チャンギ空港の「ジュエル・チャンギ・エアポート」はすごそう
シンガポールの新しい名所にもなりうるチャンギ空港の複合施設(MIXED-USE COMPLEX) 「ジュエル・チャンギ・エアポート」(JEWEL CHANGI AIRPORT)の概要が発表になっています。

     http://www.jewelchangiairport.com/

世界のどの空港ランキングでも上位を総なめのこの空港、更なるグレードアップを測るため2019年初めに完成予定のこの施設は、今やシンガポールのランドマークともなったホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」のデザインを手掛けたことでも有名なイスラエル系カナダ人建築家、モシェ・サフディ氏。

f0036857_16182744.jpg


ガラスとスチールでできた「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のようなドーム型の建物はひときわ目を引くデザインで・・・



その中には豪華な滝や屋内庭園、様々なリテール・ショップやアトラクションが並ぶとのことです。
最近発表になったのはその最上階部分に展開される「キャノピーパーク」(CANOPY PARK)の詳細。



14000㎡という広さに1400本の椰子の木を含む緑が植樹されたこの屋内庭園、緑の生け垣と鏡の「キャノピー・メイズ」、世界最大規模のサイズで張り巡らされたネットの上で、跳ねたり散歩しながら25m下を見下ろせる「「スカイネット」、4つの滑り台を組み合わせた「ディスカバリー・スライズ」など多彩などの年代でも楽しめるアトラクションが、完全空調の緑の中で楽しめるようです。
これはもうチャンギ空港、1日いても飽きない空港、いや遊びに行く空港にもなっちゃうかもですね。
by shackinbaby | 2017-06-13 12:20 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 24 hours Dubai ... この本はどうでしょう~「最高の... >>