バニラエア、また手続きなしで乗客入国
遅くなりましたが、昨日くらいになって一般ニュースでも取り上げられたニュース。
バニラ・エアで、成田空港に到着した国際線の乗客34人が誤って国内線の到着口に誘導され、入国審査を受けずに入国、このうちの10人は、現在も立ち去ったままとなっているという、あのニュースです。
この34人のうち、10人は立ち去ったまま、入国手続きをしておらず、現在、バニラ・エアが連絡を取っているところだそうですが、日本人1人とはまだ連絡が取れていない状況とのことです。
バニラ・エアは2016年4月にも同じミスをしていて、国土交通省は厳重注意をしていました。
これは前回の時のニュース映像。



今回は誤誘導した運転手が責められるべきでしょうが、バニラエアからの指示がしっかりしていたのか、同じことが2度も起こるというのは問題でしょう。
連絡の取れない1人は、法的にはまだ日本に入国していないということになる?
by shackinbaby | 2017-06-20 12:26 | 旅行 | Comments(7)
Commented by momo at 2017-06-20 15:53 x
前回は台北発成田が強風で中部空港へダイバート、その後成田へ飛んだ変則運航でしたが今回は通常運航。
運転手が悪いのは当然ですが乗客が空港会社へ申し出→空港会社→バニラへとバニラでは連絡が来るまで気づかなかったのが一番悪いです。
Commented by Jun at 2017-06-20 16:16 x
バス3台中2台はちゃんと国際線用の到着口に輸送しているので、エアラインだけが名指しで責められるのは違和感があります。
成田の第3ターミナルをつかう他のLCCとバニラエアで、輸送バス会社との間の連絡方法が違っていてそれが原因、とは考えにくいですし、
他のキャリアも全員が降機した、入国の方の通路に向かった、は把握していても、入国審査を通過したか、なんて把握して無いですよね?
Commented by momo at 2017-06-20 17:01 x
>Junさん
確かに乗客が入国審査通過したかなんて把握できないですよね。
他社の社内マニュアルでは国際線用到着口でスタッフが輸送バスを出迎えてバスの台数をカウントし乗客を入国審査へ誘導するとなっているそうです。
国際線の利用者は1階の国際線バスゲートに到着→2階の入国審査場→1階の国際線専用手荷物引渡場と税関を通過→ 一般エリア。
国内線利用者は1階の国内線バスゲートに到着→国内線専用の手荷物引渡場を通過→ 一般エリア。
国際線、国内線では動線が違います。
国際線に誘導されると必然的に入国審査を通過しないと一般エリアへは出られません。

Commented by shackinbaby at 2017-06-20 17:24
>momoさん、Junさん
LCCはグランドスタッフが誰もバスに乗らないんでしたっけ?
1人くらいは最後のバスに乗る?
あ、でもそのバスじゃないバスが国内線行っちゃったら駄目か・・・。
さっき見たTVでは、運転手は1日中国内線の運転してたからつい・・・なんて言ってましたけど、それは理由にならないなぁ。
Commented by ホテラバ at 2017-06-24 07:38 x
国際線バスゲートに、バニラエアの地上係員を新たに配置。到着時は1人だった地上係員を2人に増員することで、配車した複数台のバスすべてが到着したことを確認できる仕組みを構築するように対策するそうです。
Commented by momo at 2017-06-24 08:00 x
>配車した複数台のバスすべてが到着したことを確認できる仕組み
ホテラバさんのコメント拝見してびっくりです。
こんな基本的なことを昨年のミスを起こした以降もやっていなかったなんて!


Commented by shackinbaby at 2017-06-24 12:26
>ホテラバさん、momoさん
いつも有難うございます。
前回の事故ではそうした対策を取らなかったのですね。
今回やっと・・・。
LCCといえどもこの辺りはしっかりやっていただかないと、です。
名前
URL
削除用パスワード


<< JAL国内線の機内ネット接続を無料化 マリオット、今夏続々ホテル・オ... >>