24 hours Dubai (1) エミレーツラウンジ@成田空港第2ターミナル
バンコクの話ばかりで飽きたというコメントもありましたので、少しづつドバイの旅行記も混ぜていきます。バンコクの方は(22)まで続きます。

今年のGWは僕は忙しく、前半にはバンコクへ、そして数日の仕事を挟んで、後半にはUAEのドバイとトランジットで北京に行ってきました。
バンコクの方は先日22回に渡る報告(「GWバンコク弾丸」シリーズ)を終えたところ、今度はいよいよ僕にとって久しぶりの訪問となったドバイのレポートになります。
ドバイの滞在は実に丸1日のみ、以前にも書いたようにせっかく取れたJALのマイルによるエミレーツ航空ドバイ直行便ファーストクラス(10万マイル)の帰路を僕の仕事のために日にち変更せざるを得なくなり、滞在2日弱で予定していたものが1日となり、日本行きの直行便に特典券席の空きがないため、北京行きで帰る羽目に・・・。
本当にたった1日、24時間の滞在でしたが、意外にもそれなりに充実したものとなり、北京も以前から泊まりたかったホテルに泊まれて、満足は満足でした。
ただし北京首都空港からの出発便が黄砂と強風のため3時間遅れたのは計算外でしたが。
そうそう、北京・羽田はエミレーツ航空ではカバーできないので、別切りでJALのこれまた特典で片道航空券を発券しました。
エコノミーで10000マイル、ビジネスで24000マイル必要でしたが、僕はビジネスを選択。
今回のようなディレイ時には、ビジネスクラスにしておいて良かった、いらいらはしたものの機内で優雅に(?)過ごせました。
ということで10万マイルでエミレーツ航空のA380ファーストクラス体験ドバイ旅行は、正確には124000マイルで・・・となります。
それでも有償で乗れば130万円以上はしますから、マイル辺りの単価は最強に使えたものと思っています。

では、いつものJAL便利用の僕の旅立ちとは違う出発の様子から・・・。
僕の東京・ドバイは成田空港出発のエミレーツ航空EK319便(JAL5095便)で。
その出発は午後9時20分の予定です。
f0036857_19401011.jpg

エミレーツ航空は成田空港ではJALと同じ第2ターミナルを使用。
f0036857_19402253.jpg

有償でファースクラスに乗るのなら、自宅から成田空港、ドバイ空港から宿泊ホテルまでの無料送迎が付いていますが、僕のようなJALのマイルによる特典ファーストでは、そのサービスは適応外だそうです。
チェックインカウンターはBとC。
f0036857_19403467.jpg

ファーストクラスのチェックインはスムーズ&待ち無し。
ビジネスクラスでチェックインしている人はほとんどが男性、それもスーツ姿の人が多かったです。
中には僕も名前を知っている某副大臣もいて、そのお付きの人、見送りの人、エミレーツ側の偉そうな人と大ダークスーツ集団も・・・。
その方はファーストクラスにアップグレードされたようで、機内では僕のすぐ近くにの席に座られていました。。
f0036857_19404926.jpg

いつも使う南の方ではなく北のファストトラック(プライオリティレーン)、もちろんエミレーツ航空利用者もここを使えます。
f0036857_19411499.jpg

GW中ともあって成田空港はいつもより混雑。
でもチェックインからこのセキュリティを抜けて出国まで10分とかかりませんでした。
出国してすぐのこの透明なエレベーターで、僕も利用したことのあるキャセイパシフィック航空の「キャセイパシフィックラウンジ」などと同じ4階に上がると、エミレーツ航空の「エミレーツラウンジ」があります。
f0036857_19412676.jpg

成田空港第2ターミナルにあるエアライン・ラウンジは全部で6社、JAL、アメリカン航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、チャイナエアラインと、ここエミレーツ航空です。
では第1ターミナルの方は?
あちらはANA、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の4社だったはずです。
f0036857_19423653.jpg

ドアが開くなり、もうここはエミレーツの世界。
f0036857_20402523.jpg

何とも印象的なユニフォーム、この特徴的な制服の色は砂漠のサンドカラーをイメージしていると聞いたことがあります。
赤い帽子と白のスカーフもユニーク。
世界中どこで出会ってもエミレーツ!と分かる、今やシンガポール航空のサロンケバヤと並ぶ、世界一有名なエアライン系ユニフォームでしょう。
f0036857_1943457.jpg

中に入ると、おぉ、1日1便しかないフライトのために、それも利用資格のある上級メンバーの為だけに、この規模のラウンジを運営するとは、さすがエミレーツ航空。
(入室基準はファーストとビジネスクラス利用者、FFP「エミレーツ・スカイワーズ」のゴールドとプラチナ・メンバーが利用可能です)
入ってすぐにある水のオブジェの優しい水音からは安らぎが、壁を飾るロレックスの黄金の世界時計からはゴージャスさが・・・。
f0036857_19473173.jpg

ラウンジは全体に緩いSの字様。
そこに色々なタイプの椅子が並んでいます。
f0036857_19431919.jpg

イタリア製なんでしょうか、いかにも高級な皮張りの椅子は質感たっぷりです。
電源ももちろん完備。
f0036857_19485258.jpg

窓にはこの時間すべてシェードが降りていました。
f0036857_19483565.jpg

ラウンジ中央にはフード&ビバレッジのカウンター。
何といっても目を引くのがこのドイツ製という大きなドーム型冷蔵容器です。
多種類のカナッペ、サラダ、チーズ、アラビア風小皿、寿司、フルーツ、スイーツなどが少量づつ並んでいて、自由に手に取れるようになっています。
f0036857_19532489.jpg

少量づつなので、無くなるとすぐに奥から補充、つまりいつでも新鮮(?)なものが食べられるということのようです。
f0036857_1953429.jpg

これらの料理はいずれも、イスラム教徒(ムスリム)も食べられるよう、ハラールの調理方法や食材で調理してあると・・・。
f0036857_195469.jpg

つまり冷製のものはここ。
f0036857_19542399.jpg

温かいものの方はこちらに並んでいます。
こちらも少量づつ。
f0036857_19544085.jpg

カレーなどどれも美味しそうです。
f0036857_19545597.jpg

アルコールいろいろ。
僕には関係ありませんが(僕は下戸)、サービスショットです(笑)。
f0036857_19584863.jpg
f0036857_1959494.jpg
f0036857_19592126.jpg

で、僕がここで食べたもの。
もちろんお腹を減らせて来てますから、この後機内食が出るのは分かっていても、食が進みます。
f0036857_19593893.jpg

天麩羅はここのスペシャリティ、ウェイトレスに注文し、揚げたてを運んできてもらいます。
f0036857_19595625.jpg

これで1セット、味は悪くなかったですよ。
メインにはステーキの茸ソース添えを。
f0036857_2003796.jpg

これも悪くないなぁ、このくらいのものがラウンジ食として食べられるのなら、十分〇です。
デザートはまずフルーツタルト。
f0036857_2012871.jpg

これが街のケーキショップ・クラスの出来だったので、もう1品、チョコレートムースケーキも・・・。
f0036857_2014337.jpg

食べ過ぎですよね、絶対。
ラウンジでは無料Wi-Fiサービスのほか、PCやプリンターなど各種機器を取りそろえたビジネスコーナーもあります。
f0036857_2023552.jpg

僕は残念ながらここで時間切れ、あぁ、もっと早くラウンジに来れば良かった・・・。
イスラム教の礼拝堂も見られなかったし、4室あるというシャワー室もチェックできませんでした。
残念。
なおこのラウンジのオープン時間は曜日によって違うようですが、火曜と水曜が午後5時20分から午後9時20分、その他の曜日が午後6時から10時までのようです。1
僕の乗るEK319便は午後8時35分ボーディング開始となりました@66番ゲート。
by shackinbaby | 2017-05-16 12:13 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2017-05-16 12:43 x
いよいよ待ちに待ったドバイ・ゴージャス旅行編のスタートですね(笑)。
続編も期待大です。

ただ一日1便上級乗客だけのためにこれだけのラウンジを運営しているエミレーツの太っ腹には脱帽です。
日系なら他のラウンジに委託するんでしょうが。

>今やシンガポール航空のサロンケバヤと並ぶ、世界一有名なエアライン系ユニフォームでしょう。
マレーシア航空の友人に言わせると「本家はこちら。シンガポール航空が分離した時に勝手に真似した。元々サロンバケヤはマレーシアの伝統的民族衣装。今ではシンガポールの民族衣装だと誤解されてしまった」
だそうですよ(笑)。
Commented at 2017-05-16 13:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-05-16 18:45
>momoさん
いつもお教えいただいて有難うございます。
サロンケバヤはそうだったのですね。
マラヤンエアウェイズからマレーシア・シンガポール航空になって、シンガポール航空が出来たのは1972年だったんですよね。
機内誌で読んだことがあります。
今でも離着陸の時だけサンダルからバックストラップ付きのに履き替えているんでしょうか。
色々知らないことの多いシンガポール航空FAのユニフォームです。
スターアライアンスに縁のない僕にはお目にかかる機会すらありませんが・・・。
あ、そうそう、時々ヒルトン東京とか都内のホテルでお目にかかるか。

Commented by shackinbaby at 2017-05-16 18:46
>Jさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
ご不便をおかけして申し訳ありません。
バンコクのレポートをきちんと終わらせてから、次のテーマに移ったほうが確かに読みやすいですよね。
そこまで気が付かず失礼いたしました。
この後はバンコクをあと3回、きちんと終わらせて、ドバイの話にもぢることにします。
ご指摘感謝しています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Commented by muchikopapa at 2017-05-16 19:17 x
素晴らしいラウンジですね!私も借金先生に刺激され、年末に関空からエミレーツで ヨーロッパの方に行こうかなと、思っています。特典航空券 に挑戦してみますが、駄目でも行こうかなと思っています。記事楽しみです。
Commented by ペリエ at 2017-05-16 19:18 x
御無沙汰しております。
9月に私もJALのアワードで往路は羽田線、復路は成田線のCクラスを押さえました。初めてのドバイでアブダビにも泊まる予定です。
24時間だけとのことですが、色々と勉強させてください。EKは45分前にはボーディング開始なのですね。羽田なので恐らくサクララウンジでしょうから往路の成田は羨ましいです。
Commented by shackinbaby at 2017-05-16 19:52
>muchikopapaさん
エミレーツはビジネスかファースト、お勧めします。
muchikopapaさんのご親戚のFAもいらっしゃったと思いますが、日本人FAもかなりいて、特に日本発着便では何も困らないはずです。
ドバイでトランジットも楽しいですよ。
https://www.emirates.com/jp/japanese/plan_book/essential_information/dubai-connect/dubai-connect.aspx
Commented by shackinbaby at 2017-05-16 19:52
>ペリエさん
コメントを有難うございます。
ペリエさんはドバイとアブダビですか、絶対お楽しみになれると思いますよ。
僕は本当にたった24時間の滞在でしたが、見るもの、食べるもの、泊まるところ、いろいろ楽しめました。
これから僕が実際体験したことをありのままに書いていきますので、もし参考になるところがあれば、僕も嬉しいです。
僕は羽田便の方が良かったのですが、それは特典では取れず、仕方なしの成田。
でもラウンジは成田の方が良いし、何しろ成田便は今A380ですから。
何でも結構です、何かあったらまたコメントくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「パークハイアットバンコク」の... スターアライアンスのマイルが1... >>