今後の米国便、検査強化
日本の航空会社や空港会社は、アメリカ政府が通達で示した搭乗前検査の内容確認や対応について、検討に着手したとのことです。

★米行き便の検査を厳格化…国内7空港、各社対応急ぐ 課題は「搭乗手続き遅延」「費用負担増」

     http://www.sankei.com/affairs/news/170630/afr1706300001-n1.html

★国際便のPC禁止拡大は回避、米当局が空港検査を厳格化

     https://jp.reuters.com/article/aircraft-laptop-idJPKBN19J2YZ

検査の強化は搭乗の遅れを招き、旅行者に影響を及ぼす可能性があるほか、人員や設備拡大などへの費用負担も課題となると。
米直行便を運航するJALとANAには、既にアメリカ政府からの通達があったということですが、両社とも「内容は精査中」とし、具体的な対応についてはまだ明言していないようです。
航空各社は検査強化に合わせて、アメリカ便の利用者に早めの搭乗手続きを徹底するよう、インターネットなどで周知する見通しだそうですが、費用負担の割り当てなども決まっておらず、課題は山積していると記事には書かれています。
いずれにしてもアメリカに行かれる方は時間に余裕を持ってでしょうね、これから。
by shackinbaby | 2017-06-30 07:02 | 旅行 | Comments(3)
Commented by nagi at 2017-06-30 12:49 x
US国内でもレガシーキャリアと同じターミナルだったりするとセキュリティが2時間待ちになったりするので。
でも、US便だけセキュリティレーンを分ける??
もしくはUS便だけボディスキャナを必須にするとかでしょうか。

結構インパクトはでかいですね。
Commented by momo at 2017-06-30 13:29 x
イスラエル行き航空機のセキュリティチェックは非常に厳しく時間も掛かりましたが米国便も同じようになりそうですね。
Commented by shackinbaby at 2017-06-30 23:17
>nagiさん、momoさん
アメリカは日本の航空会社にどの辺まで要求してるんでしょうね。
ホール・ボディー・スキャン?
もちろんセキュリティのランクが上がるのは嬉しいのですが、あまりに時間がかかると・・・。
難しいところです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 仮称「ヨドバシ梅田タワー」のホテル 成田空港にも到着免税店が >>