JAL、プレミアムエコノミーの当日アップグレードを値上げ
JALの国際線プレミアムエコノミークラスに空席が運航当日存在する時、エコノミークラスの乗客がアップグレードする際空港で支払う追加料金が、4月1日から多くの路線で値上げとなるようです。
アメリカ・ハワイは30000円/300USドル → 40000円/400USドル。
ヨーロッパはロンドンが30000円/210ポンド → 40000円/290ポンド (要航空旅客税)になり、パリ・フランクフルト・ヘルシンキが30000円/250ユーロ → 40000円/330ユーロに、モスクワは30000円/10000ルーブル → 35000円/18000ルーブルになるようです。
シドニーは変わらず。
アジアでは変わったところだけ記載すると、バンコクは20000円/6200バーツ、シンガポールは20000円/250シンガポール・ドル、ハノイが20000円・180USドルと倍額に、デリーは30000円/18000ルピーと1.5倍になるようです。
色々なところでジワリと値上げですねぇ。
by shackinbaby | 2017-03-24 00:02 | 旅行 | Comments(2)
Commented by kitakitune at 2017-03-23 23:45 x
早晩、ANAも追随ですね。
もっと、大きいところで勝負してほしいですが。
Commented by shackinbaby at 2017-03-24 12:22
>kitakituneさん
ANAは上級会員は無料で優先的にプレミアムエコノミーへ・・・と聞いてます。
JALではそんなことは全くないので、JALユーザーの羨ましいところなんです。
ANAもその運用の差は分かっていると思うので、どうでますかね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 羽田空港国際線ターミナルでボデ... ザ・プリンスギャラリー東京紀尾... >>