数分で予約完了@年末年始の上海 (13)大晦日の過ごし方
さぁ、上海で迎える大晦日。
宿泊は「パークハイアット上海」ですが、どう過ごそうかなかなか決められません。
カウントダウンパーティーは有料で1人1488元、でももうほとんど売り切れ状態と・・・。
レセプション裏のラウンジ「リヴィングルーム」もこの日だけは喫茶は駄目で、完全予約制の洋食セットディナーのみ。
う~~ん、どれも値段は高いし、高いお金出して上海で洋食というのもなぁと考えあぐね、まずは85階にある、SPA・GYM・POOLに行ってみます。
85階、エレベーターを降りたところのインテリア。
f0036857_23471716.jpg

プールは見たところ、この時間は家族連れなどが多くかなり賑わっている状態。
これも嫌だよな、後で来よう、そうだ、皆がカウントダウンパーティーに参加している頃が空いているかも(プールは午後10時まで)などと考え、誰もいないGYMでひと通りマシーンを試してみます。
f0036857_2349213.jpg

トレーナーというかスタッフが色々アドバイスしてくれそうになりますが、それを断り、自己流で。
f0036857_23492178.jpg

どこもきれいに整備されていて、気持ち良く使えました。
そして24時間オープン。
f0036857_23494397.jpg

いつもmoldvanさんにGYMの写真は詳しめに・・・と言われているので、こういう誰もいないときは写真パチパチを熱心に・・・。
f0036857_2350359.jpg

POOLはそういうことで入るのを諦め、服を着替えてからコンシェルジュ・デスクに行き、コンシェルジュと雑談しながら、この後の予定を決めていきます。
「カウントダウンパーティーに参加されないようでしたら、どこかで美味しいお食事でしょうか」と、僕の希望するカジュアルでいてある程度の質感のある中華料理店。、1人でも浮かない、1人でも食べきれる量の店・・・という難しいリクエストを、彼は難なくこなし、いくつか挙げたくれたレストランの中から、ホテルから一番近いところに予約を取ってもらいました。
予約は当然中国語で行われているので詳細は分かりませんが、「今日は混んでいる、満席」というのを無理やりねじ込んでくれたようです。
彼の話し方からすると店に対してかなり高飛車な感じ、「天下のパークハイアットが予約入れてるんだぞ」系の話し方。
「ウェイティングリストの1番に名前を入れておきました。待たされるようなら私に電話ください」と名刺を・・・。
何ともすごい強引な手配でした。
彼にはその後何かにつけてお世話になったのですが、かなり有能な人、でも英語はスタッフの中で一番訛っていました(笑)。
時間は午後5時、こんな時間にもう満席とはすごい店・・・と思いながらレストランのある「IFCモール」へ。
前日同じ建物にある「リッツカールトン上海浦東」の「フレア・ルーフトップ・レストラン&バー」に行ったばかりですが、また同じところに行くことに・・・。
歩いても行けそうな距離とは思いましたが、予約時間に遅れたくはないのでタクシーを使いました。。
f0036857_1824865.jpg

(この写真で分かる通りの近さです、後ろに見える高層建築の「上海環球金融中心」に「パークハイアット上海」は入っていて、ビルの最上階は展望台になっています)
「IFCモール」は高級ショッピングモールで、ハイエンドなブランドのオン・パレード。
実にきらびやかです。
f0036857_23562866.jpg

その3階にコンシェルジュお薦めの小龍包が美味しく、1人で食べても全然浮かないというレストラン「楽新皇朝」はありました。
f0036857_23565372.jpg

午後5時15分という時間なのに、店の前にも店内の通路にも、客が溢れています。
受付の女性に名前を言うとすぐに了解、即満席の店内に案内されます。
f0036857_23571898.jpg

コンシェルジュが言うように店内は小さなテーブルが多く、さすがに1人で食べている人は見当たりませんでしたが、カップルで・・・はかなりたくさん。
高級ショッピングモールの中にあるだけあって、店内は古いレンガを使ったりした宮廷風(?)インテリア、来ているお客も皆さんそれなりの感じです。
f0036857_23573753.jpg

スタッフは外国人にも慣れているようで、chinese teaくらいは理解してくれ、大きな写真・英語入りのメニューは分かりやすく、オーダーは簡単です。
これが基本セッティング。
f0036857_051150.jpg

入口でもせっせと小龍包を作っていたし、ここは上海だし、まずは小龍包でしょうとメニューを見ると、が~~~ん!
僕はこの時すべてを悟りました。
店の名前は「楽新皇朝」。
英語名は「Paradise Dynasty」と!
そう、この店、僕が数年前、シンガポールで食べて感激してここでも多いに推奨した店の上海支店だったのです。
あぁ、コンシェルジュから名前を聞いた時、気が付けば良かった・・・。
でも不味い店じゃないから良いけど、分かっていたらここは選ばなかったなぁ。

     http://shackinba2.exblog.jp/17664252/

あの店のスペシャリティ、八色小笼包という8種類の味の小龍包がここでも最大の売りとメニューには大書、決してパクリではなくあのシンガポールの店と同じとはっきり書いてあります。
そう、これがこの店のナンバーワンメニュー、誰しもが頼む8種類の味の小龍包(58元?)です。
f0036857_053076.jpg

豚肉、ヘチマ、フォアグラ、黒トリュフ、チーズ、蟹味噌、ニンニク、四川風辛口。
僕が覚えているシンガポールン店と同じラインナップです。
f0036857_054986.jpg

これは黒トリュフ。
口に含むと、トリュフの濃厚な香りが立ち上がります。
f0036857_11434953.jpg

どれも美味しい、でも最初に食べた時の感激はないなぁ、贅沢言うけど。
メインは京酱肉丝、豚肉と白葱の甘味噌炒め(55元?)です。
f0036857_061022.jpg

甘味噌、炒め方は〇で美味しいけど、牛肉の質がもう少し上だと更に・・・。
食事を終って外に出ると、店の前の行列は更にすごいことに、これは「パークハイアット上海」のコンシェルジュの強引予約に感謝しなくちゃです。
この後は、ややリーズナブルな店の多い地下を中心にウィンドーショッピング、特に「シティスーパー」は品ぞろえも良くディスプレイもきれいなので、観光客でも楽しめました。
外はきっと夜も更けてきているはずなので、「IFCモール」のルーフトップに出てみます。
ここもコンシェルジュに教わったところ、とにかく人が少なくて、この辺り(浦東・陸家嘴)の夜景をたっぷり楽しめますよと・・・。
f0036857_064143.jpg

コンシェルジュは実によく何でも知っています。
きれいに整備された屋上なのに、ほとんど人がいません。
f0036857_195924.jpg

高い方のビルは何と632mと、世界で2番目に高いビルのはず。
眼を移していくと・・・
f0036857_075685.jpg

おぉ、前日はもうライトアップが終わっていた「東方明珠電視塔」がきれいに見えています。
f0036857_083992.jpg

やはりこの面白い形のタワーはこの辺りの名物、名所ですね。
f0036857_2002062.jpg

空気は少しけぶっていますが、このくらいにまでなれば、昼間よりはずっと良いでしょう。
それにしても午後7時というのに、この混雑は何?
f0036857_092779.jpg

この辺りでもこの混み方、人気の外灘にでも行ったら一体どうなっちゃうのでしょう。
それに大晦日夜は地下鉄駅は閉鎖、タクシーも捕まる可能性はほぼゼロとのことなので、やはり浦東側にいることにしましょう。
でも空気がだんだん澄んできていることを考え、僕の次の行動を決めます。
「パークハイアット上海」のラウンジは完全予約制ですが、予約制じゃなくて外灘を眺め下ろせるところを思いついたのです。
ただそこも午後9時以降はカウントダウンパーティー用にクローズなはずですが・・・。
by shackinbaby | 2017-01-13 20:35 | 旅行 | Comments(16)
Commented by NK at 2017-01-13 21:05 x
こちらのお店銀座にありますね
その8色小籠包の写真で思い出しました
2人でアラカルトのディナーと軽い飲み物で1万円でだいぶお釣りがくる感じだった気がします
Commented by momo at 2017-01-13 21:49 x
>「天下のパークハイアットが予約入れてるんだぞ」系の話し方。
これアジアの高級ホテルのコンシェルジュによくいますよね(笑)。
欧州の優秀なコンシェルジュはもっと違う形で圧を掛けますが・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-01-13 21:58
>NKさん
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
わぁ、銀座にありましたか、それは知らなかった・・・。
ググると確かにありました(しかも僕が個人的に時々通るところ)
http://www.paradisedynasty.jp/
日本だと小龍包が1520円なんですね、上海では1000円弱、日本は場所代ということもあるのでしょうが、結構高いですね。
シンガポール本店などエレガント・カジュアル路線ですが、値段がリーズナブルなのが受けていると思ったのですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-01-13 22:01
>momoさん
かなり高圧的でした、見ていて。
でもおかげで僕は助かりましたが・・・。
Commented by nagi at 2017-01-14 00:56 x
やっぱり上海は人が多いですね。
しかも午後7時から待つんですか…(^_^;;;;

Paradise Dynasty銀座店の前は私も結構通ります。
全然気が付きませんでした。
たまーに奥のよもだそばでカレー食べてます(ぇ
Commented by shackinbaby at 2017-01-14 09:09
>nagiさん
おっ、よもだそば!
知る人ぞ知る立ち食いそばの人気店ですよね。
今は確かフライドチキンのサルサソースがけそば(?)の看板が出ていたかな・・・。
カレーが有名ですけど、僕はまだ食べたことがない、たいてい巨大なかき揚げかニラ天玉そば、頼んじゃいます。
ここでよもだそばの話が出るとは・・・。
Commented by たにとも at 2017-01-14 09:41 x
私も、このカラフルな小籠包を見て、シンガポールのParadise Dynastyだと直ぐに判りました。私はシンガポールでこちらの小籠包を食べた後、銀座店にも行きました。味も雰囲気もシンガポールの方が良かったと思いました。
そういえば、先週台北で香港の添好運に行ってみましたが、こちらは明らかに味が違い美味しくありませんでした。
Commented by shackinbaby at 2017-01-14 11:09
>たにともさん
漢字の店名からパラダイスダイナスティが思いつかなかった僕が駄目だったですね。
台北の添好運は僕が見た別のブログでも不評でしたね、香港より作りに繊細さがないと・・・。
その他台北で何か美味しかったところ、最新情報などございますか?

Commented by ヤス at 2017-01-15 12:30 x
いつも楽しく拝見しています!ありがとうございます!
写真のビルの説明で、パークハイアットの入ったビルを別のビルと勘違いされてはいないか?と思いまして。
上部がヘラのように四角になったビルが森ビルのパークハイアットです。
円柱の更に高いビルは違う建物です^_^
Commented by shackinbaby at 2017-01-15 18:48
>ヤスさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
そうでしたそうでした、この形は「上海環球金融中心」じゃなかったですね。
ご指摘、感謝です。
中国トップ、世界第2位の高さの「上海中心大厦」(上海タワー)でしたね。
本文をこの後ちゃんと書き直します。
この他にも何か変なこと、間違ったことなど書いているなら、ぜひお教えください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by たにとも at 2017-01-16 13:04 x
台北では欣葉台菜創始店に初めて行ってみました。紅蟳米糕(渡り蟹のおこわ)を目当てに。しかし、ポーション大きく夫婦2人ですと多種類オーダー出来ず残念でした。おこわそのものも有名な林合發油飯店の方が好み。借金さんが以前いらっしゃった101店の方が雰囲気も料理内容も少人数には向いています。帰りに脆皮鮮奶甜甜圈で揚げたてふわふわサクサクドーナツを久しぶりに食べたのが非常に美味しかったという庶民な私です。
2日目の1人ランチに選んだのは富覇王豬脚極品餐庁。
豚足好きの主人は老牌張豬腳飯押しなので久しぶりに訪問しました。
どちらも甲乙付けがたし(笑)
Commented by shackinbaby at 2017-01-16 18:28
>たにともさん
欣葉台菜創始店はまだそんな仰々しい名前じゃない頃、行った記憶があります。
もちろんその頃と違ってリニューアルされているのでしょうが。
僕の時も大人数で食事する台湾の人に圧倒されながら、一人でも頼めるような蜆とか切り干し大根とか当時ガイドブックに載っていた台湾基本食を・・・。
富覇王豬脚極品餐庁は入口のオジさんに日本語であいさつされました?
僕は外見から日本人に見られることはないので、この店にはびっくりしました。
Commented by たにとも at 2017-01-16 19:31 x
>富覇王豬脚極品餐庁は入口のオジさんに日本語であいさつされました?
いいえ。確か、中国語だったかと。借金さんは日本人には見られないのですか。背が高くていらっしゃるから。
それ、私もかも。。です。海外(アジア各国)では現地語で話しかけられたり、日本の空港でも日本人スタッフに英語で話されたり、いつぞやは空港から自宅に向かうタクシーの運転手さんに「あなた日本語上手いねぇ」と(笑)
私の場合、色が少々黒いからかもです。昔プーケットで相当な日焼けをしたとき、空港で肌色に合わせてファンデーションを購入しようとしたところ、店員のタイ人から一番黒いのを差し出され「あなた、これ以上日焼けしたらファンデーション無いわよ」と言われましたっけ。
Commented by shackinbaby at 2017-01-16 23:07
>たにともさん
たぶん背が高いのと、英語が片言でも通じそうなところは英語でいくからですかね。
シンガポール人?なんていわれることも多いです。
外国人客の多い日本のホテルでは、英語で話しかけられることもしょっちゅうです。
タイ人女性は自分の肌が黒いのを「シーダーム」と言って嫌がります。
色白の方が美人だと思われているようで、売られている美白系コスメの種類はものすごく、うちの奥さんなどタイに行った時には、その手の品を買いまくっていました。
Commented by moldvan at 2017-01-17 10:23
借金さん、ありがとうございます。
いつもながら、こういう写真は貴重です。
ホテルHPでの紹介写真とは違って、
普段の様子ってわからないじゃないですか。
マシンはTechnoGymのSelectionですね。
とても快適そうな雰囲気、
きっと気分よくトレーニング出来たのではないでしょうか。
トレーナーさんは無料なの?
Commented by shackinbaby at 2017-01-17 12:00
>moldvanさん
ジムに僕以外誰もいない時じゃないと、なかなか写せないので・・・。
たいていのホテルはトレーナーの簡単な補助は無料です、というかサービスのうちです。
もちろんきちんとしたプログラムを組んで1対1で長時間・・・などとなると、ホテルによっては違う(料金発生)かもしれませんが。
名前
URL
削除用パスワード


<< 香港エクスプレスの「うどん」塗装機 1人あたりの代金が1000万円... >>