GWバンコク弾丸 (18) 「コロネード」@「ザ・スコータイ・バンコク」の朝食
バンコク2日目の夜は繁華街を満喫、泊まっている「ザ・スコータイ・バンコク」に戻ってきたのは午前2時を過ぎた頃でした。
なので翌朝、3日目は、かなりゆっくりの起床。
窓を開けてテラスに出、鳥の鳴き声も聞きながら、一面の蓮池を見やります。
f0036857_21511913.jpg

朝食はルームサービスにして、このテラスに運んでもらっても良いよなと・・・。
しかしこのホテルではオールデイダイニングの「コロネード」での朝食もかなりな雰囲気、やはりあそこに行ってみましょうか。
f0036857_21524758.jpg

「コロネード」の朝食は朝6時半から、バフェかアラカルトを選べます。
f0036857_22163149.jpg

かなり広いレストランですが、ここで食事するなら、何といってもこの窓際席です。
f0036857_21555323.jpg

このホテルを代表するタイ情緒を味わえる場所。
水の中に配された仏塔、白い壁とその上に咲き乱れる花、もう何とも言えません。
f0036857_21562328.jpg

たいていの人はバフェにしているようですが、僕はそれほどの食欲はありません。
朝食が混みのレートで泊まってるわけでもないし・・・。
f0036857_2156898.jpg

でも一応どんなものがバフェに出ているか見ておくことにしましょう。
f0036857_21563794.jpg

サービスの方は文句なしで、僕が日本人、しかも1人と見るや、黙って日経新聞を持ってきてくれます。
f0036857_21565794.jpg

このバフェがいくらなのかを聞き洩らしましたが、ルームサービスのアメリカン・ブレックファストが980バーツ++なので、その位の値段なのでしょう。
f0036857_21571024.jpg

どれも質感があり、ディスプレーもきれい、思わず食べてみたくなるほど。
f0036857_21572351.jpg

種類も充分。
f0036857_2159939.jpg

ここのクロワッサンは1990年代、パリをしのいで世界一のクロワッサンと言われたものです。
f0036857_21592662.jpg

今も美味しそう・・・。
f0036857_2159397.jpg

フルーツもゴージャスな切り方、置き方です。
f0036857_21595620.jpg

シリアル類。
f0036857_2201236.jpg

本当に美味しそうなバフェなのですが、やはり今日は旅の最終日、ランチもディナーも行きたいところがあるので、朝は簡単にしておきましょう。
f0036857_2202529.jpg

ということでアラカルト・メニューからカオトムを・・・.
カオトムはタイ風のお粥と訳されることもありますが、お粥ではなくboiled riceです。
具は豚肉と海老から選べます(400バーツ++)。
f0036857_2204161.jpg

うん、これは旨い、胃にも優しいし、我ながら良いチョイスをしたと・・・。
葱や揚げた大蒜も良いアクセントだし、ウェイターがタイの調味料セットも持ってきてくれるので、唐辛子やナンプラーなどで更に味を調えます。
f0036857_2205632.jpg

量的にはかなり多く、僕にしては珍しく少し残してしまいました。
で、僕のBESTカオトムは今でも「マンダリンオリエンタル・バンコク」のですね。
さぁ、バンコク3日目にして最終日のこの日、夜10時前には日本行きの飛行機に乗ります。
この日はどう過ごしましょう。
by shackinbaby | 2017-05-15 21:41 | 旅行 | Comments(4)
Commented by momo at 2017-05-15 21:44 x
私もお部屋のテラスで朝食頂く?バフェにする?と毎回嬉しい悩みです。
確かJunさんもご指摘でしたがここの朝食は内容、サービス共に満足できます。

>黙って日経新聞を持ってきてくれます
こんな気の利いた心遣いが次もまた来たいと思ってしまいます(笑)。

Commented by shackinbaby at 2017-05-16 07:41
>momoさんど
このホテルもですが、朝にバフェを食べてしまうとついつい食べ過ぎちゃう僕は、昼が入らなくなってしまうんです。
外国にいるときはなるべくその地ならではのものをいろいろ食べたい僕は、朝食が実質無料で付いてない限り(笑)、ホテルで食べないで他の好みの朝食店に行くか、アラカルトから少数精鋭で食べたりしています。
Commented by EL at 2017-05-16 16:34 x
日本人がいわゆる「お粥」と呼ぶものはカオトムと、トロトロになるまで煮込んだジョークがタイにはありますね。
写真の具材が入って調味されたものはカオトム・ソンクルアンと言います。

どちらかというと、味のついていないカオトムを濃い目に味付けされたおかずをつつきながら食べるのが好きですね。
こちらはカオトム・クイと言って、なんとなく場末の薄暗いところで夜遅くまでやっているという印象があります。
Commented by shackinbaby at 2017-05-16 18:49
>ELさん
いつもお教えいただいて有難うございます。
窯一杯の白いドロドロのお粥はジョークですね。
最初はちょっと敬遠してたんですが、あれも旨い・・・。
「味のついていないカオトムを濃い目に味付けされたおかずをつつきながら食べる」、わっ、これ良さそう、しかも「場末の薄暗いところで夜遅くまでやっている」ところで、でしょう。
そこに音質の悪いルークトゥン(チンタラーとか)かなんかが流れていたら、もうたまりませんね、まさに濃厚DEEPタイ。
名前
URL
削除用パスワード


<< GWバンコク弾丸 (19) チ... GWバンコク弾丸 (17) 「... >>