数分で予約完了@年末年始の上海 (14) 「大晦日の過ごし方」の続き
大晦日の上海。
外灘に行くのはこの日は大変だし、ホテルの中のカウントダウンパーティーも、いつもはリーズナブルなラウンジも、共にかなりな高額設定(1488元+)。
天気もだんだん良くなってきたので、なんとか外灘の景色を普通の値段で楽しめないかと考え、思いついたのが夕食を食べた「楽新皇朝」のある「IFCモール」と同じ建物にある「リッツカールトン上海浦東」52階にある「オーラ・ラウンジ&ジャズ・バー」です。
f0036857_2354868.jpg

前夜「フレア・ルーフトップ・レストラン&バー」に行った時に、ここは大晦日は午後9時まで通常営業、午後9時からはカウントダウンパーティーと聞いていたのです。
f0036857_22584147.jpg

時間は午後7時、この時間なら通常営業のはずで、ラウンジの大きな窓からは、外灘の景色が一望の下なはず。
f0036857_23573615.jpg

店内は半分くらいの埋まり方、途中で窓際の席が空いたので即移動をさせてもらいました。
これがその眼前の景色。
f0036857_225901.jpg

だいぶまた空気が澄んできましたね。
ガラス窓越しとはいえ、外灘の景色をかなり良く見ることが出来ました。
f0036857_22591928.jpg
f0036857_22593657.jpg
f0036857_2302152.jpg

スタッフの接遇はリッツカールトンだけあっていうことなし、英語は完璧だし、立ち振る舞いもエレガント。
「パークハイアット上海」のスタッフのある種クールなところは感じず、ホテルの性格はスタッフにも表れるのかなと・・・。
f0036857_2313756.jpg

紅茶(120元+)とリッツカールトン・チョコレートケーキ(98元+)。
f0036857_2315566.jpg

チョコレートケーキは濃厚なカカオが美味、無料で(?)3種盛り(ナッツなど)のおつまみも出てきます。
午後8時過ぎ、「パークハイアット上海」に帰ろうとしますが、大晦日のこの時間、もうタクシーはメーターを使いたがらなくなります。
値段交渉制。
「リッツカールトン上海浦東」前から乗ったタクシーは「パークハイアット上海」まで「40元でどうだ」と・・・。
僕はこの区間が基本料金の18元くらいなことは知っています。
毅然とタクシーを降り、ドアマンに事情を話し、メーターで行ってくれるタクシーを探してもらいます。
まだホテルに入ってそんなに時間のたっていないという若いドアマン、日本が好きなようで、日本人としゃべれるのが嬉しそう。
その彼は本気を出して(苦労して、メーターで行くという))タクシーを拾ってきてくれました。
大晦日は外灘付近でなくても、タクシーの料金には注意です。
「パークハイアット上海」の部屋は、きれいにターンダウンされていました。
f0036857_2323020.jpg
f0036857_2324739.jpg

部屋からの夜景。
やはり外灘ビューでないと、何となく上海ぽさが少ないです。
f0036857_2332589.jpg

時間は午後8時過ぎ、夕方には家族連れで混んでいた85階のプールに行ってみます。
この時間なら空いてるでしょう的僕の予想はピッタリ!
誰もいません。
f0036857_2341424.jpg

更衣室もよく片付いています。
f0036857_2342678.jpg

スタイリッシュなプール。
f0036857_2344175.jpg

周囲にはデイベッドと印象的な形に置かれたクッションが・・・。
f0036857_2345511.jpg

プールはこういう風に高い位置にあるという作りになっています。
f0036857_235853.jpg

カーテンを下ろして、セミ個室のようにすることも出来るみたいです。
f0036857_2352120.jpg

f0036857_2353465.jpg

ジャクージ。
f0036857_2355276.jpg

サウナには窓があって外も見えます。
誰もいない(僕と清掃担当?の女性のみ)プールを楽しんだ後、部屋の帰るとNHKの「紅白歌合戦」は、ちょうどこの人の辺り。
f0036857_2364399.jpg

そしてこの後、お詫びとして貰ったワインのラッピングを頼みに再び86階のフロント周辺に出かけた僕は、チェックイン時に出会ったオーストラリア人マネージャーとばったり。
「あれ、どうなさったんですか?カウントダウンパーティーをお楽しみかと思ったのに・・・」と言われたので、まさか「1488元が高いから」とも言えず(見栄っ張りのshackinbaby)、ごにょごにょ言い訳していると、「食事は無理ですけど、いらっしゃるだけいらっしゃいませんか?一緒に新年をお祝いしましょう」と・・・。
えっ、これって、ただで入れてくれるっていうこと?
急遽ジャケットをひっかけ91階へ・・・。
彼の姿を探し、彼の後をこそこそついて行き、でも5分もすれば、僕の手にはグラスが握られ、もうまるでちゃんと会費を払っているかのような気分と態度に(笑)。
慌ててカメラは持っていかなかったので、写真はありませんが、すべてが派手め。
僕は数年前ドバイの「パークハイアット・ドバイ」でカウントダウンパーティーを経験していますが、あの時の上品さとはかなり違い、とにかくバブリーではありました。
by shackinbaby | 2017-01-14 13:36 | 旅行 | Comments(8)
Commented by ホテラバ at 2017-01-14 16:05 x
いつも思うんですけど、借金君さんの行動密度は濃過ぎです。朝からこの1日どれだけのことをしてきたのか、本当にすごいです。尊敬。
Commented by shackinbaby at 2017-01-14 23:51
>ホテラバさん
本当にこうして書いてってみると、朝からいろんなことしてますよねぇ。
それによく食べてる・・・。
僕がじっとしてられないたちなのが、自分でもわかっちゃいます。
Commented at 2017-01-15 08:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-15 18:48
>momoさん
お教えいただいて有難うございます。
見苦しいので、やはり消しておきました。
書き込みに関しては、僕らその中にいるものにはその流れも良く分かってどのコメントも本当に有用で最高だったのですが、初めてご覧になる方、時々ご覧になる方などには、ごちゃごちゃしすぎで面白くない(よく分からない)流れだったと、複数の方からご意見をいただきました。
これはこのブログの作りも関係しているので、なかなか変えようもなく、どうしたら良いのか僕にもまだ良く分かっていません。
とりあえずこの話題に関してはこれで終了ということで、申し訳ありませんが、お納めいただきたく思います。
Commented at 2017-01-16 07:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-01-16 11:13
>ポイズンさん
返答不要とのことですが、ここにいらしていただきコメントまでいただいたお礼をさせてください。
初めまして、ようこそとブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by ぬぬっぽ at 2017-01-17 13:24 x
かなりの高層で、空で泳いでいる感覚だった気がします、懐かしいです〜〜、下から5番目の写真が特に、結構、この壁、高いんですよね、このプール好きでした。
また泳ぎたいです〜〜。

(このプールの高揚感の後、このあと、外灘のウォルドルフアストリアのプールに行った時、
恐ろしい程酷くてショックでした。以前行かれた時泳ぎましたか?
低層でも仕方ないとしても、せめてプールから外灘が見える作りにしてほしかったです・・・。)
Commented by shackinbaby at 2017-01-17 23:01
>ぬぬっぽさん
ウォルドルフアストリアのプールは閉鎖的で、何とも正統派というか、何の面白みもないものでした。
ぬぬっぽさんは本当に上海を存分にお楽しみだったのですね。
上海は中国の都市ではなく、上海という都市なんだと思うくらい、中国の中でも特別な街ですね。
チャンスがあれば、また行ってくるかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「マルコポーロクラブ」と「フォ... 香港エクスプレスの「うどん」塗装機 >>