ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (6) イントゥ・ザ・ナイト
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」30階のスパ&フィットネス「KIOI」を体験した後は、館内を更に探検。
まずはレセプションと同じ最上階36階にある「ビジネスセンター」へ・・・。
f0036857_1385549.jpg

宿泊ゲストならカードキーで24時間いつでも使えるここは、広く明るく、ほとんど利用者もいないので、自由にリラックスして使えます。
f0036857_1391420.jpg

PCはMacではないので、Mac苦手の僕でもスムーズにサクサク操作が可能。
f0036857_139298.jpg

プリントアウトも30枚まで無料とクラブフロアのサービス・メニューに書かれていました。
一番奥の窓際にあるこの個室がボードミーティングルームなるものでしょうか。
f0036857_1394550.jpg

それならここもクラブフロア・ゲストは2時間、スイート利用者は4時間無料で使えるそうです。
f0036857_1310518.jpg

このホテルには「クラシックハウス」のを除くと、レストランが2か所、ラウンジが1つ、バーが1つというダイニング構成。
そのうちの1つがこの和食の「蒼天」というレストランです。
f0036857_13102488.jpg

最近の和食レストランに多い「和モダン」のインテリア。
f0036857_1310436.jpg

メニューなどを見せてもらってから、「蒼天」のある35階と36階吹き抜けの「スカイギャラリーラウンジ・レヴィータ」に行ってみます。
f0036857_1311020.jpg

これが36階から見下ろした「レヴィ―タ」。
f0036857_13111891.jpg

もちろんエレベーターでも行けますが、36階から螺旋階段で下りてゆくことも出来ます。
f0036857_13113690.jpg

「浮遊感漂う2フロア吹き抜けのカクテルラウンジ・バー」という説明がウェブにはありました。

     http://www.princehotels.co.jp/kioicho/dining/levita/

「滝」をイメージしたガラスアートに囲まれた、カクテルラウンジ・バー。
圧倒的スケール感のガラス窓からは、刻一刻と姿を変える都心

f0036857_13115737.jpg

僕の行った夕方はアフタヌーンティーを楽しむ人で、ラウンジはほぼ満席でした。

     http://www.princehotels.co.jp/kioicho/dining/levita/afternoon/

こんなもののようです、ウェブから。
f0036857_14201061.jpg

4400円+で、シャンパンのフリー・フロー付きは7000円+と・・・。
バーカウンターの方はこの時間はまだ1人2人だけ。
f0036857_13121317.jpg

でもこれが窓の外に暗闇が迫る頃にはカウンターは満席に、そして周囲のライティングもナイトモードになり、その雰囲気も一変します。
f0036857_13212979.jpg

滝のイメージのガラスアートがモダンな感じを良く出し・・・
f0036857_13214357.jpg

カウンターの向こうにはきらめく大東京の夜景。
f0036857_13221676.jpg

流れるのは軽やかなジャズ。
f0036857_1322371.jpg

夜になったらここはやはりカウンターですね。
f0036857_13225386.jpg

このホテルのアイコン的なところなので、もう少し写真を撮っておきましょう。
f0036857_1323771.jpg

f0036857_13233356.jpg

さぁ、夕方もだいぶ遅くなってきたので、午後5時から始まっているという34階クラブラウンジのカクテルタイムに行ってみます。
f0036857_13134385.jpg

ここのカクテルタイムは午後5時からと早めに始まり、オードブルは午後7時まで、カクテルタイムそのものは午後10時まで・・・。
f0036857_1314484.jpg

僕らが行ったのは午後6時頃、ラウンジはかなり込み合っていて、写真撮影はやや困難。
f0036857_13143033.jpg

それでも出されているものは大体写真に撮れたと思います。
f0036857_13145039.jpg

食事代わりになるものは少なく、本当にオードブルといったものが並んでいます。
f0036857_1315728.jpg

ゲストの数が多いので、あっという間にこうなってしまいます。
f0036857_1315257.jpg

窓の外は、昼間より更に雲が多いようで、透明度も低く、白くぼやけてしまっているのは、ここからの夜景を楽しみにしていた僕らにはかなり残念でした。
f0036857_1316837.jpg

by shackinbaby | 2017-03-27 00:02 | ホテル | Comments(6)
Commented at 2017-03-27 01:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-27 07:10
>momoさん
覚えていてくださって有難うございます。
今年は実に地味に普通通りで過ごす予定です。
特別なことはしないし、ありません。
子どもたちより早くコメントをいただき感謝です。
Commented by reward at 2017-03-27 12:35 x
レヴィータの夜景は本当にご馳走ですね。
店内のライトアップもまた過剰でない豪華さがあってなんとも素敵。
クラブラウンジはお酒もフードも数・質共に私が宿泊した時と変わらず一安心です。
これくらいのレベルを維持して貰えるとクラブフロアに泊まる意義がより高まりますね。
価格が落ち着いたらまた泊まりたいです。
クラシックハウスも行かれたのでしょうか。
Commented by はな at 2017-03-27 12:36 x
察するに・・・今日はおめでとうございます
いつも丁寧なコメントと記事、楽しく拝見しております

このホテルのラウンジ、かなりいいですね~
宿泊候補にします
定宿でいつもいただくシャンパンを拝見して嬉しくなりました
アルコール類かなり充実しているようで・笑
定宿のラウンジは客質(客層?)そして会員の対応も含め、内容はいろいろ変わって
残念な思いをすることも増えました
マネージャーも試行錯誤をしてる最中だと言ってましたが、なかなか難しいですね
Commented by shackinbaby at 2017-03-27 23:00
>rewardさん
レヴィ―タは人気ですね、昼過ぎはアフタヌーンティー、夜はバー・ラウンジとして・・・。
僕はアルコールはまるで駄目な人間ですが、カウンターに座っての酒瓶の間に見える東京の景色は大好物です。
クラシックハウスは翌日のランチにでもと考えたのですが、奥さんの意向で別のところで・・・。
なので外から見ただけで、中には入っていないんです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-27 23:01
>はなさん
有難うございます。
もう祝っていただくような年でもないのですが・・・。
ここのラウンジは景色も含めて居心地も良く、丁寧にも扱っていただけるのですが、いかんせん値段が高め。
もう少しこなれた値段になればなぁなどと思っているのですが・・・。
もしここに行かれる時には晴天がほぼ確約出来るような時期が良いですね。
とにかく景色が大きなご馳走ですから・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< JAL国際線ファーストクラスの... 今日の航空系面白話 >>