大阪ランチ (3) はがくれ
大阪最後の日のランチは阪急三番街ではなくて、4棟ある巨大ビル「駅前ビル」のうちの「駅前第3ビル」地下2階にあるうどんの人気店に・・・。
f0036857_19164970.jpg

「はがくれ」という店で、ここも僕が3日間を共にした大阪ジモティの彼お奨めの店。
「うどんは讃岐うどん系ですけど、大将がこてこての大阪人で、TVでも有名人なんですよ」と・・・。
で、でも、僕、ここに来たことあります。
もう10年くらい前。
あの時の印象がとても良かったので、そんなことは彼に言わず、知らなかったふりをしておきました(せっかく案内してくれた彼に悪いし・・・)。
僕が以前来た時のような行列はなく、でも店内は常に満席。
f0036857_19171314.jpg

狭い狭い鰻の寝床のような店を女将さんが最高に上手に差配、カウンターの中にはいましたいました、昔からの有名人の大将が僕の記憶通りの姿で・・・。
f0036857_1917269.jpg

僕は過去この店についてこう書いています。

この店、大将がとにかくユニークで、うどんの食べ方にメチャクチャうるさい(笑)。
大将の言う通り(たとえば、釜たまうどんなどは、卵の混ぜ方はこうしろ、麺は2本づつつまんで空高く上げて、一気にすすり混め・・・とか)にしないと、店を追い出されそうな雰囲気。
でも怖~~い求道的な店と感じないのは、ひとえに大将の大阪人ならではのユーモアのセンスと温かみのあるお人柄ゆえ。
奥さん?の接客振りもプロ中のプロです。
で、肝心のうどん、これはとにかく美味しいです。


今回の僕の注文はこの店のスペシャリティ、生醤油うどん(600円)というもの。
丼の中にはうどん、すだち、大根おろしと葱だけです。
大将は「オッチャンが全部やったろか?」というので、お任せ。
f0036857_19173618.jpg

「絶対に混ぜたらあかん。2本づつ上に高く上げて、一気にすすり込んでや」と、昔通りの食べ方指南を・・・。
その通り食べると、確かに美味しい。
f0036857_1917527.jpg

うどんがつるつるで、本当にのど越しが良い、これは癖になりそうなうどんですね。
you tubeに映像があったので、参考までに、まさにこの通りでしたよ。



ただ僕はこれだけではお腹一杯にならなかったので、帰りの伊丹空港でまた「551宝来」のぶた饅を買い、JALのラウンジで焼きカレーパンを2個も食べてしまいました。
これはカード・ラウンジの「ラウンジ・オーサカ」からの写真。
f0036857_1313944.jpg

最後に飛行機の窓の中からの大阪市街地の夜景です。
f0036857_13134121.jpg

by shackinbaby | 2017-01-30 00:01 | グルメ | Comments(2)
Commented by はな at 2017-01-30 12:58 x
やはりここでしたか!うどんは刺身の
たしかダブルでも同料金のはずです
接客は好き好き分かれますが、いまだに店頭に出て采配をふるってる大将は
さすがだと思いますよ

とくに女性がお好きなようで絡む絡む(笑)
梅田の地下街は複雑なので、女性が聞けば店を出て駅まで案内することも

外国人の方も多かったでしょう
だいぶ前ですが、女性観光客が生醤油うどんを3人でシェアしたいという
非常識な注文にも「しゃーないなー、今回だけやで」と・・・
もちろん周囲は苦笑してました
Commented by shackinbaby at 2017-01-30 18:22
>はなさん
わ、そうでしたか、無料でダブルにもできるのですか?
そうなら僕はそれをお願いしたかったですが、あのくらいの量の方が飽きずに美味しく食べられるのかもしれません。
同好者は天麩羅を入れたぶっかけなんてのを食べていました。
オッチャンはたしかに女性には優しいですね。
僕の時は見た目の印象で3分の1くらいがアジア系の外国人だったようです。
本みやけも外国の方が結構いましたね。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... 大阪ランチ (2) グリル・ロン >>