1人あたりの代金が1000万円のパッケージツアー「The Royal」
パッケージ・ツアーの最高峰、JTB首都圏の「ロイヤルロード銀座」が発売しているは1人あたりの代金が1000万円のパッケージツアー「The Royal」が結構売れているとのこと、一部の人の景気は本当に良いんですね、今の日本。
昨年11月にプライベートジェット専用デスクを開設したことにあわせての企画だそうですが、いずれのツアー商品も現地までは定期便で移動し、その後はプライベートジェットやプライベートヘリコプター、専用車などを利用するとのことです。

     http://www.royalroad.jp/royal/topics/detail/161227b.asp

f0036857_17401280.jpg

                  (ペリカンヒル・ニューポート・ビーチ外観、イメージ)

販売中のツアーは(売り切れていたらすみません)
     ・フォーシーズンズリゾーツ ハワイのコンシェルジュが提案するご滞在 極上のハワイ4島滞在 14日間
     ・中世英国貴族の世界に浸る 最高峰マナーハウスをめぐる旅 10日間
     ・世界屈指のスキーリゾートで過ごす クールシュベル・パリ 10日間
     ・プライベートジェットで巡る アメリカゴルフとニューヨーク滞在 10日間
     ・ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン川の3つの大自然を巡る悠久の南米クルーズ 24日間
で全て2名1組限定で、費用は1人当たり1000万円。
ただし燃油サーチャージは込みだそうです。
英国コースの羽田発ファーストクラス利用の「中世英国貴族の世界に浸る 最高峰マナーハウスを巡る旅 10日間」は、英国に点在する旧貴族の館やマナーハウスをヘリコプターで周遊。
フランスコースは羽田発ファーストクラス利用の「世界屈指のスキーリゾートで過ごす クールシュベル・パリ 10日間」で、冬のリゾート地である南東部のクールシュベルに5連泊し、ウィンタースポーツなどを楽しむと・・・。
アメリカコースは成田発ファーストクラス利用の「プライベートジェットで巡る アメリカゴルフとニューヨーク滞在 10日間」で、滞在中に「ペブルビーチ」や「パインハーストNo.2」など計4ヶ所でゴルフを楽しむツアー。
南米コースは成田発ビジネスクラス利用の「ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン川の3つの大自然を巡る 悠久の南米コース 24日間」は、シルバーシー・クルーズの「シルバー・ガラパゴス」など2種類のクルーズに乗船するんだそうです。
ハワイコースは羽田発ビジネスクラス利用の「フォーリーズンズリゾーツ ハワイのコンシェルジュが提案するご滞在 極上のハワイ4島周遊 14日間」で、「フォーシーズンズリゾート・フアラライ・ミロスイート」などに滞在し、各リゾートのコンシェルジュが提案するアクティビティや食事を楽しむツアーとのことです。
f0036857_17534983.jpg

f0036857_17511565.jpg

                   (フォーシーズンズリゾート・フアラライ・ミロスイート)
日本にもこういうツアーがあるということで・・・。
by shackinbaby | 2017-01-13 20:34 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2017-01-13 21:53 x
うちの両親がこちらのお得意様です。
でもこんな高額なやつは使ってないと思います(笑)。
痒いところに手が届く手配をやってもらえるので高齢者に人気が高いそうです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-13 22:01
>momoさん
これは「ロイヤルロード銀座」の商品中最高位にランクされる、究極のパッケージツアーみたいです。
購入者がいなくても、こうしていろいろなところに取り上げられて、充分宣伝になるんでしょう。
でも僕が見たニュースでは、もう購入者がいたような・・・。
Commented by キテイジェット at 2017-01-13 22:48 x
Fクラス利用。。。英仏行き「実は中東経由」じゃないですよね?笑
それで、この内容で1000万円なら、やはり自分で手配するよりもお得なんですね。

と、どうせ“雲の上の話”なので、発言だけしてみました。

年末に、どうしょうもない事情があり、久々にFクラスにお金を払って、欧州・羽田を飛びました(おかげで、もう当分なにも出来ません。私は既に終わりです)。
私は、健康上の問題で搭乗前も機内でも何も食べないんですが、他の欧州人のオジサンたち・・
普通に健康そうな方々でしたが、
離陸するや、さっさとカーテンを閉めて、到着まで、一切、どなたも何も食べてないみたいでした。(少なくとも、通路を挟んで隣の席の方は、ずーっとカーテン閉めっぱなし)

彼らには“Fクラス ただの寝台 早く着け!”なんだろうなぁと。
私も自席のカーテンを閉めて、雑音を立てないように・・と大人しく過ごしました。
・・・・雲の上の世界だなぁ・・・
と感じました。


Commented by shackinbaby at 2017-01-14 09:07
>キティジェットさん
どの飛行機会社を使うかは決定してないようですが、最近は経由ながら中東系もその豪華さで直行便に劣らぬ人気と聞きました。
特にエティハドのザ・レジデンスなどを使うと、アブダビ・ロンドンで往復で600万くらい(2人で)するので1人1000万では上がりませんかね。
ファーストクラスはそのスペースと自分流に時間が使えることで人気だと思いますが、僕がたまにファーストに乗ると、もうその興奮で、食事を含めすべてを体験せねばと、頑張り過ぎちゃうところが、我ながらイタいところと反省しきりです。
Commented by キテイジェット at 2017-01-27 01:48 x
わいファイの無い田舎温泉に滞在していて、今朝東京に戻り久々に拝見いたしました。
いやあ、Fに乗りなれている人、私みたいに偶にのひとに限らず、本来は、好きなように過ごせるのがFの魅力のはず。
ちょっと思ったのが、中東系を含め座席が個室化していても、大抵のF椅子(個室)は「天井から足元まで隔離」じゃなくて・・・スライドドアを閉めても、天井は他の席の方々と共有空間ですよね。だから、他の席の方の音、明かり、が漏れてきて当然・・・日系のFのように、スライドドアがなければ、なおさらそのあたりの環境は、Cクラスとあんまり変わらない。
 私が今回利用したのはエアーフランスでした。自席と通路をカーテンで「天井から床まで」分離できる(窓側じゃない真ん中の2席の間は、なぜかカーテンが無く通常の・・・JLのFのもんとおなじようなパテーションだけですが)。
そうすると、人の心理って、「完全なホテルのような密室のような環境が得られて然るべき」と思うみたいで・・・
 お水をお願いした時に、CAさんが手元が狂って、私の服にこぼしてしまわれたんです。たいした被害者じゃないから、大騒ぎにはなってません。その後、チーフとCAさんが改めてお詫びに来て「カタログからスカーフを差し上げるから選んで欲しい」と・・固辞したんですが「是非に」といわれ・・・無論小さな声で遣り取りしていたんですが。
やはり、その遣り取りすらも・・・通路を挟んで隣席の乗客は、CAさんらが動くたび気になられたようで・・・客室乗務員が動き回る際に、自席のカーテンを揺らされたこととかもまあ、気に触られたようで・・・
「すみません。お隣のお客様が『休みたいから・・・』と言われるので到着が近くなったらまお声がけします・・・」となり。。。
 他方、Cキャビンに行くと、当たり前のことですが、明かりを煌々とつけて読書、食事する人、アイ・マスクをして寝る人、ギャレー前のセルフサービスコーナーを社交場状態にしている人。

エアフラの長距離便の特に夜便Fでは、「音は立てない。明かりも漏らさない!大人しく(寝ていろ)!」なのかなぁと・・ますます、何も注文せずに大人しくしていたので、健康には良かったかもしれません。
Commented by shackinbaby at 2017-01-27 08:32
>キティジェットさん
最新のリアルなお話・情報を有難うございました。
なるほど、ファーストではそういうこともあるんですね。
お詫びが代替え品だったり、会話や通路を通るだけでうるさいというクレームとか・・・。
やっぱり普通じゃないというか、ファーストクラスって特別というか、特別な人が乗っておられるんですね。
僕の次のファーストクラスは扉付きなので、久々のファーストに一人ではしゃいでいても大丈夫かな。

Commented by キテイジェット at 2017-01-31 10:50 x
やはり、他の投稿での「10万マイルで。。」は“あの会社のあの路線”かしら?!
でも、本当によくGWに開いてましたね・・
いや・・借金さんやココの皆さんの方が、私よりFに乗りなれているから。。

あのエールフランスのF,『なまじ天井から床までほぼ完全に自分の空間』になることが逆に仇なんだとおもいました。同社のFでもA380(と以前の777の)Fなら、カーテンもないし、“天井は皆さんと共用”だから、そこまで他の方の行動に敏感に・・はないそうです。

あと、往復ともフランス人のお客さんばかりで・・そろそろ誕生して2年になる同社の“カーテン完全密室F”に乗り馴れているから、余計に“AFのカーテンFでは静かに!が当たり前よ!”だったのかも・・・。昼間フライトなら、また違ったのかもしれませんが。

借金さんご搭乗予定の?E社?には私は乗ったことはないんです。ただ、似た構造のF椅子の会社に乗った際に感じたのは、「椅子のプライヴァシーは『硬い扉』で保たれつつも、天井は共用」。だから、良い意味で「明かりが入ってきたり、雑音を立てたりはお互い様」って皆さん思われているような感じが。。

ってそれが長年の機内の普通の空気感でっすよね。
エアーフランスのF,カーテンで“天井から床まで”席を仕切る工夫は、「硬いパテーションより素敵で、実用的!」と最初は思ったんですがね・・。

あと、同社の『お詫びの心遣い』は、代替品というより・・本当に過分でした。私が水を浴びたのは、機内で配られた機内服。私には、実害は無かったんです。それなのに、「免税品カタログからスカーフを・・」(これも、金額についてはある上限が決められているそうです)
Commented by shackinbaby at 2017-01-31 13:45
>キティジェットさん
詳しく有難うございます。
僕が乗る予定なのは、ご想像の「“あの会社のあの路線”」です。
僕も電話で聞いて空いているのに絶句。
ただし僕の仕事予定の変更で、帰路を変更しなくちゃで、そうすると帰路が空いておらず、今熟慮中なんです。
「天井は共用。だから、良い意味で明かりが入ってきたり雑音を立てたり」はあるでしょうから、それをなるべく少なくするために、僕は搭乗予定の機材の席は1列目より2列目を選んでおきました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 数分で予約完了@年末年始の上海... 3年間でヒルトンの11ブランド... >>