そうだ京都行こう (10) 錦市場
僕らの泊まった「ハイアットリージェンシー京都」はメンバーシップのおかげで午後4時のレイト・チェックアウトが可能。
「将軍塚青龍殿」でゆっくりして帰ってきても、まだまだ時間があります。
そこでこれまではホテルの近く、空いているところを中心に回ってきましたが、今度は奥さんの希望で京都の台所と言われている(?)錦市場に行ってみることにしました。
f0036857_23262174.jpg


     http://kyoto-nishiki.or.jp/about.html

f0036857_23424497.png

本当に狭い通りの両側にびっしりとお店が・・・。
そこは半分はアジア系の観光客と思しき人がキャリーケースなどを転がしながらひしめき、とにかく旺盛な購買意欲と、商人魂が熱くぶつかって、実に見た目活気のあるところでした。
f0036857_23264216.jpg

でも京都の人の台所といったようなイメージはあまりなく、観光客用の飲食店街という風に・・・。
f0036857_2331597.jpg

奥さんによると値段もやや高めかも・・・と。
↑の店には漬物アフタヌーンティーなんてメニューもあり、覗いたところ満席の盛況でした。
f0036857_2327230.jpg

朝はしっかり食べたし、10時のおやつに豆餅も食べたので、そうお腹が減っているという訳でもないのですが、両側にこれだけ飲食店が並んでいると、ここで何か食べたい・・・。
ネットで見つけていたチョコレートコロッケ(!)の店は閉まっていたし、どこにしようとうろうろしていると、このオジさんと眼が合ってしまいました。
f0036857_23272296.jpg

牡蠣専門の店でオジさんはもうここで50年も牡蠣を剥いていると・・・。
f0036857_23273894.jpg

感じが良かったので食べていこうと奥に入ると、奥に広い店。
僕らが知らなかっただけで、かなりな人気店のようです。
f0036857_23275244.jpg

牡蠣のメニューとお酒がいろいろあって、ワインと一緒に牡蠣を食べている人が多く、客単価はかなり高そうな店。
生牡蠣はマルエモンで1個670円でした。
f0036857_2328838.jpg

焼き牡蠣は2個で600円。
f0036857_23282292.jpg

共に悪くない牡蠣でしたが、奥さん曰く「京都で牡蠣を食べなくてもねぇ」と。
そりゃ、そうです。
でもそう考えると、なかなか食べるものが決まりません。
なお牡蠣の店はレシートに「牡蠣屋 錦だいやす」と店名がありました。
結局、僕らはこの2軒の並ぶ店に分かれて入り、一休みすることに。
奥さんは左の「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」でケーキとお茶を、僕は右の「富美家」という老舗でうどんを・・・。
f0036857_23283757.jpg

残念ながら奥さんの方の写真はないのですが、なかなか美味しいケーキばかりだったと・・・。
僕の方は錦市場から場所を変えて最近リニューアル・オープンしたという店で、とてもきれいでモダンな内装の店でした。
(以前の場所は同系のバウムクーヘン屋に・・・)
f0036857_23285665.jpg

ここはホテルのコンシェルジュに教えてもらい、彼女曰く「一番京都らしいおうどんの店だと思います」と。
それに彼女、にこっとしながら「それにお値段もリーズナブルですし」と付け加えてくれます。
ぎくっ、僕らの財布状況を見破られたか(笑)。
f0036857_23291341.jpg

この店にはいろいろなうどんと甘味のメニューがありますが、一番人気は富美家鍋(670円!)という鍋焼きうどんとのこと、もちろん僕の注文もそれにしてみます。
f0036857_23293789.jpg

運ばれてきたのはものすごくぐつぐつ煮立った土鍋、鼻をくすぐる甘めの出汁の香り・・・。
具材は、海老天、小さな餅2個、椎茸、蒲鉾、花麩、生麩、葱、卵。
ここでが出汁が主役なんでしょう、衣を以上に厚く揚げた海老天がその出汁を吸って庶民的美味、海老が完全に脇役です。
熱々のうどんを食べて体が温まった後は、奥さんと合流、お互いの店の話などしながら、更にぶらぶら歩きし、午後4時のチェックアウトに合わせ、ホテルに戻りました。
f0036857_23295229.jpg

この後は、今回の京都行きのハイライト、先輩でもある長年の友人ご夫婦と祇園のステーキ屋で食事。
夜遅い新幹線で帰宅の途に就きました。
ステーキ屋は美味しかったですが、値段を聞いてびっくり、高過ぎです。
有名なカツサンドをテイクアウトしようと喉まで出かかりましたが、16000円以上という値段には、奥さんの目が許してくれませんでした。
それでも今回の京都旅行、1日半にしては夫婦ともども良く動き、良く食べました。
桜の時期など観光に適したシーズンではありませんでしたが、僕らとしては満足のゆく旅行となりました。
by shackinbaby | 2017-03-16 00:04 | 旅行 | Comments(24)
Commented by kitakitune at 2017-03-15 22:20 x
マルエモン、でかいって感じですね。美味しいそうですね。
私は、数年前に職場の送別会で牡蠣ノロで死ぬ思い(笑)を以来、生では食べません。火を通したもの限定にしてます。
うどん、体、温まりそうですね。この日は気温もそんなに低くなかったのですかね。
カツサンド16,000円、それは美味しいのでしょうけど、やっぱり、高い。私は、まい泉くらいが丁度いいかと思います。京都連載、画像に記事、とても充実していて、分かりやすくてよかったです。参考になりました。
Commented by nagi at 2017-03-15 23:04 x
マルエモン、美味しいですけれど670円!!
厚岸で漁師さんから直接交渉すれば単価は1/5以下ですけれど、しょうがないですよね。
個人的にはカキエモンのほうが好きですがなかなか完全養殖は難しいらしいですね。

年間最低50個は牡蠣を食べている気がしますが(そのうち2/3は生牡蠣な気がする)いまだノロに当たったことがないです。
先日もバンコクのホワイクアンの海鮮のお店でオースワンをモリモリ食べていたんですが(^_^;;;;
(や、なんだかんだでホワイクアンのような下町で生ぬるい気温の中でいろんな部位が入ったラープムーを食べていると「タイー!!」って感じがして大好きです)

錦市場は実は鱧を焼いたやつとか買い食いするのが好きです(^_^;;;;
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 00:06
>kitakituneさん
マルエモンは大きく立派なものでしたよ。
値段も北海道に比べたら立派ですが・・・。
この店の店頭には「体調が悪い時には食べないでください」(性格じゃないですが)なんて紙が貼ってありました。
「体調の悪い時」は免疫力が落ちるから注意ということなんでしょうかね。
ノロ、腸炎ビブリオの他に、貝毒なんてのもありましたね。
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 00:08
>nagiさん
ホワイクワン、良いですねぇ、ローカルですねぇ、通ですねぇ。
僕のあの辺りの安ホテルに泊まった時(スイソテル)、ホワイクアンの夜市などディープに楽しみました。
海鮮屋はたくさんありましたね。
あぁ、タイ、行きたい・・・。
Commented by kitakitune at 2017-03-16 08:23 x
>nagiさん、shackinbabyさん
牡蠣にもお詳しいですね。個人的には、厚岸は牡蠣祭の時がいいかなと、あと、佐呂間の牡蠣、美味しいと思います。北海道にいると地物が多く、宮城や安芸の牡蠣は、あまり食べる機会がないです。
カキエモン(柿右衛門)って、陶器かと思いました(笑)。
牡蠣はホントあたると、すごいですよ。上から下から、しかも同時、移るし。私は、空知の某市の居酒屋であたり、以来生は食べないでいたら、その時は送別会で50人中30人があたりました。昨年の新年会で小樽のある程度名の通った寿司屋で出てきた牡蠣で、うちの職場200人いるのですが、60人がノロになり、3日間職場機能が停止してしまいました。私は、食べずセーフでした。しかし、私の牡蠣を食べた隣席に座った若者は、見事的中でした。やめとけと言ったのに、どうしても欲しいと言うので。発症状況をみると、若者の方が発症が早く重いです。年齢層が高くなると罹患すれど、症状軽い人がおおかったです。その影響で今年は、小樽での新年会中止です(笑)。
生牡蠣は大勢の宴会では、やめたほうがいいです。
人数が多いと事前の作りおき、盛って並べたあとの保冷保管等が困難だったり、個人とは違い、大量発生し影響が大きいので。ですが、場所も人も変わると、幹事もトップも代わり、その時の趣向で失敗を繰り返してます(笑)。
牡蠣自体は好きなのですが、残念ですが、リスクに勝てず、専ら、加熱か、酢のものです。
あと、私はあたっていないですが、生サーモンもあたる人もいるようですが、寄生虫ですね。昔、森繁久彌がなったと、テレビで見た記憶があります。サーモンは、私は、なったことがないので、美味しくいただきます。生物は、何でもリスクあります。すす○のでも、極たまに実感してしまいました(笑)。
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 09:16
>kitakituneさん
牡蠣についてのご体験、詳しく有難うございます。
なかなかすごい体験をなさいましたね。
僕はたまたまそういうことがなく、その時々で美味しくいただいています。
牡蠣、あたらないためには・・・でググってみましたが、一般知的な知識だけで、なるほどと思うようなものは出てきませんでした。
Commented by マンゴペン at 2017-03-16 09:49 x
16,000円オーバーのカツサンドご馳走になったことあります。
おいしかったですが、もし自分でこの金額出すなら他のものを食べたいなぁ〜志津屋のカルネ(大好きなんです)なら90個も買えるなぁ〜という感じでした。
Commented by nagi at 2017-03-16 12:28 x
ノロウイルスは牡蠣の中では増殖しないので鮮度は関係ないです(人間の体内でしか増殖しません)。
全てのノロウイルスは人由来です。
なので、ノロウイルスに感染した人が養殖した海に流込む川の上流に住んでいると…

また、厚岸の牡蠣は生食用は紫外線殺菌した海水を循環させてノロウイルスを体内から排出させてます。
この方法を施した牡蠣からはノロウイルスが検知されないので今では全国殆どの生食用と印された牡蠣はこの処理をされています。
加熱用と生食用の差は処理をするかしないかなので、鮮度が良くても加熱用の牡蠣はノロウイルスのリスクがあります。

ただ、牡蠣だけじゃなくて先日給食に使われた海苔からもでてますからね(これはウィルスの保持者が作業していたため)。
上記生食用と加熱用の違いを知らずに鮮度で判断して感染するケースが大変におおいです。

あ、厚岸は人口が少なすぎるのでw
牡蠣のノロのリスクは少ないと思います。
Commented by たにとも at 2017-03-16 17:39 x
オ・グルニエ・ドールは京都に行くと大抵寄って帰ります。
カフェの方ではなくテイクアウトの方のお店。
焼き菓子が私の好みなのです。
タルトを何種類か購入して、家でゆっくり頂く。と言うのが
たにとも流です。
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 17:47
>マンゴペンさん
あぁ、食べたかったです。
でも奥さんの眼が怖くて・・・(笑)。
でもまたいつかの機会にとっておきます。
いざとなればあの店、銀座にもありますし


Commented by shackinbaby at 2017-03-16 17:48
>nagiさん
詳しく有難うございます。
良く理解できました。
「鮮度が良くても加熱用の牡蠣はノロウイルスのリスクがあり」、「生食用と加熱用の違いを知らずに鮮度で判断して感染するケースが大変におおい」のですね。肝に銘じておきます。

Commented by shackinbaby at 2017-03-16 17:49
>たにともさん
うちの奥さんも、美味しいし、京都の雰囲気たっぷりで、混んではいたけれど、楽しめたと言っていました。
焼き菓子も美味しいのですね。
次回(といっても近々あるかどうか)は僕もうどんじゃなくて、こちらにしましょう。
Commented by NK at 2017-03-16 18:33 x
さらっとお互いに別の店に入っていけるご夫婦はとても素敵だと思います

Sofitel Legend泊まってきました本館の方です
ハードは言うことないのですが首都随一の高級ホテルにしてはお粗末なサービススキルの方がちらほらと。。。
気づいた点はフィードバックすることにしました

宿泊者向けの防空壕見学ツアーは借金様もお好きと思います
Joan Baezというアメリカのフォークシンガーがアメリカ軍の爆撃の音やサイレンの中でホテルでピアノ一本で録音した音源があって、
実際に防空壕の中で聴けるのです
爆音とピアノと歌声のコントラストに思わず涙してしまいました

撮ったお写真を載せていただけたらとも思ったのですが
ホテル側もプライベートにしたいかなと
今度ぜひお泊まりください
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 18:58
>NKさん
ハノイからお帰りなさい。
宿泊者だけの防空壕ツアー、そんなのがあるんですね。
しかもそこでジョーン・バエズの秘蔵音源が聞けるとは・・・。
僕らの年代にはジョーン・バエズは反戦をメインにしたフォークソングの女王、ピーターポール&マリーなどのソフト路線とは違う、気骨のあるシンガーとして、超有名でした。
ハノイは街歩きをしてのなかなか楽しいところなので、チャンスがあれば、また行きたい街の一つです。
どうぞ旅のお疲れが出ませんように。
またどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by NK at 2017-03-16 21:57 x
さすが博識ですねお見それしました
自分はウィキペディアの力を借りてしまいました
ヒルトンガーデンインから徒歩3分のオバマブンチャーも美味でしたのでオススメです

この時期の京都のレポありがとうございました
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 22:24
>NKさん
いえいえ、ただ年なだけです。
ブンチャー、美味しいですよね。
オバマブンチャーのオバマはアメリカ大統領の?
ということはもうすぐトランプ・ブンチャーに名前変更でしょうか?(笑)
Commented by HK at 2017-03-16 22:31 x
一昨日の夕食は我が家でスガキヤの八丁味噌煮込みうどん、今夜はミックス味噌で牡蠣鍋でした。
牡蠣のノロウィルスのお話は、とても勉強になりました。
生食用の処理は、世界中でされているのでしょうか。
海外で美味しそうな牡蠣を見つけても、当たるのが怖くて一度も食べたことがありません。
Commented by NK at 2017-03-16 22:58 x
はい、去年の大統領在任中にハノイを公式訪問した際に超大衆食堂のブンチャー屋に訪問したようで
地元とアメリカのメディアでだいぶ話題になったようです

その店でオバマコンボと頼むとブンチャーと揚げ春巻きとビールのセットが85000ドンで出てきますよ
人生初のブンチャーでしたが肉の風味がスープに溶け出していてビックリするくらい美味しかったです
ソフィテルのスパイスガーデンでは値段が確か8倍でしたがオバマブンチャーの方が良かったです。。。

obama hanoi noodleでググるとすぐに記事がヒットします
次回どうぞいらしてみてください
Commented by nagi at 2017-03-16 23:15 x
ノロウィルスはエンベロープを持たないのでアルコールで不活性化できないんですよね。
塩素にも耐性があるので厄介です。

牡蠣は…結構あちこちで食べていますが、処理されているかはわかりません(^_^;;;;
印象的だったのはニューオーリンズの淡水のような海の味が薄い牡蠣と、ボウモワオイスターでしょうか。

流石にタイの下町で生牡蠣を食べる勇気はないです(って、生のサワガニを食べたけれど)
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 23:17
>HKさん
おぉ、スガキヤ、名古屋人御用達ブランドですね。
関東に住む人間でもたいてい知ってますが、スガキヤ、正式には「寿がきや」って書くのはいま初めて知りました。
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 23:18
>NKさん
詳しくお教えいただいて有難うございます。
ガーデンインも便利な場所に建ってますよね、リーズナブル出し、部屋はまだきれいだし、なかなか良い感じです。
あそこの近くなんですね、オバマ・ブンチャー。
Commented by shackinbaby at 2017-03-16 23:23
>nagiさん
僕はタイでオースワンを何回も食べてるけど、加熱してあるからでしょうか、体調を崩したことはありません。
ま、なるべく有名店、繁盛店で食べるような努力はしていますが、それだけじゃ本当のことはわからないしね。
ニューオーリンズの牡蠣は確かに美味しかったです。
牡蠣フライのサンドイッチも好きでしたね。
Commented by はな at 2017-03-17 13:16 x
確かに錦市場は観光客用ですね(大阪の黒門市場も然り)
グルニエドールも冨美家(あんみつも美味しいですよ)好きです
冨美家の商品は関西のスーパーやデパ地下でも売っているところもあるので、そちらでも取り扱いが
あるかもしれませんね

牡蠣は仕事柄リスクをさけて、なるべく火を通します(が、夫は苦手)
生なら夏の岩ガキがいちばん好きかも・・・
そういえば数年前初詣の帰り、鯖寿司で有名なお店で持ちかえりをしたのですが、〆?が浅かったらしく
夫婦してえらい目に合いました。
その後そのお店は食中毒を起こしたこともあるので、残念ですがお稲荷さんだけ買ってます。
Commented by shackinbaby at 2017-03-17 18:28
>はなさん
いつも有難うございます。
うちの奥さんはもう少し地元密着系を期待していたようで、ちょっとがっかりしていました。
それでも夫婦であちこち2時間以上は時間をつぶしましたよ。
僕らは夕食がヘビーかもと、奥さんはケーキセットだけ、僕はうどんだけにしておきましたが、夜のステーキ屋はアメリカンなヘビー級のものではなく、いかにも日本風の、でも最上級のステーキだったので、大喰らいの僕には「もうちょっと食べたいな」感が残る、でもそれは奥さんに言わせると最高だとのことですが、そんな京都2日目でした。
名前
URL
削除用パスワード


<< JALのFLY ONポイント2... シティホテルの顧客ロイヤリティ... >>