世界最長路線、カタール航空のドーハ・オークランド線
世界最長路線としてカタール航空のドーハ・オークランド(ニュージーランド)線がこのほど就航、ボーイング777-200LR機で9032マイル(14535㎞)を17時間45分かけてデイリー運行するとのことです。
その初便のレポートを見ましたが、実際の飛行時間は16時間23分。
興味深かったのが

There were four pilots on board, as well as 15 cabin crew who served 1,100 cups of tea and coffee, 2,000 cold drinks and 1,036 meals during the flight.

という記述でしたね。
1036食分のストックもすごいですが、特に知りたいのはクルーの勤務体制、パイロットの4人は分かりますが、アテンダントが15人というのは以外に少ない?
あとエコノミークラスは3-3-3のアブレストですが、その真ん中席なんてなっちゃうと、16~7時間は相当きつそうだなぁ・・・とか。



↑はオークランド空港到着時、ウォーター・キャノンで迎えられる映像。
↓は同型機で成田を出発した人の空港~機内(エコノミークラス)の様子です


by shackinbaby | 2017-02-08 00:04 | 旅行 | Comments(4)
Commented by Jun@HND at 2017-02-08 09:07 x
これ777-200のLRなのでファーストクラスが無いのですね。ビジネスはゆったり42席のみで、残りはエコノミーと。
ならばアテンダント15人で回せそうですね。
配膳の時間以外は半分ずつクルー・バンクで休憩できますので、むしろ9時間くらいの路線よりゆっくり休めるかも。
Commented by shackinbaby at 2017-02-08 19:44
>Junさん
ファーストがなければ、15人でも大丈夫なんですね。
アテンダントの数はIATAの決まりで(ドアの数は別にすると)50席に対して1人(以上)でしたっけ・・・。
座席数から言えば、これで充分なんでしょうが、何せ長時間フライトなので。
でもJunさんがおっしゃるように、その長時間フライトが逆にアテンダントをゆっくり休ませてあげられるのですね、なるほど・・・。
で、クルーの皆さんこういうフライトは乗りたいものなんでしょうか、それともできれば避けたい?

Commented by さんだーばーど at 2017-02-09 00:35 x
成田線と同じなら、ビジネスは2-2-2のやつですよね。食事2回にエニイタイムのように、ということで3回ですかね。
QRのクルー、(よく言えば)適宜上手にお座りして休憩取っていらっしゃるみたいですよ(笑)
そう言えば、先日のフライトは日本人の方がフライト責任者でした。びっくりしたのでお話をうかがうと日本人では3人いらっしゃるそうです。エコのチーフできる方はそこそこの人数いらっしゃるそうです。
Commented by shackinbaby at 2017-02-09 09:31
>さんだーばーどさん
そうだ、カタール航空といえばさんだーばーどさんですね。
この路線、乗られないんですか?
キャセイパシフィックでは複数回日本人がインフライトマネージャーの路線に乗ったことがあります。
皆さん、結構堂々とされた方で、いかにも・・・な方でしたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< ジェットスタージャパンの「フレ... 羽田空港のJAL国際線ファース... >>