24 hours Dubai (11) ドバイヘリコプター遊覧飛行
今回の副題は 「Yes!高Xクリニック」をぜひ僕も体験(笑)です。
つまりドバイを上空から見ようというヘリコプター・ツアーが、「ドバイ水族館」見学、「ドバイモール」探検の後の僕の次の計画。
オリジナルの企画会社は

     http://www.helidubai.com/

     https://ja-jp.facebook.com/HeliDubai/

のようですが、僕はそのツアーが日本語でオンライン購入できる

     https://www.veltra.com/jp/mideast/uae/dubai/a/109557

から事前にクレジット決済して、予約を入れておきました。
そのツアーのピックアップが午後12時10分、ホテルロビーで・・・なので、その時間に合わせて「ドバイモール」からホテルへ戻ります。
外は40℃近い暑さ、シャワーを浴びなくちゃかな・・・なんて事前に想像していたのですが、(10)でも書いたように連絡経路はほとんど空調完備、その必要はありませんでした。
ツアーのピックアップは正確で、予定時間の5分前。
きれいな英語をしゃべるパキスタン人ドライバーが僕を郊外にある(車で約25分)、「Helidubai」という催行会社のオフィス、ツアーの発着場所まで連れて行ってくれます。
f0036857_2085547.jpg

冷房の効いたかなり良い車で(しかも僕一人、プライベートリムジンみたい)のこの往復送迎は、有料で1人US$35。
タクシーで「Helidubai」まで行っても良いのですが、復路のタクシーがつかまりにくそうなので(郊外にあるので)、僕は送迎付きを選び、これは本当にスムーズで、僕は皆さんにもこの方法をお勧めしますね。
かなり質素なバラック風の建物の中に、レセプションと、飛行上の注意事項などのインストラクション・スペースがあります。
もちろん冷房はばっちり、スタッフはフィリピン人などほとんどが外国人のようで、きれいな英語とかなりなホスピタリティを持った人達ばかり。
あ、そうそう、このツアー、必ずパスポートを見せる必要があります。
これは絶対にお忘れなく。
パスポートを忘れると、本当にヘリコプターに乗れなくなっちゃいます。

f0036857_2091048.jpg

ツアーの流れは

08:00-12:00 Skydive内Helidubaiのオフィス集合 または ドバイ市内ホテルお迎え (有料)
チェックイン後、待合いスペースでお待ちください
注意事項の説明、体重測定(ヘリコプターの重量バランスのため)があります。
一生ものの興奮体験の遊覧飛行をお楽しみください!
※所要時間はコースにより異なります
※予約の空き状況により、開始時間が変更される場合がございます。
Skydive内Helidubaiのオフィス解散 または ドバイ市内ホテルお迎え (有料)


だそうで、コースは搭乗時間によって3種類あり(12分、22分、40分)、僕は真ん中の22分を選び、値段はUS265.5でした。
f0036857_209328.jpg

ここでの搭乗時間は大まかにしか予約出来ず、重要視される体重測定によって、どういう組み合わせでヘリコプターに乗るのか決まり、このことを知っておかないと、イライラしたりはあるかもしれません。
f0036857_209501.jpg

ヘリコプター搭乗前のインストラクションは、分かりやすい英語で丁寧に・・・。
これならたいていの日本人がOKでしょう。
ただしここでも中国からのお客が半分以上、彼らには専用の通訳も付き、至れり尽くせりサービスがなされていました。
f0036857_2010845.jpg

22分のコースは

ドバイ・マリーナを出発後、パーム・ジュメイラを左側に眺めます。その後、バージュ・アル・アラブやバージュ・カリファといったドバイの象徴的建物を眺めます。後半はオールド・スークやヘリテージ・ビレッジのあるドバイ・クリークサイドを通り、美しい海岸が望めるドバイ・ビーチを眺めながら戻ります。
【22分コースのハイライト】
パーム・ジュメイラ / ザ・ワールド / バージュ・アル・アラブ / バージュ・カリファ / ドバイ・ビーチ / ドバイ・クリークサイド


と説明されます。
午後1時15分ごろ、いよいよ僕の盤が来ました。待っている間に仲良くなったスタッフが
「あなた、すごく良い席よ、操縦士の隣の一人席。」
とウィンクしながら・・・。
やったぁ。
後部座席には2~3人乗れるのですが、彼らも僕同様やや大柄なカップルだったので、後部座席もラッキーなことに2人だけで・・・ということになったようです。
同じ料金を払っても、後部座席の真ん中なんかになるとそのの視界はかなり遮られますからね。
f0036857_20102579.jpg

あぁ、このヘリコプター。
f0036857_2010463.jpg

冷房の効いたバラックから、コンクリートの照り返しで50°C位はありそうなヘリパットに・・・。
この辺りヘリコプターまでどう動くのかは、かなr厳重に指示されます。
僕の乗った操縦席隣の席からの視界。
f0036857_2011264.jpg

これは良く見えそうです。
さぁ、テイクオフ。
f0036857_21135551.jpg

ヘリコプターはどんどん高度を上げていきます。
f0036857_20115585.jpg

あぁ、良く見えます。
パイロットは分かりやすい英語で簡単に地名説明などしてくれます。
後ろの中国人客には、無線で中国語の同時通訳が付きます。
「ブルジュカリファ」はドバイの目印。
f0036857_20121035.jpg

良く見えるんですけど、この白っぽさは?
f0036857_2012263.jpg

やはり、砂漠からの砂でしょうか?
後でスタッフの女性に聞くと、ドバイはこういう日が多く、本当に空がクリアな日ってそう多くないんだそうです。
f0036857_20124929.jpg

7★ホテル(?)「ブルジュアルアラブ」が見えてきました。
f0036857_20131565.jpg
f0036857_20133286.jpg

「ジュメイラビーチホテルドバイ」。
f0036857_201353100.jpg
f0036857_20141072.jpg

「ザ・パームジュメイラ」の全景は、こうして空からしか分かりません。
すごいもの作っちゃったものですね。
f0036857_20144164.jpg
f0036857_20152498.jpg
f0036857_20154378.jpg

「アトランティック・ザパーム」、ここもドバイを代表する人気豪華ホテル。
f0036857_201618.jpg

そしてヘリコプターは旋回しつつ、後半戦に・・・。
f0036857_20162199.jpg
f0036857_20164286.jpg
f0036857_20165969.jpg
f0036857_20172479.jpg
f0036857_20174039.jpg

そして約20分の飛行後、無事ヘリパッドに戻ってきます。
f0036857_2018139.jpg

「Yes!高Xクリニック」のCMように空気は澄んでもいなく、もっと低い高度での飛行もなかったですが、やはりこれも面白いツアーでした。
オフィスのあるバラックに入るともう送迎担当の運転手がにっこり待っていてくれます。
この辺りスムーズ。
なおヘリコプター搭乗中の貴重品は無料で預けられるセイフティボックスがあります。
運転所は僕をまた出発ホテルの「パレスダウンタウン」まで送ってくれようとしますが、僕は思い切って聞いてみます。
「運転手さん、ホテルじゃなくて、別の所に送ってもらっても良い?」
ランチをまだ食べていないので、ローカルなエリアの街歩きとアラブ料理店などを試してみたかったのです。
f0036857_20182336.jpg


参考までに(笑)


by shackinbaby | 2017-06-05 00:01 | 旅行 | Comments(12)
Commented by momo at 2017-06-04 20:01 x
ドバイのヘリツアー良いですよね。
私はナイトツアーも経験しましたが夜も違った趣きで素晴らしかったです。
ma-yamanakaさんはご自分でヘリを操縦なさって飛ばれるかも?(笑)
水上飛行機を使ったツアーもあってこちらも素晴らしいです。
リンクが貼れませんでしたので「 SEAWINGS DUBAI」でググってみてください。
Commented by プンバビ at 2017-06-04 21:01 x
空から見るとまた圧倒的ですね。
ドバイに関してこんなニュースみつけました。

ドバイのメディア、ガルフニュースは面白い統計調査を発表。ドバイの自治国と共同で約60人の乞食を相手に月の収入を調査。結果は驚くべき事に、物乞いだけで月に27万ディルハムを得ていたという。日本円に換算して825万円(2017年6月3日現在)。

これらの乞食の中には、この収入を目的として入国した人もいた。数名の乞食は事業や観光ビザを受け、パスポートを所持していた。地方時期当局は「乞食の大半が3ヶ月のビザを所有し合法に入国後に、ビザの期限が切れるまで、できるだけ多くのお金を稼いでいる」という事実を発表。

これ、実話としたら桁違いですね
Commented by HK@Bamboo Bar at 2017-06-04 22:38 x
ヘリコプターも魅力的で迷ったのですが、結局私は同じVeltraから気球から見る砂漠サンライズツアーに参加しました。
この写真を見ちゃうと、次はヘリコプターにチャレンジします。
Commented by reward at 2017-06-05 02:04 x
凄い絶景ですね。
私は高所恐怖症なのでチャレンジ出来そうにありません・・・
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 07:44
>momoさん
いつも情報を有難うございます。
SEAWINGS DUBAIで探してみました。
https://www.seawings.ae/
これも良さそうですね。
https://www.youtube.com/watch?v=MPlO6T2EaIA
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 07:46
>プンバビさん  
すごい話ですね。
話半分にしてもすごい・・・。
僕が体験した観光客が誰でも行くようなところでは、それらしき人はほとんど見かけませんでした。
それにしても誰がそんなに恵むんでしょう。
ドバイの人口の大きな部分を占める外国人労働者は自国への仕送り送金が主目的でしょうし、そんな余裕は・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 07:47
>HKさん
以前のドバイ旅行で砂漠とか主だったところは体験しちゃったので、今回はこれにしました。
ちょうどテレビで高XクリニックのCMやってたから・・・というのは嘘ですが(笑)。
もうご帰国でしょうか、ハノイのお疲れが出ませんように・・・.
バンブーバー、懐かしい!
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 07:48
>rewardさん
高いところは苦手でらっしゃるんですか・・・。
でもホテルだったらきっと大丈夫なんですよね。
ただお隣韓国のロッテ系「ザ・シグニエル・ソウル」くらいまで高くなっちゃうと、窓際でもどこか違和感出ちゃうかも。
僕は逆で高ければ高いほうが好き、床が透明なんてのも大丈夫なんです。
Commented by momo at 2017-06-05 12:59 x
私はヘリよりも水上飛行機のほうが好きなんです。
モルディブのリゾートはマレから近いところはスピードボートで移動ですが遠い場合は水上飛行機になります。(有視界飛行なので夜間の移動ができずマレで宿泊、翌日移動が必要なのが痛いのですが)
そこで経験して好きになりました。
水上を滑走して浮き上がる瞬間がなんとも言えず爽快なんです。
モルディブに行かれる際は是非お試しください。
体験された方の記事がありました。
http://hairmakechihiro.com/?p=519
Commented by ma-yamanaka at 2017-06-05 13:16 x
ドバイの全貌を理解するには空からも有りですね!高XクリニックのCMは良いところだけ抜いてあるので分かりにくいですが実際に乗ると砂漠と造形物のバランスになるほどと納得されたのではないでしょうか?

Momo様から振られましたが(ありがとうございます!)U.A.Eはレギュレーションが違うので私一人ではヘリを飛ばすことは出来ません。しかしスチューデント扱いでアブダビの沿岸部から奥地に向かい何度かコパイとしてフライトさせて頂きました。友人達のファーム(むしろオイル??)はエンプティエリアにあり車で行くと8時間以上かかる場所にもあるのですがヘリだと1時間もかかならい便利さです。あの砂漠をヘリから高度を変えながら見ると本当に素晴らしい時間を過ごせます。

U.A.Eで水上飛行機だとデザート・アイランドに行くときに選択できました。離陸するときは空港のアスファルトですが島の傍の海に着水しました。帰りはその逆ですね。あの水面を蹴りながらの離陸は地上とは違い、鳥たちが足をバタバタしながら一生懸命に飛ぼうとするのを思い出させてくれるのが好きなポイントです。またパイロットの方に聞くと空と海の両方を制覇するので機長でもあり船長でもあるのが良いところだと言われていました。

しかし東京タワー等の下が見える床がガラスの部分は足が竦みます・・ヘリのコックピットも下は丸見えなんですが平気です・・人間ってわからないですね・・

では!
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 18:24
>momoさん
いつも関連情報を詳しく有難うございます。
なるほど…です、僕もいつかどこかで体験してみたいです。
リンクも有難うございました。
関連のyou tubeなどを見て、感じがつかめてきましたが、実際の体験はもっと↑↑なんでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2017-06-05 18:24
>ma-yamanakaさん
詳しく本当に有難うございます。
「あの砂漠をヘリから高度を変えながら見ると本当に素晴らしい時間を過ごせます」<これは僕も体験してみたいですね。
高層ビルの透明な床より、ヘリコプターの不安定に動く透明な床部分の方が、普通は嫌なんじゃないかと思うんですが・・・。
やはりパイロットとしてヘリコプターを良くご存じで信頼を置いているし、何よりも運転がお好きということもあるんでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード


<< 24 hours Dubai ... 24 hours Dubai ... >>