数分で予約完了@年末年始の上海 (17) 「成隆行蟹王府」でランチの続き
「金茂大厦」の「成隆行蟹王府」で上海最後の食事。
いくつもある定番コースのうち安い方の588元のコースです。
(ここでもお手拭の料金、5元はプラスされます)
では、料理の続きを・・・。
f0036857_19381332.jpg

この蟹味噌入りの車海老の炒め物も美味しかったぁ。
海老も良い海老だったし、ソースがとにかく美味。
白いご飯があれば、掛けて食べちゃいたいほど。
次は蟹の爪肉の煮込みです。
f0036857_19383240.jpg

和食にも通じるような、薄味の素材の味の出たもの。
そしていよいよ蒸し蟹の登場です。
僕のはこれだそうです。
たぶん雄かな・・・。
f0036857_19385144.jpg

まずこの形を見せてくれてから、「解体して良いですか?」と断りがあり・・・
f0036857_19392247.jpg

こんな形で出てきます。
f0036857_19394038.jpg

ピントが上手くいってなかったですね、残念。
でもその美味しさは伝わるかと・・・。
f0036857_19395837.jpg

蟹味噌は濃厚で芳醇、あぁ、もっと食べたい・・・です。
f0036857_19403090.jpg

蟹はこの「食べ足らなさ」も良いのかな?
メインの次は蟹味噌掛け炒飯か蟹味噌掛け担担麺かの選択で、僕は前者を。
f0036857_194055100.jpg

薬味が美味しく、唐辛子も入れると激辛に・・・。
f0036857_19411876.jpg

で、上海蟹ですけど、前にも書いたように旬は秋から冬。
「九円十尖」という言葉がある通り、お腹が丸い雌の食べごろは旧暦9月(太陽暦の10月)、お腹が尖った雄の食べごろは旧暦の11月(太陽暦の12月)とされています。
これは雌の卵に比べ、雄の白子が美味しいため、白子が詰まってくる頃に人気が高まるためだそうです。
ではこの蟹は雄?雌?。
f0036857_19413333.jpg

それはひっくり返して、お腹を見てみると分かります。
f0036857_19415381.jpg

まさに「九円十尖」、雌のお腹は丸く、雄のお腹は三角形になっています。
ということは、これは雄。
縛ってあるので、少し分かりにくいかもしれませんが。
f0036857_19421454.jpg

ではこれは?
f0036857_19423026.jpg

ひっくり返してみるとお腹は丸く、こちらは雌となります
f0036857_194256100.jpg

最後に蟹小龍包、これも蟹~~っがじゅわ~っと・・・。
f0036857_19432069.jpg

デザートは楊枝甘露。
f0036857_1943462.jpg

これはね、香港辺りの名店と比べると・・・。
最後の最後にフルーツが出て、このコースは終了です。
f0036857_1944126.jpg

思ったより美味し料理が並び、値段はランチにしてはやや豪華でしたが、僕は満足。
大きくなったお腹をさすりながら、歩いて「パークハイアット上海に」に戻り、チェックアウトの用意をします。
by shackinbaby | 2017-01-18 08:00 | 旅行 | Comments(2)
Commented by bercy at 2017-01-18 12:38 x
高級なだけあって、蟹は剥いてくれて食べ易そうですね。ダイオキシンについてはお店は何か言っていましたか?
Commented by shackinbaby at 2017-01-18 18:55
>bercyさん
僕が過去食べた店はどこもこういう形できれいに解体されて出てくるか、専門のスタッフがテーブルサイドで解体してくれました。
もし蒸し蟹と鋏だけ出てきたら、不器用な僕等、もうパニックでしょう。
食べたいのに上手く食べられなくて・・・。
ダイオキシンうんぬんは聞いていませんが、たぶん言葉の問題で答えはもらえないかも・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 噂・・・だと思うけど 数分で予約完了@年末年始の上海... >>