「エア・ドゥ」、「ソラシドエア」と「スターフライヤー」の機内スープ人気投票
えっ、こんなキャンペーンがと、ちょっとびっくりの共同キャンペーン。
「エア・ドゥ」、「ソラシドエア」、そして「スターフライヤー」の3社によるもので、各社が機内で販売しているスープの人気投票をしようという企画で、どのスープを飲んでみたいかを利用者に投票してもらい、順位を決めようというものだと・・・。
対象となるのは、エア・ドゥが「じゃがバタースープ」、ソラシドが「ソラシドソラスープ」、スターフライヤーが「オニオンスープ」。
f0036857_23264948.jpg

3月24日まで各社の特設ページで投票を受け付けるそうで、例えば「エア・ドゥ」はここ

     http://www.airdo.jp/information/soladostar/index.html

です。
賞品は各社1組に往復ペア航空券などいろいろ。
面白いキャンペーンと思いましたが、それぞれの味がどうにも想像つかなくて、どう投票したら良いかちょっと・・・。
僕は知りませんでしたが、この3社、マイルやポイントを特典航空券に交換するキャンペーンもやってるんですね。
by shackinbaby | 2017-02-28 00:02 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2017-02-28 09:38 x
三社共にANAの影響下にあるのでこんな企画ができたのかも?
次はピーチも入ったりして・・・。
スカイマークは今までの流れからやらないでしょうね(笑)。
Commented by shackinbaby at 2017-02-28 13:03
>momoさん
スゴイですよねぇ、ANA。
全部に息がかかってるし、ピーチ、バニラ、スカイマークも・・・と考えると、ANAの勢力は本当に巨大。
これはJALがこれからいくら頑張っても勢力図をひっくり返すのは難しそうですね。
Commented by kitakitune at 2017-02-28 15:26 x
ANAの息がかかっている会社が、今は多くても。
私は、スカイマークが再建終了した時、買収競争になると、思います。スカイマークはシステム統合や共同運行も拒否していて、時間稼いで、その間に再建を成し遂げ、1円でも高いところに売ろうとしているのでは。ANAは20%程度の出資。他の出資者のスカイマーク株をJALが買えば、あっという間にひっくり返りますよ。ANAには、常に厳しい現状認識と、挑戦者としての攻めの一手で臨んでほしいものです。JALは大韓航空と提携したりして、戦略をすすめて努力しているように感じます。
Commented by momo at 2017-02-28 15:29 x
世界にはもっと上がいますよ。
それはルフトハンザです。
ドイツ、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、ベルギーのフラッグキャリアが何らかの形でルフトハンザの支配下です。
世界最大の機内食ケータリング会社、航空機整備会社も持ってます。
日系エアラインはまだまだです(笑)。

Commented by shackinbaby at 2017-02-28 18:55
>kitakituneさん
大韓航空はいまデルタ航空と急速に近づきつつあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-96123878-bloom_st-bus_all
ここでいう「合弁事業」って?
コードシェアはもうしてますから、もしかして新会社設立?
Commented by shackinbaby at 2017-02-28 18:55
>momoさん
そうでしたね、ルフトハンザ・グループがありましたね。
オーストラリア航空が成田から撤退しても、スイス国際航空が残ってるし、同じルフトハンザ・グループなんだから、ま、いいっかぁと・・・。
Commented by kitakitune at 2017-02-28 20:07 x
韓進財閥の韓進海運の経営が傾いたせいか、大韓航空もLCCとの競合激化か、経営的に厳しいのでしょうね。「合弁事業」ってかなりドラスティックなことだと、デルタによる大韓航空への資本参加とかはどうでしょうか?大韓航空は日本の地方都市にも就航していますが、羽田のハブ化と相舞ってANAやJALも負けず互いに切磋琢磨して、日本の航空会社として頑張ってもらいたいです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-01 08:04
>kitakituneさん
英語の元記事だと
Korean Air Lines Co. is in talks with Delta Air Lines Inc. for a joint venture in a move that would give the second-largest U.S. carrier a bigger foothold in Asia where rising incomes are fueling a boom in air travel.
ですから、ジョイントベンチャーを巡り協議中ということですかね。
両社が合意すれば、太平洋路線で占めるシェアは約14%になるとのこと、同路線のシェアはいまのところANAとユナイテッド・コンチネンタル航空連合が15%、JALとアメリカン航空連合が10%。
さぁ、果たしてどうなりますか。
名前
URL
削除用パスワード


<< 中華食べ放題に挑戦@ヒルトン東京ベイ reduced rates 1... >>