歓送迎会が一杯・・・
時期的に歓送迎会が頻回に開かれています。
デスク周囲でコーヒーカップを片手にの簡単なものから、こういう本格的なものまで・・・。
f0036857_140424.jpg

こういう形式だと、余り打ち解けてお別れできないかも・・・。
前菜は高知産フルーツトマトに詰めたずわい蟹。
f0036857_134935100.jpg

次いでクラムチャウダーのパイ包み焼き。
f0036857_13494820.jpg

桜鯛のポワレ、リゾットが添えられていました。
f0036857_1350173.jpg

牛ロースのグリエ、カフェドパリ風。
f0036857_13501349.jpg

これは肉質が◎でしたね。
デザートは桜風味のフロマージュブラン。
f0036857_13502641.jpg

出席者が湧いたのは、お礼にと渡されたこのウィスキー。
ご自身の出身地と、好みを勘案してのものだったようです。
f0036857_13503853.jpg

周囲から「おぉ」と歓声が上がったのは、僕が下戸だから知らなかったのですが、これは超プレミアム・ウィスキーなんだそうです。
「イチローズモルト 秩父 ザ・フロアーモルテッド」というもの。
家に帰って値段を調べてみたら4万円とか信じられないような値段が出てきました。
(もしかしたら似たような名前のものがいろいろあったので違っているかもしれませんが)
早速アルコール好きの友人にあげる約束をしちゃいましたが、それにしてもそんなプレミアムなものを金額は別にして、よく本数集められたなぁと感心しちゃいました。
次の送迎会は明日、今度は近所の居酒屋です。
by shackinbaby | 2017-03-29 00:04 | グルメ | Comments(8)
Commented by kitakitune at 2017-03-28 22:43 x
美味しそうなウイスキーと肉ですね。
一度、秩父ウイスキー味わってみたいです。
来年は秩父ウイスキー祭、いってみようかな。
Commented by shackinbaby at 2017-03-28 23:57
>kitakituneさん
秩父はワインも有名だし、結構観光地です。
B級の美味しいもの(ソースかつ丼とか)もあるし、蕎麦も〇。
でも関東の人の行くところかなぁ、わざわざ日本全国からというほどでもないと思います。
Commented by nagi at 2017-03-29 09:08 x
イチローさん、いますごい人気ですね。
むかし秩父の八尾百貨店でking of diaというウィスキーを一万円位で買いましたがいまヤフオクで20万円とか凄い価格が付いてます(まだ80%くらいのこしてますw)
キリンが持っていた軽井沢も蒸留所が閉まると噂されたときに色々買い込んで来ましたがこれも今香港のオークションで偉い価格がついていて驚愕。

気軽に飲めなくなったりして。
いや、飲むけどw
Commented by shackinbaby at 2017-03-29 18:17
>nagiさん
僕はウィスキーのこと全然分かっていないので、本当にこのブランドのこと、肥土さんのことなど全く知りませんでした。
世界的なウィスキー専門誌のジャパニーズモルト特集で最高の「ゴールドアワード」に選ばれたんだそうですね。
アルコール好きの知り合いにメールしたら、狂喜乱舞して喜んでいました。
僕のように価値の分からないものが持っているより、喜んでくれる人に・・・ですね。
Commented by nagi at 2017-03-29 19:32 x
秩父のベンチャーウィスキーは応援したいですね。
最後に残った軽井沢の原酒はベンチャーウィスキーさんが買って、職人さんもベンチャーウィスキーに移ったと聞きました。
まさかその数年後に香港のオークションで最高値がついて世界的ウィスキーブームになるなんて当時のキリンには考えられなかったんでしょうね(先見の明が無いですね)

で、イチローさんですがゴールドアワードを取っているのは羽生時代(先代の造り酒屋で作ったやつ)のウィスキーで、ベンチャーウィスキーを立ち上げてまだ日が浅いので流石に秩父で作られたやつはまだまだ若い感じで賞などとは無縁ですがセンスの良さを感じます。
山崎もミズナラ樽を使ったものがありますがイチローさんのほうが一枚上手な感じで。

…いかん、酒マニアみたいな書き込み失礼致しました!
Commented by shackinbaby at 2017-03-29 23:32
>nagiさん
詳しく有難うございます。
羽生ってあの埼玉の羽生ですか?
あんなところ(失礼!)に醸造所があったんですか、知りませんでした。
いや~、本当にnagiさんは何でもお詳しいですね。
段々僕の知識も増えてきて、感謝感謝です。
Commented by nagi at 2017-03-30 00:40 x
埼玉の羽生にある東亜酒造です。
ずーっとウィスキーを作っていたんですが経営難でキング酒造の傘下に入るときにウィスキーの廃棄が条件だったそうで、肥土さんが福島の笹の川酒造に預かってもらったんですね。
もともとベンチャーウィスキーはこの預かってもらっていたウィスキーを売るために肥土さんが立ち上げた会社だったのです。

そういえば東亜酒造も去年からウィスキーづくりを再開したと聞きました。
ガイアフローが去年静岡に蒸留所を作っていますし、堅展実業も去年厚岸に蒸留所をつくっていてちょっとした蒸留所ブームですね。
実際のウィスキーが出てくるのは三年後ですが、今から楽しみです。
Commented by shackinbaby at 2017-03-30 13:40
>nagiさん
羽生は時々車で通りますけど、最近は降りたことがなかったです。
大昔子供を連れて水族館に行っただけかもです。
羽生の近くが出身の社員がいるので聞いてみましょう。
でも若い人は地元でも酒造会社など知らないかな?
いつも詳しく有難うございます。
名前
URL
削除用パスワード


<< ワールド・オブ・ハイアット、初... キャセイパシフィック航空とルフ... >>