家族で香港 (7) アップグレードされた「グランドハイアット香港」
テキパキしているもののとても丁寧・親切なレセプショニストにアテンドされて着いた部屋は「グランドハイアット香港」の24階、一番端の部屋でした。

     https://hongkong.grand.hyatt.com/en/hotel/home.html

f0036857_13144737.jpg

廊下の高さ、広さはリニューアルでも弄れないようで、最新のホテルと比較すると天井は高くなく、幅も狭いです。
しかしやや暗めではあるものの、質感の良く出た雰囲気ある廊下になっています。
f0036857_137486.jpg

ドアが開けられます。
この後は部屋の中に入って行く僕らの目線通りの順番で写真を載せてみますね。
f0036857_138316.jpg

入ると足に優しいウッドフロア。
右に大きなクローゼットとトイレ(ともに別の場所にもう一つずつあります)。
左にはウェットエリアに通じるドアと大きなミラー。
f0036857_139374.jpg

小さめの窓からは、眼下にホテルのプールが・・・。
f0036857_139185.jpg

50mはあるフリーフォーム・プール、400mのジョギング・トラックがあるのは、ホテルの11階になります。
f0036857_1394041.jpg

窓も良く磨かれています。
蘭や壁の絵画など、上品なシノワズリーもそこここに散りばめられて、いよいよメインの部屋に入って行くと・・・
f0036857_1395971.jpg

おっ、これはすごい!
f0036857_13101574.jpg

何という広さ、何という大パノラマ!
f0036857_13103217.jpg

さすがVictoria harbour suiteと名乗るだけあって、ヴィクトリア湾のベイビュー、独り占めです。
f0036857_13104943.jpg

惜しむらくはこの曇り空、これが晴れた日だったら、昼に夜にもう息をのむ絶景と言えるんじゃないかと・・・。
オリジナルの予約はgrand suiteの3人利用、そこからアップグレードといっても通常は高層階のgrand executive harbour suiteになるくらいらしいのですが、どういう訳か270度の眺望を誇るVictoria harbour suiteまで。
もうこの上はdiplomat suiteとかしかないはずです。
この部屋の特徴についてホテルのウェブには

Take in the 270-degree views the Hong Kong skyline with the Victoria Harbour Suite in this 90-square-metre room featuring a king bed, separate living space, six seat dining table, a large work space and oversized bath with double bathroom sinks. The unique design of the bedroom and bathroom are spaciously designed to blend together, creating a generously large feel with the ambience of a sophisticated home. For a more spacious experience you may connect your Victoria Harbour Suite with a Grand Deluxe Twin Room for a comfortable two-room suite.

とありました。
f0036857_1311953.jpg

このリヴィングルームのドアに近い方には、6人掛けの大きなサイズの黒いダイニングテーブルがすごい存在感です。
テーブルにはコンセントなど多数、便利に作られています。
f0036857_13113015.jpg

その周囲にはいかにもの趣味の良いインテリア小物に彩られたアーモアや・・・
f0036857_1312726.jpg

こうしたミニバー・コーナーがあり、ダイニング・テーブルとしても、ワーク・デスクとしても便利に使えるようになっています。
f0036857_13115057.jpg

ミニバーも充実の内容で、利用all freeとのこと。
f0036857_1914286.jpg

f0036857_19144771.jpg

冷蔵庫は引き出し式です。
f0036857_19152162.jpg

この辺りまでをドア方向に振り返ったところ。
f0036857_1312273.jpg

部屋を奥に進むとこのソファ・エリアが・・・。
f0036857_13124432.jpg

もちろん電動でブラインドやカーテンを引くことも出来ますが、この部屋に限ってはそれは野暮、昼も夜の全開で、このビューを楽しみましょう。
f0036857_1313230.jpg

皮張りのソファは本当に座り心地良く、高品質なレジデンシャルな雰囲気120%の、実にリラックス出来るスペースになっていました。
以下(8)に続きます。
by shackinbaby | 2017-04-26 00:05 | 旅行 | Comments(10)
Commented by nagi at 2017-04-26 09:46 x
このパノラマはごちそうですね。
これは外に出たくなくなりますね。
部屋の中でルームサービス頼んでだらだらしたい症候群にかかるのも納得です。

ウィスキーがFAMOUS GROUSEなのはメインランドからのお客様向けセレクションですかね?
蒸留所のグレンタレットはスコットランドで最も古い、そしてギネスブックの猫の像があるハイランドの蒸留所として有名ですが、そこが出しているブレンデッドウィスキーがFAMOUS GROUSEです。
蒸留所に行ったときには中華からのお客様が大量にいらっしゃいましたw
話を聞いたら現在の出荷の半分は中国だとか。

Commented by kitakitune at 2017-04-26 11:11 x
素晴らしいですね。ソファーがいいのは、寛げそうですね。私なら、ホテルから出たくなくなるかも(笑)。
ラウンジとかあるんですか?朝食等も次回以降の記事、期待してまーす。
Commented by shackinbaby at 2017-04-26 12:37
>nagiさん
おっしゃる通りです、出たくなくなります。
雨が降ったこともあり、せっかくの香港なのに夜は外出せず・・・。
僕なら旅の高揚感で、雨でも疲れていても満腹でも、絶対外に出ちゃうのに。
今回は家族の言うことを優先したので、夜はこのスイートで家族でまったりでした。
Famous GrouseのGrouseって、グルースって発音ですか?
Commented by shackinbaby at 2017-04-26 12:38
>kitakituneさん
はい、ラウンジはあります、それも飛び切り素晴らしいラウンジが・・・。
ヒルトン・クラスでは太刀打ちできないクラス感のあるものです。
スイート宿泊者はラウンジでもオールデイダイニングのバフェでもどちらでも朝食を取ることが出来るんです。
シリーズの(11)くらいで出てきます。
Commented by nagi at 2017-04-26 20:09 x
香港の夜外出なしですか!!
それはもったいないおばけが出そうです(^_^;;;;
でもこの部屋ならしょうがないって気もしますね。

grouseはグロウスって聞こえました。ラベルの絵にある雷鳥のことですね。
日本だとグロースって言いますね。
Commented by fitnessfreak at 2017-04-26 21:22 x
GHHKGのスイートは確かミニバーもコンプリなんですよね。
私が平民スイートに泊まった時に、アップグレードの時もコンプリかって聞いたらダメだって言われちゃいましたけど(笑)。
クラブルーム特典でランドリーが確か2枚まで無料だったので、毎日せっせと安いTシャツとか出しておいたら見違えるようにきれいになってクローゼットに掛けてあって嬉しかったです。
ラウンジは今でもシャンパンのルイナールをワンコそば状態で飲めるのが良いと思いますが、お酒を飲まれない借金君さんでも気に入られましたか。4,5年前はこの1.5倍くらい食べ物の内容が良かったですけどね。
続きの記事楽しみにしています。
Commented by shackinbaby at 2017-04-26 22:09
>nagiさん
そうなんですよ、外に出なかったんです。
ま、それがあの時の彼女たちの希望だったので、そうしましたが、僕一人なら絶対夜もずんずんですたね。
家族旅行は一人旅とは違います。
あ、あれは雷鳥でしたか、お教えいただいて有難うございます。
Commented by shackinbaby at 2017-04-26 22:10
>fitnessfreakさん
fitinessfreakさんのコメントをお読みして、あれっ、僕らはグランドクラブやスイートのプリヴィレッジのリスティングをもらったかな?
たぶんもらわなかったと思うので、fitinessfreakさんのおっしゃられる点をそうそうとお答えできないのですが、娘が付けた小さな染みの処理を頼んだ時、そういわれればその請求はされませんでした。
プレス無料についてはWelcome pressing for one suit per stayとあったので知っていましたが、ミニバー無料は知りませんでした。
といっても我が家的には誰もアルコールをたしなまないので・・・。
同じコメントが2回ありましたので、1つ消しておきますね。
Commented by fitnessfrek at 2017-04-26 22:50 x
Macからの投稿だったので慣れてなくて、ダブルコメントしてしまってすみません。
ミニバー無料の件は、ハイアットから送られてきた予約確認メールの部屋の案内にも書いてあったので間違いないと思います。
本家のハイアットのHPには確かに明言されていないのですが、ちなみに一休の借金君さんの泊まられたスイート部屋の説明も以下のようになっていました。
「ビクトリアハーバーや香港市街の270度のパノラマ景色を望むスイートで、独立したリビングスペース、6人掛ダイニングテーブル、広々としたワークエリア、特大のバスルーム(ダブルシンク付)、無料のコーヒー/紅茶メーカー、ボトル入り飲料水が備わります。 ビュッフェ式コンチネンタルブレックファースト、シャンパン(終日)、赤/白ワイン、コーヒー、紅茶、軽食、イブニングカクテル、カナッペなどを楽しめるグランド・クラブ・ラウンジの利用が含まれています。 滞在中は、無料のミニバーや無料の映画を利用できます。」
以前も自分のブログで書いたことがあるのですが、ハイアットは地味にそのホテル独自のDIA向け特典(リゾートでのテニスコート無料とか・・・)があったりするので、リストもそうですがこまめに質問した方が良いみたいですね。WOHになって削減されたかもしれませんが・・・
Commented by shackinbaby at 2017-04-27 08:46
>fitnessfreakさん
改めて予約メールを見てみましたら、
Room Description:
- 65m2:Harbor:1 Bedroom Suite:Club Access:Handy Phone:Free Mini Bar:Free Movie
とありました。
ちゃんと見てなかったです、失礼いたしました。
「一休」の説明に加えて、朝食は「グランドカフェ」のバフェでも食べられました。
これはスイート特典かもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝食のおいしいホテルランキング... 首里では場違いのものを >>