpg

by shackinbaby | 2017-01-09 12:00 | 旅行 | Comments(30)
Commented by nagi at 2017-01-09 13:38 x
ひゃー!
さすがお値段ですね。そこまで上がりますか…

カバリエリは早め予約で180EUR++(HiltonのEUディスカウントで)取れました。
ローマビューにしてくれないかなー?とスケベ心を出して(^_^;;;
流石に高層階にはならなかったのですが、窓から緑が見えるのはそれでいいかなと。

夜明け前のローマの夜景と空の紫が大変印象的で。
イタリアだとドアマンもコンシュルジュも大変親切で、また泊まりたくなりました。
ただ、宿泊している人たちがスーツでビシっとキメた人ばかりで場違い感が…(爆
https://goo.gl/photos/dE5tpxzwqYqimvMA7
Commented by shackinbaby at 2017-01-09 19:33
>nagiさん
今回のパークハイアットは失敗しました。
さすがに10日前の予約では、お得なレートは難しかったですね。
ダイアモンドメンバーだから何とかなりそうも、甘えでしたね。
反省しています。
写真集を見せていただいて有難うございます。
部屋の印象は僕が泊まったときとあまり変わっていないみたいです、
nagiさん、お願いなんですけど、この写真集のお写真、ここで写真として公開しちゃまずいですか?
実はここに良く来られる方でここに御泊り予定の方がいらっしゃるので・・・。
Commented by ma-yamanaka at 2017-01-09 20:05 x
こんばんは!記事楽しく拝見すると共に同じ発想で同じ時期に上海にお伺いしているので「あるある」と一人でニヤニヤしながら拝見しました。

実は私の第一希望は逆で「パークハイアット上海」だったのですが、ヒルトンのダイヤをもらえたのと周囲の希望もあり最終的には「ウォルドルフアストリア上海」になりました。しかも同じくバンドのビューが無かったので、アップグレードをかなり期待して訪問したのですが・・・アップグレード一切なしと同じ結果に(笑)

shackinbabyさんが以前に泊まられた部屋はかなり特別ですね!( http://shackinba2.exblog.jp/22677987/ )

ではまた!

Commented by nagi at 2017-01-09 20:20 x
全然だいじょうぶですよ。
公開設定ですので、お好きに使っていただいてください。
借金様ほどホテルの写真は撮影していないのですが、少し追加しておきました。
屋内プールとかも見学したのですが、結構人がいたので写真を撮っていないのです…
DIAメンバーだとTiepolo Loungeでのウェルカムドリンク(シャンパン含む)をいただけました。

他にも自分がローマとフィレンツェで行ったレストランは

1) Ristrate der pallaro https://goo.gl/photos/irBYjc1n7HxNeaFQA
庶民的メニューが一種類しかないお店

2) Hosteria Grappo d'Oro https://goo.gl/photos/RWmSSGUbT4ueoL1M8
カバリエリのコンシュルジュに教えていただいたお店。 コースのポーションサイズが小さいので一通り楽しめます(単体で頼むと量が3倍ぐらい…)

3) Ristorante Arlù https://goo.gl/photos/GbBPFx4f78cS7JH96
バチカン近くのお店。 とても親切でかつ美味しかったです。

4) Mangiafoco cafe https://goo.gl/photos/UwStYY9uDRpgneHA7
フィレンツェ路地裏にある白トリュフで今回優勝のお店。トスカーナの地料理のお店。

5) Trattoria Dall'Oste Bistecca Carne Chianina Igp https://goo.gl/photos/fsVr2VNTbQjAuTWA6
フィレンツェ駅すぐ横にあるビステッカ屋さん。反則の肉質でした。

6) Da Nerbone https://goo.gl/photos/Gf139HKXD1VdtHSF7
フィレンツェの市場の中にある1872年から続くもつ煮込み屋さん。反則的に美味しい。臭みなんてないです。

などもご参考になるようでしたら使っていただけるとm(_ _)m
Commented by shackinbaby at 2017-01-09 22:05
>ma-yamanakaさん
そうでらっしゃいましたか・・・。
やはり正月といえば旧正月を祝う中国でも大晦日などは特別な日なんですね。
あと今回は曜日の配列も大晦日が土曜に、元旦(中国でも祝日)が日曜日で、それも重なっての混雑だったのでしょう。
ウォルドルフアストリアのあのスイートはぜひ一度ご体験くださいませ。
部屋の窓などの立てつけは相当にがたがたですが、それが味になっているところがすごいです
Commented by shackinbaby at 2017-01-09 22:05
>nagiさん
早速の快いお返事、有難うございます。
今日と明日は少し忙しいので、2~3日のうちに記事を作ります。
nagiさん報告ということで・・・。
良かったらそれに少しキャプションをつけていただけると、とても参考になります。
お忙しいでしょうから、お期間のある時にでも・・・。
レストラン一覧もかなり参考になるでしょう<これからのイタリア訪問をお考えの方。
Commented by momo at 2017-01-10 09:46 x
時期的な事を考慮してもホテルは頑張ってくれましたね。
上級会員であることのありがたみが身にしみます(笑)。
Commented by momo at 2017-01-10 10:02 x
>nagiさん
ご紹介いただいたレストラン、何店か行ったことがあります。
その中でもDa Nerboneにはまた行ってみたいです。
最初に訪れたのは10代のスイス留学中に地元出身の友人に連れて行ってもらいました。
それからフィレンツェを訪れると足を運んでしまいます。
市場の中の庶民的なお店ですが地元民の圧倒的支持があるそうですね。
残念なのは早朝からお昼すぎまでの営業時間(何だか築地場外のお店に似てます)。
日本のガイドブックにも掲載されているようで日本人も見かけました。
フィレンツェに行かれる際には是非お試しください。
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 13:14
>momoさん
僕は本当に我儘で、本当はもっと優遇してもらいたかったですが、ま、とにかく混んでいたので、仕方ないかもしれません。
パブリックスペースも、例えばプールやフィットネスなども、西洋人の顔は少なく、ほとんどが中国の人たち(たぶん)、それも若い層が主体でした。
レストランではそれがもっと顕著で、ディナーは2000元くらいのセットメニューと超高価、それでも満席満杯でした。
ただカウントダウンパーティーとなると、ぐっと西洋系の人たちが増えましたけどね。
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 13:15
>momoさん
美味しそうなお店ですね。
nagiさんの寸評は、短いけど美味しさが確実に伝わってきます。
僕もだらだら長く書くだけじゃなくて、見習わなくちゃ、です。
Commented by ぬぬっぽ at 2017-01-10 13:59 x
ホントいつも素晴らしいですね、凄〜〜い、上海に住まれていたかのようにお詳しくて凄いですね。

パークハイアット上海は私も何度か宿泊していますが、3,000〜3,500元位で宿泊していたので、そんなに悪いレートだと思わなかったです、パークハイアット上海の食事は美味しい思い出がありますが、私はパークよりも・・・
私がいた当時、グランドハイアット上海のエグゼクティブフロアが、圧巻な位置にあって、東方明珠が目の前、しかも安かったのでグランドハイアットの方にはまっていました。夜景が綺麗で週末のカクテルタイム狙いで頻繁に行ってました。
でも食事は、グランドハイアットは美味しくないので、パークハイアットの方が色々美味しかったのは覚えています。
パークハイアット上海のレポートも楽しみにしてます。
Commented by nagi at 2017-01-10 18:06 x
> 借金様
キャプション…と、言いますかコメントを情報に入れておきました。
写真を表示したときに右上の「i」アイコンをクリックすると詳細として表示されます。
画像のダウンロードはその右側、縦に点が3つ並んだアイコンをクリックするとダウンロードされます。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

>momo様
今回ローマ、フィレンツェはカジュアルなところに、ちょっと気合を入れたところ(笑)はミラノで頂きました。
知り合いのミラノに留学していた声楽家の方から色々教わりつつ…でも、年末年始の関係で入荷がなくロバ料理を食べられなかったのは残念です。
馬とイノシシは食べたのですが…これは次回の宿題です。

Da Nerboneは最初に食べたときはふわふわトロトロのランプレドットが衝撃的でした。
ここはホントにフィレンツェに行くとリピートしてしまいますね。
そして市場の出口のところにある老夫婦がやっているカフェスタンドでおばーちゃんが入れてくれるエスプレッソの美味しさ。
フィレンツェでは他にもOsteria Tripperia IL MAGAZZINOでSusci del Trippaio(内蔵寿司!!)なんてキワモノを食べたりしたのですが絵的にトリッパon巻きずしで茶色いのしか無いので省略で(^_^;;;;
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 18:25
>ぬぬっぽさん
いつも有難うございます。
そうですか、良かった、それほど悪い値段じゃなくて・・・。
グランドハイアットも実は行ってみたんですよ。
ジンマオタワーに蟹を食べに行ったので・・・。
フロントあたりしか見ていませんが、さすがに古くなっていましたね。
客層もちょっとで、やはり今はパークハイアット一択でしょう。
この後もいろいろ書いていきますので、何か間違ってるところ、追加情報などありましたら、よろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 18:26
>nagiさん
了解いたしました。
Commented by momo at 2017-01-10 20:17 x
>nagiさん
イタリアのロバ肉料理は私も食べたことあります。
地方によって食べるようでイタリアでも一般的ではないようです。
イタリアの友人の中には「あんなもの食べるの田舎者」「他に美味しい肉あるのにわざわざ食べる必要ない」なんて言われちゃいます(笑)。
Commented by ez4ysuzuki at 2017-01-10 20:31
shackinbabyさま、ご無沙汰してます。
私も年始に3日間の弾丸で上海に行ってきました。
Park Hyattも候補のひとつでしたが、Peninsulaに泊まってきました。
http://4travel.jp/travelogue/11202903
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 22:06
>momoさん
僕もロバまで食べなくても・・・と思いますが(笑)、山羊とかも大好きなnagiさん、肉系はどんどん追求のようですね。
Commented by shackinbaby at 2017-01-10 22:07
>ez4ysuzuki さん
ご無沙汰をしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年始に上海でらっしゃいましたか、入れ替わりでしたね。
旅行記、拝見しました。
豪華な上海でしたね、素晴らしいスイート、素晴らしい名店のお料理・・・。
僕もこんな旅行したかったです。
でも予算もあるし・・・と、うじうじ(笑)。
次回の上海の参考になりました、たくさんの情報に感謝です。
Commented by ez4ysuzuki at 2017-01-10 23:14
Peninsulaのプロモーションで、Suiteが1泊分で2泊目無料だったので、Park Hyattの値段と大して変わらなかったんでラッキーでした。
AirもJALのBusinessで往復80000円というびっくりするくらい安いチケットがあったんで…(NGO発の特権かもしれませんが 笑)
上海は10年以上ぶりだったのですが、以前に比べるとずいぶんキレイになって、食事も楽しむことができました。
Commented by nagi at 2017-01-11 01:30 x
> 借金様 momo様
どうも興味が「田舎者が食べる料理」と、いうか地元で愛されている料理と食材を食べたかったのです。
ポー平原のあたりがロバを食べる風習があるということで、ヒルトンミラノのコンシュルジュにもあちこち電話してもらったのですが…
とっても不思議そうな顔をされてしまいました(^_^;;;;
そして高級料理店を予約してもらうのですから大変変な客と思われたことでしょう。
Commented by momo at 2017-01-11 11:26 x
>nagiさん
その探究心、挑戦される行動力に脱帽です。
私も見習わなければ!です(笑)。
ロバ肉料理は奇跡を起こした聖人に感謝を表すために貧しい人々が貴重な労働力だったロバを捧げた故事に由来するとか。
そのため味云々よりも先人への尊敬と宗教心の表れとして頂くそうです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-11 12:02
>ez4ysuzukiさん
僕は大晦日の宿泊を各ホテルで調べたのですが、良い値段、お得なプランには全然当たりませんでした。
年始からは違ったのでしょうか、羨ましいです。
フライトもお得でしたねぇ。
僕は特典券を使いましたが、マイル数もだいぶ必要だったし(とブツブツ・・・笑)。
Commented by shackinbaby at 2017-01-11 12:02
>nagiさん
やはりイタリアでも特殊・・・。
でもネットで調べるとたくさん出てきますね。
Commented by shackinbaby at 2017-01-11 12:06
>momoさん
本当に美味しいものへの探求心、僕も見習わなくちゃです。
nagiさん、帰国後体重が相当増えてたんじゃないですか?
Commented by nagi at 2017-01-12 02:03 x
> momo様 借金様
そう、宗教と結びついているみたいですね。
Orta San Giulianoに向かう巡礼者の伝説とかも読みました。
昔はロバは貴重な労働力ですから、食べることに対する後ろめたさの現れでもあるんでしょうね。

一日30,000歩ぐらい歩いていたみたいで、ベルトの位置は変わっていないんですが確実に体重は増えていると思います(爆
Commented by shackinbaby at 2017-01-12 13:24
>nagiさん
それだけ歩けば、チャラになるでしょうかね
僕はいつでも帰国後は体重が気になって気になって・・・(笑)。
Commented by 越後屋 at 2017-01-29 20:52 x
借金君に対抗?して、旧正月の28日(土)にパークハイアット東京に宿泊してきました。
しかしながら、料金が高いだけでホテルは通常どおり・・・イベントはなし。
部屋も満室ではなかったそうです。

用があったので新宿に泊まりましたが、6桁料金料金でいまいちの内容だったのでかなり不満でした。
ファンとして、基本的な情報共有すらできてない状況に悲しくなります。
Commented by shackinbaby at 2017-01-29 21:09
>越後屋さん
6桁ですか、う~~ん、それは・・・。
それだけ払って満足のゆかないステイとは残念でした。
かなり基本的なことが出来てなかったのですか?
Commented at 2017-01-31 19:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-31 21:28
>越後屋さん
なるほど、それは駄目駄目ですねぇ。
僕の記憶では、あのホテルはそういうところはしっかりしているはずなんですけどね。
これがたまたまだったのか、最近すべてにそうなのか・・・。
僕の今回の六本木では、以前お願いした色々なことはプロファイルされてたみたいでしたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 新春ホテル初めは、ヒルトン東京... 新春ホテル初めは、ヒルトン東京... >>