24 hours Dubai (7) 「パレスダウンタウン」のpalace suite fountain view
僕が早朝午前4時半にチェックインしたドバイの「パレスダウンタウン」というホテル。
f0036857_10412058.jpg

そのpalace suite fountain viewという100㎡以上あるスイートを見ています。
通常のミニバーの他にアルコールのみのミニバーもTVの前にあり、その下の棚にはグラスやカップ、冷蔵庫が置かれています。
f0036857_2328532.jpg

スイートといえどもこちらは無料ではありません。
写真には写っていませんが、隣にはいろいろなホテル・インフォメーションも見られるiPadが・・・。
f0036857_23291198.jpg

こちらはもう一つのソフトドリンク系のミニバー・エリアです(変な表現ですが)。
f0036857_23292899.jpg

シンクもあって、ネスプレッソ、TWGのティーバッグなど完備。
f0036857_23294279.jpg

無料のミネラルウォーターも各所に複数本づつ置いてあります。
f0036857_23295650.jpg

下は冷蔵庫になっていて、つまりこのスイートには冷蔵庫が2か所あることに・・・。
ダイニングテーブルの上にはウェルカムフルーツ。
f0036857_23301061.jpg

型どおりなものながらGMからの直筆の手紙が添えられています。
f0036857_233024100.jpg

今度はドアでリヴィングルームと仕切ることの出来るベッドルームを見てみましょう。
f0036857_23304321.jpg

このゆったり感、良いですね。
さすが101㎡あるだけあります。
f0036857_23305993.jpg

色使いやデザインの文様に色濃くアラブ情緒を感じます。
f0036857_2331177.jpg

リネン類は標準品、ベッドは柔らかめですが、全体として寝やすいベッド。
f0036857_23313411.jpg

備品に質感があります。
f0036857_23315617.jpg

メンテナンスも良いようです。
f0036857_23321434.jpg

ベッドルームの窓の方からウェットエリアの方を見たところ。
f0036857_23323040.jpg

クローゼットはウェットエリア入口の両側にあります。
向かって右のガラス張りのクローゼットを開けると、こちらにはセイフティボックスなどが・・・。
f0036857_23324657.jpg

ベイシンはダブル、奥にバスタブがあります。
タオルなどの質は良好。
f0036857_2333672.jpg

アメニティーはロレンゾ・ヴィロレッツィ製です。
f0036857_23332362.jpg

このブランドは世界中のホテルで、本当に良く出会いますね。
f0036857_2338244.jpg

バスタブは普通の大きさ。
湯質、湯温はOKですが、湯量はやや少なめかもしれません。
f0036857_23334684.jpg

もちろんシャワーブースもありますよ。
f0036857_2334219.jpg

バスローブの形の良いホテルは高級ホテルというのが僕の自説です。
f0036857_23341682.jpg

トイレは広く、ヴィデ付き。
f0036857_23343175.jpg

トイレはもう一つドアすぐにあるので、計2つあることになります。
f0036857_23345313.jpg

今度はこの部屋の特徴であるバルコニーに出てみましょう。
この時の外気温は26度Cくらい。
眼の前にはbig cityドバイのパノラマが・・・。
f0036857_23351048.jpg

左眼下(↑)にはホテルのプール、ホテルのタイ・レストラン「ティップタラ」が見え、中央奥(↓)にはホテルの親会社が開発した高層ビルが林立しているのが見えます。
f0036857_23352481.jpg

中央から右にかけての景色。
この大きな池で連日噴水ショー(ドバイ・ファウンテン)が行われるのです。
f0036857_23353934.jpg

つまり僕の部屋からは噴水が丸見え、部屋の冷房に当たりながら、飲み物でも飲みながらの見学も可能な部屋なんです。
眼を一番右に移すと、世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の全景が見えます。
f0036857_2336184.jpg

バルコニーは決して狭くなく、充分くつろげるスペースがあります。
f0036857_23361764.jpg

by shackinbaby | 2017-05-26 00:02 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< お知らせの続き~現状報告 奥さんのいない日の朝はいただき... >>