再投稿:16年前のバンコク旅行記が見つかりました
僕の古い日記を見ていたら、2001年にこんなバンコク旅行記を、どこかに(たぶん業界誌)投稿していたようです。
こんな写真付きの旅行記をその当時作っていたなんて、すっかり忘れていました。
今から16年も前のバンコク、改めて見直すと、すでに近代化まっしぐらのバンコクでしたが、高層ビルは少なく、記載されている物価もだいぶ安め。
懐かしいので、ここに再録します。


バンコク、タイ人はこの街をクルンテープと呼ぶ。
クルンテープとは「天使の都」という意味だそうだ。
このアジアのハブともいえる大都市を初めて訪れたのは、もう20年以上も前。
あれから一体何度、この街を訪れたことだろう。
ある時は仕事で、ある時はトランジットとして数時間だけ。
この20年でだいぶ変わったとは言うものの、いつ行っても「微笑みの国」を実感させてくれる、僕の大好きな街である。


最近のバンコクは、昔の「汚いバンコク」ではない。
街の中心部はこんな具合。
高層建築と、まだまだ多い緑のコントラスト。
この緑は王室用の競馬場。
f0036857_22343131.jpg

いくら近代的になったとはいえ、そこは敬虔な仏教国。
街のあちこちにこういう祠がある。
日本とはまったく違うスタイルが、僕らには逆に新鮮だ。
f0036857_2235451.jpg

大きな祠では、こういう専属のダンサーがいて、お金を払うと仏様に奉納の舞をしてくれる。
もちろんお金次第で、ダンサーの数も置くなり、踊る時間も長くなるそうだ。
こういうところが小乗仏教的?
f0036857_22352098.jpg

街中にも、名も知れぬワット(お寺)は多数点在、いまだに人々の熱い信仰を集めている。
観光客が行くような有名寺院じゃなくて、街歩きしながらのローカルなワット巡りもまた一興。
f0036857_22353528.jpg

観光客の行かない、ごく普通の街並み。
古いタイ・コロニアル建築の向こうに高層ビルが。
そしてタクシーと、タイではいまだ現役の「トゥクトゥク」と呼ばれるオート三輪。
新旧の対比。
f0036857_22362265.jpg

世界中どこにもある「中華街」はバンコクでも元気だ。
「ヤワラー」と呼ばれる地区はB級グルメの宝庫。
安くて美味しいものが目白押し。
衛生問題も過熱してあるものならたいてい大丈夫。
なんでも「生」は危ないです(笑)。
f0036857_22363463.jpg

フカヒレやアワビなどの乾物屋を冷やかすのも楽しい。
でもバンコクでの「お買い得」は燕の巣。
買って帰っても、家庭で調理できるものではないのが残念だが。
f0036857_22371237.jpg

このぐつぐつ煮立ったフカヒレのスープがたったの1400円程度。
パクチー(香菜)をたっぷり入れて食べるのがタイ・スタイル。
フカヒレはタイでは庶民も食べるポピュラーな食材。
f0036857_22372554.jpg

南国のクリスマス・イルミネーション。
国王の大きな写真も一緒にディスプレーされているのが、いかにもタイらしい。
f0036857_22374512.jpg

ここでは「さみだれ電球式」イルミネーションを見ていただきたい。
こういうデコレーション・スタイルはタイだけではなくアジアではよく見るタイプだ。
f0036857_22375587.jpg

初日の出。
f0036857_22381139.jpg

バンコクには世界的に著名なホテルが沢山ある。
今回の宿泊はペニンシュラ・ホテル・バンコク。
チャオプラヤ川を挟んで、有名なオリエンタル・ホテルの真向かいにそびえる高層ホテルだ。
このホテル専用の渡し船で川を渡るところからホテル・ステイが始まる。
f0036857_22382463.jpg

ペニンシュラのシックな室内インテリア。
ここには写っていないが、高層建築なのにバルコニーがある。
つまり直接川風に吹かれることが出来る「バルコニー・ルーム」というカテゴリーの部屋を選んだ。
f0036857_22384291.jpg

リゾート気分を醸し出すセッティングのプール。
ちょうど向かいがオリエンタル・ホテル。
f0036857_223921.jpg

モダンなところと、こうしたタイ情緒豊かなところがうまく融合しているホテル内。
高床式のラウンジ。
f0036857_22392266.jpg

B級グルメの1つ、日本でいうあんかけ麺のようなバミー・クロップ・ラートナーと言われる料理。
僕の大好きな一品だ。
「トンファヘン」というこれ専門の名店にて。
店はステンレス製メインできれいに清掃されていて、ローカルな店と言えども不潔感は全くない。
約60円とすこぶる安価。
f0036857_22393741.jpg

これはお持ち帰りのカオカームー。
カオはご飯、ムーは豚。
八角などの中華系香辛料入りの醤油でトロトロになるまで煮込んだ豚肉と野菜、卵をご飯の上に乗せたもの。
夜食に最高。
これで日本円にして100円くらい。
f0036857_2240068.jpg

麺屋台。
イラストがタイっぽいというか中国っぽいというか。
f0036857_2240948.jpg

フルーツはいつに豊富。
そしてとにかく安い。
手前がジャックフルーツ、奥がドリアン。
f0036857_22402675.jpg

街角の花輪(プアンマーライ)売り。
生活の中に溶け込んでいる。
これも驚くほど安い。
f0036857_22403771.jpg

空き地では何とセパタクローをやっていた。
竹で出来た小さな球を蹴り合うタイ独特の球技。
f0036857_2241328.jpg


後記:最初の写真はたぶん「パトムワン・プリンセス」からかも。
あの当時はよくあの韓国系ホテルに泊まっていました。
理由は設備の割に安かったから・・・。
「さみだれ電球式」イルミネーションと書いたのは、当時の「パンパシフィック・ホテル」、今の「クラウンプラザ・バンコク・ルンピニパーク」です。


皆さんのサジェスチョンで、何とか編集し直せました。
以前のスタイルに戻せました。
特にほまれさん、Junさん、本当に有難うございました。
スマホではOKとのことですが、PCの方はこちらの方が見やすいですよね。
この編集でコメントをいただいた2名の方のコメントも消えてしまいましたので、以下に再録させていただきます。
ご不便をおかけいたしまいた。


Commented by NK at 2017-06-25 22:56 x
借金さまのオスマシ用?の文体が新鮮でした
2001年だとちょうど卒業旅行の時期でしたがバンコクの文字がパンフレットに飛び交っていた記憶です

やっぱり経済成長のペースが速い発展途上国は行けるうちにひとまず行っておいて往時の雰囲気を味わっておくべきだなあと記事を拝見して実感しました

Commented by nagi at 2017-06-25 23:27 x
2001年ですかぁ(遠い目
B級グルメ押しが嬉しい、ですw
やっぱりページビュー的には高級タイ料理なんでしょうけれどもw
借金先生のB級グルメなタイ特集というのも大変に興味があります。
あ、まだタイでヤギを食べていないのでバンコクヤギ巡りをしなくては。
ソップノーマイめぐりはしたのですが(^_^;;;
by shackinbaby | 2017-06-25 18:00 | 旅行 | Comments(12)
Commented by shackinbaby at 2017-06-26 00:07
>NKさん
ご迷惑をおかけしましたが、何とか直せました。
通常のコメント欄に載せられなくてごめんなさい。
ちょっとスマしてましたですかね、このころ。
やはり16年という年月は長い・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-06-26 00:07
>nagiさん
ご迷惑をおかけしましたが、何とか直せました。
通常のコメント欄に載せられなくてごめんなさい。
おっしゃられるように、このころはB級ばっかりでしたねぇ。
nagiさんのバンコク行きの回数はとんでもなさそうですもの、僕の方が教わりたいくらいですよ。
ぜひ・・・。
Commented by momo at 2017-06-26 08:14 x
懐かしいです。
>最近のバンコクは、昔の「汚いバンコク」ではない。
これ実感しますよね。
それと昔のお写真、やはり画質が荒く現在のカメラの性能がいかに良くなったのかも感じます(笑)。
Commented at 2017-06-26 08:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2017-06-26 20:41
>momoさん
カメラの性能は本当に違いますね。
でも知り合いから、お前は16年前も今もやってることが同じだ、最近も同じような写真撮ってると言われました。
その通りで、何とも返しようもないのですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-06-26 20:42
>momoさん
これ全然知りませんでした。
当時発表したものがまだ残っていたなんて。
発見は出来ましたが、これどうやったら消せるんでしょう。
親ページもないみたいだし・・・。
担当者が誰だったかもすべて忘れてしまって。
ま、良いでしょう、僕としては懐かしいものが個人のアイルから出てきたので。
いつも有難うございます。
Commented at 2017-06-26 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by EL at 2017-06-26 21:26 x
最初の写真はバイヨークと競馬場の位置関係から見て、おそらくパンパシフィックから撮られたものではないかと思います。

2001年というと言葉を覚え始めたころなので、一番楽しかった時期かもしれません。
BTSはもうありましたが今ほど混雑することもなかったように記憶してます。
まだサイアムパラゴンがオープンする前で、サイアムセンター、サイアムディスカバリー、エンポリアム辺りが最新スポット。
トンロー、エカマイにお洒落なパブやクラブがポツポツとでき始めたころですね。

記事にあるラートナーの店、気になったので調べてみたらバンコク郊外へ移転したそうです。
これも時代の流れでしょうか。
Commented by Pockie_totoro at 2017-06-27 10:06
懐かしいアップありがとうございます。私もこの頃出来立て(くらい?✴)のペニンシュラに泊まりました。あの頃のバンコクはお得でしたね。
Commented by shackinbaby at 2017-06-27 12:11
>ma-yamanakaさん
いつも有難うございます。
僕も見つけました、まさかネット上にまだ残っていたなんて、僕自身すっかり忘れていました。
当時の関係者に当たり、どうなっているのか調べていますが、誰がどう作ってどう載せたのか、どうもすぐには解決しないようです。
お騒がせいたしました。
Commented by shackinbaby at 2017-06-27 12:11
>ELさん
そうですね、バイヨークがこう見えるということは、パトムアンからということはなさそうですね。
パンパシフィックからですかね、方向的にはそうですよね。
パトムワンもパンパシも当時よく泊まっていました。
ご指摘有難うございました。
サイアムパラゴンのところには当時孔雀が放たれていましたね、懐かしいです。
Commented by shackinbaby at 2017-06-27 13:33
>Pockie_totoroさん
いつも有難うございます。
もっと前のバンコクならアナログ写真でまだまだあるんですけど、それをデジタル化するのも大変で・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 見にくいですか? ヒルトンのライフタイムダイアモ... >>