そうだ京都行こう~無料宿泊@ハイアットリージェンシー京都 (5)
ハイアットからもらった1泊分のfree night awardで泊まった「ハイアットリージェンシー京都」。
昼間は日差しもあり、だいぶ暖かかったのですが、さすがに朝晩の気温はまだまだ低く、僕らの京都2日目はきりっとした冷たい空気の中で始まりました。
f0036857_2219678.jpg

ホテル玄関の外には、誰でもいただけるコーヒーなどが・・・。
こうした朝のコーヒー・サービスはロビーで行われているところがほとんどで、外で・・・というのは珍しいと思います。
f0036857_22193137.jpg

このホテルの朝食は、ロビー奥の「ザ・グリル」で朝6時半から始まります。
f0036857_2219545.jpg

洋食のバフェか和朝食。
有償で食べると3000円++のようです。
f0036857_22201067.jpg

それが2人分無料でいただけるので、ハイアットのメンバーシップは本当に有難いのですが、そのハイアットとも近々さよならしようとしています(残念ですが)。
f0036857_22202334.jpg

席は普通のテーブルの他に、カウンター・テーブルのようなところも・・・。
f0036857_22213765.jpg

僕らは窓際の席に案内され、奥さんは洋食、僕は和定食を頼みました。
f0036857_22205896.jpg

窓の下には石庭風のガーデン、僕らの部屋の窓も見えています。
ガラスがとても良く拭かれていて、とてもきれいだったのは〇です。
f0036857_22211769.jpg

洋食の方のバフェ・テーブルを見てみましょうか。
f0036857_22204167.jpg

出ているものを大体写しておきました。
f0036857_22222132.jpg

少し写真が暗いですが、右上に見える巨大なブロックから切り出すハムが、バフェのメインのようでした。
f0036857_22224434.jpg
f0036857_22225990.jpg
f0036857_22231875.jpg

f0036857_22234212.jpg

和朝食は注文してから15分ほどかかるということで、その間ここのジュース類と・・・
f0036857_2224062.jpg

このフルーツは食べて良いと言われます。
f0036857_22241924.jpg

で、和朝食。
これはここのキッチンで作っているのではなく、地下1階にある「東山」製とのことで、たぶん厨房も別なのでしょう。
例えばご飯の代わり一つにしても、持って来るまで時間がかかりますから。
f0036857_22243560.jpg

全体的には東京のホテルの和朝食よりは上かも(京都という先入観?)。
f0036857_22245666.jpg

魚は西京焼き、右側の白い液体は豆乳、壬生菜も季節のものですね。
f0036857_22251225.jpg
f0036857_22253077.jpg

朝食の後は早速行動開始、ホテルから歩いて6~7分の京阪七条駅を目指します。
by shackinbaby | 2017-03-11 00:00 | ホテル | Comments(10)
Commented by kitakitune at 2017-03-10 22:39 x
外でコーヒーお洒落ですね。グラスや食べ物、並べ方が綺麗。和食、充実してて、美味しそうですね。ホテルのこだわり、力の入れ具合を画像から感じます。どこにでもあるホテルではなく、清潔でお洒落で味がある感じが伝わってきます。
Commented by Jun at 2017-03-10 22:52 x
外のコーヒーは待機のタクシーの運転手さんにも人気ですよね。
Commented by shackinbaby at 2017-03-10 23:18
>kitakituneさん
ハイアットのディスプレイはどこもヒルトンよりずっとスマートでスタイリッシュですよ。
こだわりを持っている感じです。
ハイアットはどのサブ・ブランドもヒルトン(のような大衆ホテル)のちょっと上を狙っているようです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-10 23:19
>Junさん
これはタクシー運転手もOKなのですか?
僕はてっきり、朝、外をジョギングする人用のドリンク、これから出かける人のタクシー内でのドリンク・・・こんなところだけを想定していると思ってました。
というのはあのホテルはタクシーは呼ばないと玄関前には来ないので、タクシーの待機場所からコーヒーの場所までは少し距離があるし・・・。
Commented by kitakitune at 2017-03-10 23:57 x
西京焼、美味しそうです。やわらかいですか?一緒に入ってるのは、玉子ですか?
あと気になったのは、西京焼の右となりの、小鉢の魚は、秋刀魚ですか?豆腐も美味しいでしょうね。
和食好きなので、気に入りまして、すいません(笑)。
泊まってみたいですが、ヒルトン系に悪いような気がして(笑)。会員プログラムもお得感なくなったようですし。
Commented by shackinbaby at 2017-03-11 00:44
>kitakituneさん
半熟黄身とろとろの燻製卵です。
小鉢の中は鰊と茄子の煮物、これは普通京都の夏の定番のような気もするのですが。
茄子の包丁の入れ方がきれいでした。
Commented by kitakitune at 2017-03-11 01:05 x
玉子の色見て、美味しそうでした。
なるほど、鰊、旬ですね。今、小樽でも、とれています。今、小樽はじめ、鰊のとれる地方では、群来(くき)という現象で海面の色が変化します。
さらに、京都の手間をかけた和食さぞかし、美味しいことでしょう。行きたいのは、山々ですが、軍資金使いすぎてます。すすきのも行くので(笑)。
Commented by shackinbaby at 2017-03-11 12:22
>kitakituneさん
群来(くき)という言葉、思わずググっちゃいました。
写真も見ました。
これは北の海の春の訪れなのでしょうか。
Commented by kitakitune at 2017-03-11 16:37 x
北の海の春の訪れ、プラス、資源回復の兆しでもあって。(函館の近くの)江差町では104年ぶりの群来(くき)で、期待が高まっているようです。北海道の日本海沿岸は、かつて鰊漁で栄えて、小樽には鰊御殿があります。資源回復だけではなく、魚種交替なのかもしれません。これから、小樽では、春から夏にかけて「鰊」、「蝦蛄」、冬は「柳の舞」と季節折々の水揚げがあります。残念ながら、ヒルトン小樽はなくなりましたが(笑)。
和食は、素材から季節、産地等色々思いをめぐらせることができて、いいです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-11 23:42
>kitakituneさん
ヒルトン小樽は行ったことがあります。
とても良くしていただいた記憶です。
その当時ももう中国の人が多かったですね、小樽。
鰊御殿なども見に行きました。
僕らは小樽といえば寿司より鶏の「なると」ですね、懐かしい・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 宿泊予約転売サイトってどうでしょう 大阪に出来る「星野リゾート」の... >>