宿泊予約転売サイトってどうでしょう
皆さんは「CANSELL」というサイトをお使いになったことはありますか?

     https://cansell.jp/

このサイトはキャンセルしたい宿泊予約を転売しようという人とそれを買いたい人との仲介サイト。
最近のフリマ・アプリの「メルカリ」や、チケット売買サイトの「チケットキャンプ」のような、2次流通市場の一つです。
転売の流れとしては、まず宿泊予約を出品者が自分で価格を決めて出品、売買が成立すると、販売価格から手数料15%を引いた金額が、出品者に支払われる仕組みのよう。
たとえば、1泊6万円のホテルをキャンセルし、50%のキャンセル料がかかる場合、宿泊者の負担額は3万円になります。
しかしこのサイトに5万円で出品し(元の宿泊料以上の価格は設定出来ない仕組み、高額転売防止)、売買が成立すれば、5万円から15%の手数料を差し引いた42500円が支払われ、普通にキャンセルするより、12500円損を軽減できるという流れです。
対応しているのは、予約者の名義変更を受け付けていない一部のホテルと、現地払いのケースを除き、国内ほぼすべてのホテルや旅館とのことですが、実際にサイトを覗いてみると、まだそう取引数は多くないようです。
今日現在ではヒルトン東京お台場などが出品されていました。
で、このサービスって法的にはどうなんでしょう?
「全国のホテルや旅館で使われている『モデル宿泊約款』には、禁止規定がないので、宿泊権利を包含する契約上の地位の譲渡として、宿泊施設の同意があれば、譲渡は可能」が法的な考え方なんだそうです。
海外には同様のサービスがすでにありますが、このサービスがこれからどんどんポピュラーになってきたとき、ホテル側の対応が変わってくるかもしれないし、流れに負けてホテル側の許容度も広がって行くのかもしれません。
いずれにしても注目したいサービスです。
by shackinbaby | 2017-03-11 00:01 | ホテル | Comments(2)
Commented by kitakitune at 2017-03-11 17:38 x
以前にこのサイトどうかなって、検討したのですが、価格的にそんなに安くないと思いました。
ヒルトンならHPCJ等たの割引より安くないと、検討の俎上に載らない気がします。
APで予約したなら、全額キャンセル料とられるのであれば、せめて予約時の半額でなければ。
宿泊者の変更やホテル会員プログラムの利用者の可否等のリスクを考えてもどうかと。
Commented by shackinbaby at 2017-03-11 23:43
>kitakituneさん
今現在は魅力的なものはあまり見つかりませんが、もっとポピュラーなサイトになって、取扱い数が増えてくれば・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< HPCJのバースデイケーキプレ... そうだ京都行こう~無料宿泊@ハ... >>