数分で予約完了@年末年始の上海 (11) 「パークハイアット上海」の客室
僕の上海2泊目は「パークハイアット上海」。
「一年で一番忙しい日」(某マネージャーの言)ということで、僕のハイアット・ステイの中で唯一のアップグレード無し。
オリジナルの予約通りのpark deluxe kingの部屋となりました。
客室は79階から84階にあり、85階にプールやスパ、フィットネス、86階がイヴェント・スペースというかファンクション・ルーム、87階がレセプションとレストランやバー、88階にスイート、91階~93階に「100センチュリーアヴェニュー」というレストランという構成。
僕がアサインされた部屋は81階、各部屋のエントランスはこんな風です。
f0036857_19104171.jpg

天井は高く、廊下のインテリアや照明も相当に格好良いのですが、部屋番号の表示が分かりにくかったり方向表示がなかったり、全体の照度も低めです。
デザイン優先過ぎ?
で、ドアを開けると・・・、この部屋は広く、写真に写しにくいので、まずはメインとなる奥のベッド周囲の写真から掲載しておきましょう。
f0036857_1911319.jpg

電動で動くブラインドが少し下りた状態での写真です。
では、改めてドアを開けたところから順番に写真を載せていきますが、このホテル、どうも上手く写真に撮れません。
すみません、下手な写真が続いてしまって・・・。
f0036857_19111848.jpg

このpark deluxe kingという部屋については、ウェブに

A 66 to 80-sq. metre deluxe room offers expansive city skyline or Huangpu River views, plus modern interiors that include one plush king bed, walk-in dressing room, day bed, architect table and deluxe bathroom with rain shower, and deep soaking tub. Our 24-hour in-room dining, in-room espresso machine and complimentary wireless Internet provide convenience

と説明があります。
f0036857_19115818.jpg

クローゼットなどライティングがきれい、隅々まで清潔で、すべてがきれいに整えられています。
こういう小物までトニー・チーがデザインしたのでしょうか。
f0036857_19121550.jpg
f0036857_19123799.jpg

反対側はミニバー、ガラスだらけでハウスキーピングは大変そうです。
f0036857_19125412.jpg

冷蔵庫、高級ホテルらしく瓶のラベルはすべて正面を向き、整然と並べられています。
f0036857_19131131.jpg

ベッドは上質なもので、リネン類も質の良いもの、当然良い寝心地でした。
f0036857_19133073.jpg

乱しても夕方のターンダウンでまたすっかりきれいにしてもらえます。
f0036857_19181813.jpg

park roomとpark deluxeの違いは、この部屋の中央にある大きな黒いテーブルのよう。
これがあるのがpark deluxeということになります。
f0036857_19134746.jpg

いかにもモダン・チャイナといった大テーブルとイスですが、使いようは自由。
最初は何でこんな大きなものが?と思いましたが、これだけ大きいと色々に使え便利と言えば便利でした。
昔の感覚なら、ここには絶対ソファーセットだったでしょうに・・・。
f0036857_1914289.jpg

窓際には大き目のデイベッド。
f0036857_19142113.jpg

反対側の窓際には、これまた斬新なシェイプのデスクが・・・。
これまた変な形だなぁとも思いましたが、これが意外に使いやすかったですよ。
f0036857_1916178.jpg

大きいでしょ、この黒テーブル。
f0036857_19161915.jpg

それに比べてTVの小さいこと、この辺りはすぐにでも改善できそうですが、どうせやるなら壁掛けにしたいでしょうかね。
f0036857_19163975.jpg

壁面。
f0036857_19452860.jpg

あ、残念、外がだんだん曇ってきました。
f0036857_19455884.jpg

この後、夜になるとまた視界が随分良くなってきて、変な時に写真撮ってしまったものです。
by shackinbaby | 2017-01-12 08:00 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ma-yamanaka at 2017-01-12 22:52 x
こんばんは!

開業当時の滞在を思い出しながら記事を拝見しました。

アップブレードが無かったのは残念ですね・・・やはり時期が時期なだけに厳しかったのでしょう。ただし「一年で一番忙しい」は言い過ぎな気がします。私が旧正月に昔泊まった時も似たようなことを言われていました。(笑)

好き嫌いは人によってあるかもしれませんが、シンプルに滞在できるという意味では私は大好きなホテルです。机のサイズなどもその意味からは最適です。今もおみえかは分かりませんが日本人GROの方がお見えになった時には、部屋のこだわりを事細かく教えて頂きなるほどと思い滞在しました。しかし書かれているようにテレビは私も珍しいケースだと思います。

どちらにしても2008年の開業から時間が経っているので、そろそろリノベーションが始まる時期かと思いますので次のスタイルがどうなるのか気になるところです!

ではまた
Commented by Octopussy at 2017-01-12 23:09 x
確かにテレビのサイズが期待値より小さい気がしますね!

上海のパークハイアットにはまだ泊まったことがないので興味津々です!
Commented by shackinbaby at 2017-01-13 11:54
>ma-yamanakaさん
いつも有難うございます。
今回の大晦日と正月は、土日にも当たったので余計ということなのでしょう。
机は見かけよりずっと機能的で、トニー・チーを見直しました。
デザイン性だけじゃなくて、機能性もちゃんと考えてるんだと・・・。
現在は日本人スタッフはいないようですが、ここのスタッフは英語が全員ネイティブ・クラスなので、意思疎通は楽でした。
有能でしたが、コンシェルジュの男性の英語が一番なまっていました(笑)。
でも彼の知識と、各レストランへのごり押しぶりはすごくて、混んでいるところでも無理やり予約をねじ込んでくれたのは、さすがでした。
Commented by shackinbaby at 2017-01-13 11:54
>Octopussyさん
良いホテルですよ、さすがに。
ここが中国ということを忘れるホテルです。
北京のパークハイアットより、すべてが洗練されています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 数分で予約完了@年末年始の上海... 新春ホテル初めは、ヒルトン東京... >>