GWバンコク弾丸 (20) 「ザ・ハウス・オン・サトーン」でランチ
僕のバンコク最終日のランチは「Wバンコク」隣に建つコロニアルな洋館「ザ・ハウス・オン・サトーン」(The House on Sathorn)で取ることになりました。
f0036857_12291650.jpg


     http://www.thehouseonsathorn.com/

ランチタイムはそれほど混んでいるようには見えませんでしたが、直前といえども事前に予約をしておいて良かった(スムーズだった)ようです。
レセプショニストは予約名簿を見て丁寧に対応、正午からのランチにはまだ少し時間があるので「こちらでおくつろぎになってください」と、「ザ・バー」に案内してくれます。
f0036857_12295111.jpg

おぉ、ここですか。
最近見たラグジャリー系のインテリア雑誌にも出ていた重厚な作りのバーで、一部ウェイティング・ルーム的にも作られています。
f0036857_1230667.jpg

カウンターの向こうには大きめの窓があり、昼間なのでかなり明るいですが、それが夜になると雰囲気はだいぶ変わりそう。
f0036857_12304092.jpg

レセプショニストはランチのメニューも持ってきてくれます。
f0036857_12305540.jpg

バーテンダーも笑顔で「何かお造りいたしましょうか?」と・・・。
f0036857_123187.jpg

基本ホテルの施設なので、スタッフは誰も英語OKです。
f0036857_12312328.jpg

あ、奥に中庭が見えている、待っている間に見に行ってみよう・・・。
f0036857_1231396.jpg

ここは「ザ・コートヤード」という名称で食事やアフタヌーンティーを提供しているのですが、この日は駄目、暑過ぎです。
直射日光の下では40℃くらいはあったでしょうか。
f0036857_12315563.jpg

でも冷房で冷やされた体には、パラソルの下で大きな扇風機からの風を受けていると、lazy afternoonの気分もたっぷりで、だらっとするには悪くはなさそう。
f0036857_12321368.jpg

正午、ランチの時間になりました。
f0036857_12323312.jpg

案内されたのは「ザ・ダイニング・ルーム」という重厚な作りのレストラン。
f0036857_12325946.jpg

レトロ感を上手く生かしたスペースで、いろいろなテーブル席の他に・・・
f0036857_12333418.jpg

f0036857_12331854.jpg

流行のカウンター席も大きく取られています。
f0036857_12335050.jpg
f0036857_1234663.jpg

焼きたて熱々で運ばれてくるパン。
オリーブオイル、トマト、チリのソースも〇で、料理が運ばれてこないと、パンだけでもどんどん進んじゃいそうです。
f0036857_12342484.jpg

前菜にはキハダマグロのタルタル(450バーツ++)。
f0036857_1234433.jpg

上には最近はやりのラディッシュのスライス乗せ。
これは例えば先日六本木の「ジャンジョルジュ東京」で食べた同種のもの方が上、鮪の扱い方はドいう料理にしても日本の方が上手なんでしょう。
f0036857_12345995.jpg

鮪と合えてある葱、ピーナッツ、揚げ雲呑、松の実…など組み合わせは良いのですが、全体にぱさぱさ。
ソースはジンジャーソースで、これも「ジャンジョルジュ」などと基本同じですが、「ジャンジョルジュ」のは更にそれに一工夫していました。
f0036857_1235133.jpg

ドリンクはベリー類のスムージー。
メインにはいくつかメニューにあるback to our thai rootsというタイ料理からガイヤーンを。
f0036857_12353042.jpg

すごいヴォリュームですが、何よりこれは料理名はガイヤーン(600バーツ++)ですが、西洋風に解釈されたガイヤーンでした。
鶏は放ち飼いの質の良い鶏、ローカルなイサーン料理屋の鶏より肉付きも圧倒的に良く、その上品な味付けと上手な焼きは、ガイヤーンというタイ料理名は似合わないと思いました。
f0036857_12355020.jpg

タイ料理メニューにはご飯が付くとメニューには書いてありましたが、パンが出たからでしょうか、ご飯は運ばれてきませんでした。
このレストラン、料理のポリシーはInnovative Asia with Turkish influenceというもので、メニューにはママの味のキョフテなんてのもありました。
シェフがトルコ人ということなのでしょうか。
ディナーのコースメニューは3800バーツ++、2800バーツ++と相当高価。
この店、僕的にはインテリア>味でした・・・と書くと怒られるかなぁ。
by shackinbaby | 2017-05-17 00:03 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2017-05-17 09:59 x
>僕的にはインテリア>味でした・・・
ご感想参考になりました。。
確かにインテリア、雰囲気は良いですよね。
特に夜はもっと素敵になります。
味もそれに比例しているかと聞かれれば私も・・・。
です(笑)。
Commented by nagi at 2017-05-17 10:17 x
雰囲気がごちそうですかね(^_^;;;
本来タイの鶏肉は軍鶏が普通と聞いたことがあります。(シャモ->シャムの意味)。
なので、肉付きはシャープで硬めが好まれるとか。
自分も鶏の味がしっかりする硬いタイの鶏肉のほうが好きですねぇ。
Commented by Octopussy at 2017-05-17 10:48 x
最近、泊まることの多いW Bangkok、この建物の前を通るたびに
気になっていたので、Shackinbabyさんの情報はありがたいです。
てっきりタイ料理のお店かと思っていたんですが、コンシェルジュに
聞いたら、「インターナショナル料理」と言われて、トライせずじまいで
おりました。Wは、おいしい食事は得意じゃないんですかね〜??
朝食はけっこう気合い入ってるんですけど
Commented by shackinbaby at 2017-05-17 10:59
>momoさん
そうなんですよね、夜にここ訪れたかったんですけど、弾丸では時間に限りがあって・・・。
ディナーはバンコクの高級レストランをけん引する値段ですけど。
Commented by shackinbaby at 2017-05-17 10:59
>nagiさん
僕もおっしゃられるような評価です。
雰囲気はかなり良いです。
シャモは、当時のタイの旧名「シャム」に由来していて、江戸時代初期にタイから伝わったって、某クイズで知りました。
Commented by shackinbaby at 2017-05-17 11:00
>Octopussyさん
ランチにはアラカルトのタイ料理も5~6品ありました。
でも全体に西洋風なアレンジのタイ料理(隣の人のを盗み見ても)という印象。
タイ料理を食べるなら別のところが良いでしょう。
ここは僕を含めて雰囲気で食べたり飲んだりというところでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード


<< ミシュランガイド北海道2017特別版 「パークハイアットバンコク」の... >>