24 hours Dubai (8) 「パレスダウンタウン」の朝食@「EWAAN」
僕が2泊3日で行ったGWのドバイ&北京旅行。
僕の事故のために、しばらくその報告に間が空いてしまいました。
もしかして期待されていた方がいらしたら、本当にごめんなさい。
やっとキーボードも少しは叩けるようになり、また再開することが・・・、
これからもドバイのあちこちがいろいろ出てきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
f0036857_20402328.jpg

宿泊ホテルの「パレスダウンタウン」にはドバイ時間の朝4時半にチェックイン。
気温はその時点でも28度くらい。
夜は午前5時半ごろから開けてきて、窓の外はどんどん明るくなってきます。
部屋のバルコニー前に広がる広大な湖(人工湖)に、林立する高層ビル。
f0036857_20453385.jpg

しかしこの湖の豊富な水のせいでしょうか、バルコニーには鳥がたくさん寄ってきます。
室内が強力な冷房で冷えすぎるのが嫌だったので、バルコニーへのドアを少し開けておくと、朝のナチュラルな空気とチュンチュン鳴く小鳥たちには癒されます。
f0036857_2041312.jpg

バルコニーからの景色。
世界最高層ビルの「ブルジュハリファ」も眼の前です。
f0036857_20415387.jpg

僕の24時間できる宿泊プランには、ホテル1階にある「EWAAN」というオールデイダイニング・レストランでのバフェ朝食が2人分含まれているのです。
f0036857_20464833.jpg

僕はこの時間、機内で充分寝ているのでそう眠くはないのですが、食欲の方はイマイチ。
それほど食欲があるわけではありません。
f0036857_20475596.jpg

しかし日本のネット上にそう宿泊記のあるホテルでもないので、半ば使命感で(?)午前6時半ごろ、どんなバフェか見てくることにしました。
f0036857_20471436.jpg

ホテルのメイン・エントランス、レセプション、ロビー、ブティック、コンシェルジュ、カンファレンス&ミーティングルーム、「AL BAYT」というラウンジは3階に、ビジネスセンターや女性用スパは2階に、そしてこの「EWAAN」とそのラウンジ、男性用スパ、プール、フィットネスセンター、タイ料理レストランの「THIPTARA」は1階にあります。
エレベーターは3階以上、3階以下で乗換えとなります。
f0036857_2047328.jpg

レストラン内はホテル全体と同じアラブ情緒濃いデザインでまとめられています。
広いスペースの割には窓の部分が少ないので、朝食でもどこか閉鎖的で暗めな雰囲気。
でもこれがまたアラビックなムードを出しているんですよね。
f0036857_20481244.jpg

並べられている料理は幅広く、文句のないバラエティ、参考のために大体の料理を写真に撮っておきます。
f0036857_20483574.jpg

シェフ常駐のエッグ・ステーションがキッチンの中心。
f0036857_20485394.jpg

コールドカッツ。
f0036857_20491139.jpg

野菜は新鮮そう。
f0036857_20492822.jpg

ヨーグルト類は数多くの種類が・・・。
f0036857_20495099.jpg

付け合わせコーナーにはアラブらしいものも。
f0036857_2050284.jpg

パンも見たところ悪くなさそうです。
f0036857_20504380.jpg
f0036857_20505944.jpg
f0036857_20511611.jpg

もちろんデーツもあります。
f0036857_20513399.jpg

チーズ類。
f0036857_20515516.jpg

あ、そうそう、ここのフルーツジュースは美味しかったですね。
かなりピュアに近い・・・。
f0036857_20521414.jpg

西瓜もマンゴも、これだけはお替りしたほど。
ドバイはどこもフルーツジュースはかなり美味しく、僕はその日の午後、もしかしたら史上最高に近いマンゴジュースを某アラブ料理店で体験することになります。
この件はまた後ほど・・・。
f0036857_20523130.jpg

カット・フルーツ。
f0036857_20524940.jpg

苺などは日本の方が絶対美味しいです。
f0036857_2053435.jpg
f0036857_20532219.jpg

その他マイナーな料理もいろいろあって、例えばこれは南インドで良く食べられる米粉の蒸しパン、イドゥーリ。
f0036857_20533770.jpg

英語で書くとidly、僕の教科書的英語だとこれ、何もしないで、怠けて、無為に、ぼんやり、安閑と・・・なんて意味なので、言葉って面白いなぁと・・・。
ホテルのバフェ朝食として悪くない朝食だと思いますが、有料で食べるといくらだったのかは聞き逃したのは、残念です。

後記)このホテルのルームサービスでの朝食の値段を思い出しました。
コンチネンタルが125ディルハム、アメリカンが155ディルハム、シャンパンが付きエッグベネディクトなども選べるパラス・ブレックファストが310ディルハム(!)でした。
過去の経験からオールデイダイニングのバフェ朝食は、ルームサービスのアメリカン・ブレックファストと同じくらいの値段のところが多いので、たぶんそのくらいでしょう(推測)。
by shackinbaby | 2017-06-02 00:00 | 旅行 | Comments(2)
Commented by サリー at 2017-06-02 12:27 x
まー、イドゥリなんて手間のかかるものまで用意していると言う事は南インド人のお客が多いのでしょうね。最近は作っていませんが、伝統的な作り方では米とウラドダルという豆をすり潰し少なくとも8時間は発酵させて専用の蒸し器で作るものなんですよ。気温や湿度により発酵の具合が変ったりしてとても面倒な蒸しパンです。まぁ、レストランでは専用の発酵機があったりするのかもしれませんが。写真のは変った形ですね。初めてみました。
それにしてもアラブチックなホテル、いいですね!私もいつかドバイに行ってみたいです。
Commented by shackinbaby at 2017-06-02 18:26
>サリーさん
さすが、サリーさん、お詳しいですねぇ。
ウラドダルという名前と蒸しパンということくらいは知っていましたが、作り方が難しいものとまでは・・・。
ドバイは住みたくもずっといたくもありませんが、短期に旅行するにはとてもアトラクティブな街に作られています。
サリーさんにはローカリティが足らな過ぎと言われそうですが・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 皆様のコメントにお返事できるよ... 「ホテル・ド・クリヨン」、つい... >>