GWバンコク弾丸 (17) 「GAGGAN」の新店「GAA」でディナーの続き
バンコク一の人気店「GAGGAN」の向かいに建つグループの新店「GAA」でディナー中のshackinbaby。
何とこの店のシェフであるGarima Aroraさんが挨拶に来てくれました。
f0036857_18281344.jpg

彼女は「GAGGAN」でスーシェフをしていた人。
先日は「マンダリンオリエンタル東京」で開かれた「NOMA」のシェフとしても来日していたそうで、こうした科学的料理方法「 分子ガストロノミー」などを駆使した繊細かつクリエイティブな料理を得意としているシェフのようですが、実際の彼女はとてもフランクでフレンドリー。
僕に料理の感想をとても聞きたがります。
この後も何度も何度も僕のところに来ては、長話をしていきます。
こんなに一人の客に張り付いていて良いのかと・・・。
後でスタッフに聞くところによると、僕は日本で「GAGGAN」の名を広めた一人として認識されているようで、今回もよろしく的なところもあったようです。
ついにはGaggan Anandシェフまで登場、氏はきっと忙しいだろうに、料理の質問をすると、1を聞いて10答えてくれるという人で、とにかく料理の話が大好き、料理のことを聞かれるともう嬉しくて嬉しくて・・・という人のようでした。
f0036857_18283178.jpg

これは題してフィッシュ・カノーム。
魚のお菓子仕立てというものです。
f0036857_18284635.jpg

ココナッツミルクの入った極薄のクリスピーな皮を含め、何という繊細な作り。
f0036857_1829238.jpg

8品目は蟹、カリフラワーにホエー(乳清)のソース、それに何とポテトて作った餅というものが付いています。
f0036857_1829184.jpg

蟹もだけれど、焼いたカリフラワーとソースの合うこと。
f0036857_18293420.jpg

じゃが芋と片栗粉で作るポテト餅、バターで焼いてあります。
f0036857_18295257.jpg

4月のオープン以来、連日満席というこのレストランですが、サービスは淀みなく提供されます。
f0036857_1830849.jpg

そしてこれがメインということになるんでしょう、ポーク・リブ
f0036857_18302432.jpg

これもディスプレイが独創的かつとてもきれい、味も普通に美味しいポークリブでしたよ。
ここで焼きたて熱々のパンが運ばれてきます。
生クリームも混ぜられた自家製ホイップバターも・・・。
f0036857_18304148.jpg

このパンが最高、もうお腹がいっぱいに近いはずなのに、とても残すなんて出来ません。
パンの中には炒めた牛肉、玉葱などがたっぷり挟まれています。
f0036857_18305759.jpg

もしかすると、これ、インドにあるパオパジ(Pav Bhaji)へのオマージュかもしれません。
パオバジは、バジというカレーとパオという柔らかいパンの組み合わせの、ボンベイ周辺のファストフード。
珍しくパンと一緒に食べるカレーなんです。
こんな感じ・・・。
f0036857_2113665.jpg

「GAA」で出たこのパン、日本で売りだされたら絶対バカ売れ、そんなパンでしたよ。
デザートはまず3種類の中から選べるアイスクリーム。
f0036857_18311299.jpg

これはパーム・シュガーとコリアンダー・シードを使ったものです。
デザートの最後は4種類のチョコレート。
f0036857_18312925.jpg

面白い組み合わせの繊細な料理が並んだ「GAA」、クリエイティブでありながら美味しさも担保するという難しい路線で、何とか期待に添える水準はクリアできているようです。
サービスも満席な割には悪くなく、マネージャーの最後のお見送りまで、不満はありませんでした。
僕はこの後はバンコクの夜の街に・・・、ちょっとだけ遊んできま~す(笑)。
by shackinbaby | 2017-05-15 07:28 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2017-05-15 09:30 x
>僕は日本で「GAGGAN」の名を広めた一人として認識されているようで
>ついにはGaggan Anandシェフまで登場
さすが我らが尊敬するshackinbabyさん
これ凄いですね!
こんな厚遇はなかなか体験できません。
お食事だけではなく貴重なお話も楽しまれたのでしょうね。

>バンコクの夜の街に・・・、ちょっとだけ遊んできま~す(笑)。
どんな「遊び」をなさったのか興味津々です(笑)。
Commented by Yuji at 2017-05-15 09:48 x
shackinbabyさん、初めましてYujiと申します。

私もよくバンコクへ遊びに行ってますが恥ずかしながら「GAGGAN」は初めて知りました。
写真からもわかるめっちゃ美味しそうな食事、今度バンコクへ行った際に向こうの友人と一緒に行ってみようと思います♪

いつも旅でフライト・ホテル・食事と楽しまれているご様子、またいろいろ楽しませて頂きます~
これからもどうぞ宜しくお願いします!
Commented by shackinbaby at 2017-05-15 12:27
>momoさん
お2人とも突然僕の前に現れたのでびっくり。
特にガガン・シェフは普通に料理の皿を持ってこられたので、最初はウェイターかと・・・。
でもお顔を見てびっくり。
あの日は2店で数100人はお客がいたでしょうし、わざわざテーブルまで来てくださって、僕の方が感謝感激でした。
Commented by shackinbaby at 2017-05-15 12:28
>yujiさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
「GAGGAN」は「NAHM」に替わってこのところバンコク・ナンバーワン・レストランの評価はゆるぎないようです。
先進的なスタイルのインド、西洋、タイ、日本料理のMIXで、時に美味しさよりクリエイティビティの方が勝ると、少数ながら否定的な声もあります。
もしチャンスがあれば、ぜひお試しください。
ブログのリンクも有難うございます。
僕も大いに参考になるところが多かったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 越後屋 at 2017-05-15 21:30 x
>この後も何度も何度も僕のところに来ては、長話をしていきます。
>こんなに一人の客に張り付いていて良いのかと・・・。
こいう場合、本当に周りの目が気になりますよね。
自分の最高時間は1時間程度しかありませんが、それでもかなり周りが気になりました。
(某ホテルの朝食時、2時間滞在中3人×20分くらい話していました。)
それが長時間で2人のシェフがくるとなると・・・
まさに、ぶい・あい・ぴー借金君。(笑)
Commented by shackinbaby at 2017-05-15 21:40
>越後屋さん
冷やかさないで下さいよぉ。
まだ開店して数週間で、連日満員とはいえ、とにかく宣伝したくて、力が入っていたんでしょう。
周囲に非タイ人と想像させる客はおらず、外国人客が珍しかったということも・・・。
2人とも料理の話が好きで、僕がただ単に型通りの挨拶だけではなく、いろいろ料理に付いて質問したことも、今回のシェフとの長話に繋がったのでは?
Commented by cutie☆ at 2017-05-19 10:22 x
こちらなら、値段的にゎ行きゃすぃですねー(*^^*)
本家の方、コースだけで5000バーツになっててビックリしましたー(数年で、倍以上(^o^;))
ォヒトリサマ、しかもshackin様のょぅに語学堪能でもなぃのでぉ料理の説明も理解できずで持て余しそぅですし(情けなぃ)
話のタネなら本家ですが、私の身の丈にゎこちらですね♪
詳細なレポート参考になりましたーo(^o^)o
Commented by shackinbaby at 2017-05-19 12:10
>cutie☆さん
本家は今はそんなにするんですか?
バンコクの物価からすると、ちょっとやり過ぎのような気も・・・。
でも僕がGAAに行った時のGAGGANは見たところ(窓から見える限り)満席の盛況でしたよ。
料理の説明は長いですが、説明する方も本当にわかっているんだか?です。
数多い素材の英語名がいまいち理解できず、スペルを書いてもらったことがありますが、通常のウェイター・ウェイトレスではまず書けず、マネージャーが呼ばれちゃうことになります。
GAAの方がカジュアルで一人で行くにはGAGGANよりベターだと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< GWバンコク弾丸 (18) 「... GWバンコク弾丸 (16) 「... >>