GWバンコク弾丸 (3) ホテル・インディゴ・バンコク・ワイヤレスロード
僕の乗ったJAL707便はタイ時間(日本との時差は2時間)の午後11時に無事スワナプーム空港に着陸。
空港は比較的空いていて、約30分でタクシーに乗ることが出来ました。
両替も空港でしましたが、この時1バーツは3・45円と・・・。
早く着きたいので、タクシー運転手には「ハイウェイで!」と頼み、市内のホテルまでメーターは245バーツ、高速代合計が75バーツだったので、計320バーツ。
所要時間約30分で、日本円にすると約1100円ということに・・・。
日本に比べればまだまだタクシーは本当に安いです。
なのでホテル到着はほぼ日付の変わる頃、つまり飛行機が着陸して1時間でホテルのドアを開けられたのです。
f0036857_2225247.jpg

今回のホテルは、ヒルトンやハイアットに縛られずに選び、1泊目は滞在時間も短いこともあって中級ホテルの(?)「ホテル・インディゴ・バンコク・ワイヤレスロード」というところに・・・。
f0036857_223373.jpg

ここは今まで滅多に泊まったことのないIHG(インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ)に属するホテル。
「ホテル・インディゴ」というブランドは一言でいえばライフスタイルを追求したIHGが2004年に始めたデザイナーズホテルです。

     https://www.ihg.com/hotelindigo/hotels/us/en/reservation

あるところには「デザイナーズ・ホテルのデザイン性とメジャー・ホテル・グループのホテルに滞在する安心感を併せ持ち、ホテルが建つそれぞれの土地の歴史や文化、自然などの豊かな体験を求める、旅の上級者向けの新しいホテルブランド・・・」なんても説明されていました。
現在アジアには中国に5軒、台湾の高雄、シンガポール。バリ島、そしてこここバンコクに、この「ホテルインディゴ」はあります。
そのバンコクのホテルに泊まるわけです。

     https://www.ihg.com/hotelindigo/hotels/us/en/bangkok/bkkin/hoteldetail

あ、何でまた数あるホテルのうちからここを選んだかというと、泊まってみたいという気持ちの他に、入会と同時に

     https://www.ihg.com/content/jp/ja/deals/member-offers/book-direct

というプロモにエンロール、3滞在で大量のポイントをいただけるそうなので、いただいたら即JALのマイルに替えようともくろんだからです。
f0036857_223542.jpg

ロケーションはホテル名に「ワイヤレスロード」とあるようにタノン・ウィッタユ。
もっと分かりやすくいうと、ずばり「プラザ・アテネ・バンコク」と「コンラッド・バンコク」の間にあるホテルなんです。
f0036857_2232164.jpg

そういえば、あの2つのホテルの間に、ちょっときらきら光る建物があったっけ・・・。
そうです、あそこが今回僕が泊まる「ホテル・インディゴ・バンコク・ワイヤレスロード」なんです。
夜になるときらきらというより、最近のクラブなどで良く使われる蛍光色的な色彩のライティングで彩られるんです。
ホテル内に入ると、おぉ、なかなか立派で格好良いロビーじゃないですか。
f0036857_2235158.jpg

トゥクトゥクのディスプレイ。
f0036857_224652.jpg

今風なだけではなく、質感もそこそこはある作りです。
もちろんややチープなところもなくはなかったですが、かなりしっかり作ってはあります。
f0036857_2242260.jpg

26階建てで192室、全室禁煙のホテル。
f0036857_2243620.jpg

コンテンポラリー・デザインの中に散りばめられる(タイ・)レトロなモチーフが効果的です。
f0036857_2245038.jpg

掃除も行き届いています。
f0036857_2251018.jpg

この奥に行くと客室階に行くエレベーターホールになるよう。
行ってみます。
f0036857_2253394.jpg

おぉ、すごいデザイン。
f0036857_2254749.jpg

でもどこかで見たような気が・・・。
「ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・スクンヴィット・バンコク」も同じようなデザイン、使ってましたね。
f0036857_226211.jpg

あっ、そうそう、チェックインしなくちゃあ。
今回の予約はホテルのウェブからで、IHG®リワーズクラブ会員限定事前割引料金というレートで(このために会員登録しました)で1泊1室4140バーツ++、総額で4872.9バーツで、日本円に直すと16800円くらい。
部屋タイプはKing Chaiyapruek Executive Nonsmokingというバスタブ付きの部屋です。
もっと安い部屋もここにはあるんですが、それらはバスタブなしのシャワーのみ、僕はバスタブが欲しかったので・・・。
スタッフはおしゃべり好きのスーパー・フレンドリーな女性たち。
皆、私服(?)のようだし、ホテルのレセプショニストという感じは薄いですが、やることはちゃんとやってくれます(当たり前か)。
チェックインが済むと・・・
f0036857_1394442.jpg

このガチャをやれと言われます。
f0036857_22105592.jpg

色々な特典が当たることことですが、僕の場合はlocal giftということで、こんなものをもらいました。
f0036857_2211819.jpg

タイノ伝統的なモチーフとのことですが・・・。
部屋は24階と、かなりな高層階にアサインされました。
部屋までのアテンドは無し。
エレベーターホールです。
f0036857_22112366.jpg

エレベーターの内装。
f0036857_22114529.jpg

高級ホテルならこれ皮張りでしょうが、ここはビニール張り(笑)。
エレベーターはルームキーをセンサーにタッチさせ、移動します。
部屋案内の表示板もスタイリッシュ。
f0036857_2212832.jpg

部屋までの廊下には大きく窓が開いていて、外気が入ってくるので、冷房が行き届かず生温かいです。。
f0036857_2212255.jpg

部屋のドア。
f0036857_2212387.jpg

部屋に入ったドア裏に貼ってあるフロアプランです。
f0036857_22125470.jpg

僕らの予約したKing Chaiyapruek Executive Nonsmokingという部屋は、コーナーにあるやや広い部屋のようです。
f0036857_22131240.jpg

ウェブには最小限の説明しかなく、この部屋に付いては

Discover bangkok s lush views from your spacious 48 sqm. Corner room. Soak in the city skyline from private balcony. Complimentary high speed internet access and WiFi. Unwind after a long day in spa inspired bathroom with bathtub. Chaiyapruek refers to pink cassia national tree of thailand

とあるだけでした。
f0036857_22142825.jpg

入ってすぐのところにあるこのアルミ張りのミニバーを収めたアーモアからしてお洒落系というか、デザイナーズホテルっぽいですね。
f0036857_22144377.jpg

ただしミニバーとしての機能と内容はすごく充実したもので、高級シティホテル的・ラインナップと言っても良いでしょう。
f0036857_22145886.jpg

コーヒーメイカー、電気ポット、無料のミネラルウォーター・・・。
f0036857_22151414.jpg

ティーバッグだってTWGが置かれています。
さぁ、奥に入りましょうか。
f0036857_22162989.jpg

by shackinbaby | 2017-05-08 00:03 | 旅行 | Comments(18)
Commented by NK at 2017-05-08 09:34 x
コンラッドのすぐそばですよね
確か屋上バーもあったような
そこから歩いて1分のところに意識高い系のスパサロンがあって結構良かったです

ちなみに3泊でポイントオファーのリンク先が無くなっているような。。。結構たくさん付くんでしょうか
Commented by shackinbaby at 2017-05-08 12:06
>NKさん
いつも有難うございます。
IHGのプロモは
「2017年4月1日~12月31日までのキャンペーン期間中にたった3回のご滞在で、無料宿泊*にすぐに交換可能なポイントを獲得いただけます!
キャンペーン登録で1,000ボーナスポイント、また3回のご滞在までに合計で30,000ボーナスポイントを獲得!さらに、全3回のご滞在を完了されると10,000ボーナスポイント追加で合計40,000ボーナスポイントを獲得いただけます!
貯めたポイントで、ぜひ無料宿泊特典*をお楽しみください!」
というもので、ボーナス・ポイントを含めてすでに加算されています。
このオファーをものにしたら、即エアライン・ポイントに変えてしまうつもりです。
Commented by NK at 2017-05-08 20:58 x
借金様
情報ありがとうございます
なかなか大盤振る舞いなキャンペーンですね

バンコクの中級ホテルでホテルインディゴ的なのというと
サイアムデザインホテル
インアデイ
が自分のブックマークに入ってました

最安で4000バーツいかないホテルのなのでインディゴよりも安いところですね
未宿泊なのでオススメまではできませんが・・
Commented by shackinbaby at 2017-05-08 23:35
>NKさん
そうなんです、このプロモがなかったら、また別のホテルにしたかと思います。
簡単に登録できましたよ。
どちらもお洒落系ですねぇ。
ただ、この値段まで落とすと、ホテルとしての全体的なサービスに結構アラの出るところが多いのではなんて危惧してしまいます。
もしお泊りになられたら、またお教えくださいませ。
Commented by Octopussy at 2017-06-11 16:31 x
Shackinbabyさんがタクシー料金の明細をここに載せてくださって
いたので、今回自分が市街地から空港へ早朝向かうときに初めて
タクシー使ってみました。
というのも早朝だとUberはちっとも安くないことにようやく気づいたので。
Uberの過去の記録見てみたら早朝6時ごろだとTHB400ぐらいかかってたんです。
今回のタクシーは、Shackinbabyさんと同様THB245でした。

ところで、高速代って自分でメーター料金に足すんですね。(笑)
この事情知らない日本人旅行者はちゃんと払えてるんですかね。
タクシーの運転手もほとんど英語話せないし。
パリのタクシーは、積んだスーツケース料金加算はメーターでできてましたけど、
タイの高速代は暗算必須ですか。(笑)
Commented by shackinbaby at 2017-06-11 16:48
>Octopussyさん
慣れてくると料金所の手前で運転手に現金で渡します。
料金が25バーツで釣りがあるときは運転手はその都度返してくれますが、複数回数料金を払う時にそちらも合算して返すなどされるとかえって複雑になるので、僕は各料金所の前で現金で運転手に私、その都度ちゃんとお釣りをもらいます。
料金がいくらかは右前の電光掲示間に表示されています。
Commented by Octopussy at 2017-06-11 18:59 x
おお、なるほど、そういう手がありましたか!
勉強になります。

中国内陸の酷いタクシーを経験すると、タクシー乗るのが億劫に
なってしまいまして。
Commented by shackinbaby at 2017-06-11 19:08
>Octopussyさん
中国は僕は2大都市しか最近は経験がなく、内陸都市のことは知らないのですが、上海・北京では言葉の問題以外は、特に料金などでタクシーでトラぶったことはないですね
僕がラッキーだっただけかな。
Commented by Octopussy at 2017-06-13 23:36 x
自分も東莞と鄭州ぐらいしか経験ありませんが、車に乗り込む前に、
たむろしてるドライバーとまず値段交渉でしたよ。
車にメーターが付いてるにもかかわらずです。
特に空港から市街地へ向かうときが一番大変でした。
ドライバーが結託してるので、車を変えても一緒です。

出張の時は中国人のアテンドがつくのですが、彼らでも交渉は
タジタジな感じでした。

蘇州駅前のタクシーは、行き先の距離が近いと乗車拒否です。
北京や上海はやはり国際都市なのでは?(笑)

ところで、このインディゴのプールと、オークラプレステージバンコクの
プールとでしたら、Shackinbabyさんはどちらがお好きですか?
プール一帯の持つ雰囲気として
Commented by shackinbaby at 2017-06-14 05:35
>Octopussyさん
わぁ、それは大変ですね。
でも考えてみれば、三亜の空港前もそうだったし、中国の中級空港からはそうなんものなんですかね。
ただメーターを使わない値段でも、たいていどのタクシーも値段は一緒のことを言い、日本の標準からすると料金は安いので、僕は仕方ない、OKと考えました。
インディゴのプールの方が視覚的には好きですが、何せ小さい。
人だらけになっちゃうと雰囲気も何もなくなります。
オークラの方が広い、カバナも少しある、ただし普通のシティービュー(含むパークハイアット)。
ちょっと決め難いですね。
Commented by Octopussy at 2017-06-14 16:59 x
Shackinbabyさん、プール情報ありがとうございます。
プールが小さいのはさみしいですね。

オークラのプールは空中に突き出す形のものなので、てっきり底は透明かと
思ってたんですが、そこまで先進的じゃなかったですね。(笑)
Shackinbabyさんの過去の記事の写真見て気づきました。

今回はいつもと違うチェーンのホテルの紹介で良かったです。
参考になりました。
自分も最近は、ハイアットはいいとこだけ利用する方針にしてます。
Commented by shackinbaby at 2017-06-14 18:40
>Octopussyさん
世界で一番有名な底の透明なプールはヒューストンのでしょうが、あれはホテルじゃないんですよね。
規模は大きくないですが、近くというなら上海が良いんじゃないですか。
「ホリデイイン上海」のプールは底が透明で外に飛び出しています。
ま、更に近ければ大阪のコナミスポーツクラブ弁天町プールズも似たい体験ができるようです。
Commented by Octopussy at 2017-06-15 01:12 x
ほう、それは初耳です!
機会があれば利用してみます。
ありがとうございます。
Commented by shackinbaby at 2017-06-15 05:28
>Octopussyさん
記憶だけで書いてしまったので大阪のをしっかりググってみたら「まるで空中を泳いでいるような気分になる全長70メートルの透明な橋」でした。
プールじゃなかったですね、失礼いたしました。
Commented by ma-yamanaka at 2017-10-01 20:32 x
貴殿の記事を拝見してからようやく私も記事にする事ができました。部屋は一つ上の22階に滞在しました。チェックイン時に同じようにガチャをやりましたがエスプレッソという無難な物しか当たらず記事としては面白みに欠けました。

そして・・私が滞在した部屋は踏みとどまっていませんでした(笑)部屋に人の絵が描いてあったりして少しドッキリするような造りでした。楽しみにしていたバルコニーは準備されておらずNGです。予約時に明確に伝えておけばと少し後悔です。。

もちろん楽しんで滞在しましたが、また行くかと言われると・・・多くのホテルがあるバンコクでは厳しいかもしれません。

ではまた!
Commented by shackinbaby at 2017-10-02 06:20
>ma-yamanakaさん
スイートのレポートを拝見いたしました。
いつもこのブログにリンクいただいて本当に感謝しています。
バンコクのソフィテルのようなエッジの効いたデザインもお嫌いではないとおっしゃってらっしゃいましたが、このクラスのホテルになると、質感の低さも目立つようになっちゃいますね。
特にこのスイートは少し僕の考えではごちゃごちゃし過ぎです。
ベランダが用意されていないというのは、スイートにはもともとベランダがない?、あるいはロックされて外に出られない?
おっしゃられるようにバンコクはホテル天国、少しでも気に入らないところは次はパスでしょう(笑)。
Commented by ma-yamanaka at 2017-10-02 23:25 x
言葉が足りずに申し訳ありませんでした。ベランダ部分を補足させて頂きますと、ベランダは存在しているのですが「非常に狭く椅子などは収納袋に入っており使える状態に無かった」と表現するのが正しい言いかたでした。事前に予約時にベランダで朝食を食べたいと依頼しておけば良かったと反省しました。

以上です!
Commented by shackinbaby at 2017-10-03 07:45
>ma-yamanakaさん
お忙しいところ、有難うございます。
そうでしたか、そうするとスイートでもベランダの広さは僕が泊まった部屋と同じ広さのようで(建物の構造上そうでしょう)、でも用意さえあれば、一人なら狭いながらも外気に当たり、外の緑を見ながら朝食は可能に思えました。
名前
URL
削除用パスワード


<< GWバンコク弾丸 (4) 「ホ... ドバイ土産は「バティール」のデーツ >>