OAG調査の日本人海外旅行時経由空港ランキング
OAG(official airline guide、月刊の旅客定期航空便時刻表で、世界版と北米版の2冊がある)の航空関連データの分析ツール「OAGアナライザー・スイート」に面白いデータが出ていました。216年に日本人が海外に行く時の経由空港を調べたもので、最も利用されたのは成田空港だったそうです。(ま、当たり前か・・・)データの母集団(1892万件超)は、日本で発件された日本発海外行きの予約なので、日本人が全体のほぼ9割くらいと・・・。

     1位 成田
     2位 羽田
     3位 仁川
     4位 上海浦東
     5位 バンコク
     6位 香港
     7位 シンガポール
     8位 台湾桃園
     9位 フランクフルト
     10位 北京

だったそうで、以下ドバイ、ヘルシンキ、ホノルル、パリ、ドーハ、ハノイ、ホーチミンシティ、ロサンゼルス、マニラ、アムステルダムの順だそうです。
これだけ見ると「いかにも」ですが、いくつかの注目点を・・・
羽田が仁川を抜いてこの2016年の調査から2位に、バンコクは年々順位を落とし、上海浦東は上昇中。
フランクフルトも年々下位になってきていますが、ヨーロッパではトップです。
ただフィンエアの頑張りでしょう、ヘルシンキが年々順位を上げてきています。
日本の地方空港別ではその空港に就航している国際線によって多少のバリエーションがあり、北海道エリアでは中部での乗り継ぎが4位に入り、東北エリアでは新千歳が4位にランクインしています。
沢山の選択肢のある関東エリアでは(全発券数の約45%)、バンコクがトップ、以下香港、北京、ドーハ、フランクフルトと続き、ドバイは9位でした。
エミレーツよりエティハドってことですかね。
関西エリアは香港便が多いせいか、成田、羽田に続いて香港がトップ3の一角を占めています。
中国エリアではそういう便があるからでしょう、大連が9位に・・・。
旅行ファンはこういう統計を見てるだけでも、旅心を掻き立てられますね。
by shackinbaby | 2017-04-27 00:04 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 家族で香港 (8) アップグレ... 朝食のおいしいホテルランキング... >>