ホテルインターコンチネンタル東京ベイ (1)
僕がこの竹芝のホテルに泊まったのは、7月23日の「『ホテルインターコンチネンタル東京ベイ』に泊まった理由」に記した通りです。
IHGホテルズに3泊するともらえるボーナスポイントの故。
f0036857_19511422.jpg

このホテルには過去数回泊まっていて、このブログにに書いただけでも改装前でボロボロだったレギュラーフロア、次いで改装後のクラブインターコンチネンタル・フロアの部屋・・・。
どちらも僕にはあまり満足出来ず、こうしたプロモ以外、積極的には選ばないホテルでした。
f0036857_19514028.jpg

今回の宿泊はIHGのウェブからの予約で、「IHG®リワーズクラブ会員様限定料金」というプランで、Superior Bay View Double Nonsmoking が1泊1室19500円(総額)というもの。
f0036857_1952668.jpg

湾向こうの「ヒルトン東京お台場」などに比べるとやや高い料金、しかも向こうはメンバーステイタスありでいろいろ優遇も、片やこちらは何のメンバー・ステイタスもないので、値段だけ見れば、(僕個人としては)圧倒的にヒルトンの勝ちです。
f0036857_19522957.jpg

ドアマンやベルはホテルで初めて会う顔、かなりそのホテルの印象を左右しますが、僕がタクシーでこのホテルに着いた時のドアマンは無言。
他にエントランス周辺に利用者はいないのに、客の方を見てないように見えて、きっとお疲れになっていたんでしょうか(皮肉)。
f0036857_19525424.jpg

ロビーは何というか、ダークゴージャス系というんでしょうか、天井の低いのはリニューアルしようがないのでしょう。
f0036857_19532210.jpg

レセプション・カウンターには一番端にメンバー用のレーンもあり、そこを利用したからでしょう、チェックイン時冷たいおしぼりが出ました。
メンバー特典などは僕は最下層のオレンジ色のカードのメンバーなので特になく、しいていえば新聞の種類を聞かれたこと、free wifiを説明されたり、チェックアウト時間を聞かれたり(レイト・チェックアウト可能?)したくらいです。
f0036857_19534027.jpg

ここのフロア構成はこうなっているんですね。
結構複雑。
f0036857_1956127.jpg

ウェブには

     https://www.interconti-tokyo.com/

クラブインターコンチネンタル・フロアは

     https://www.interconti-tokyo.com/stay/floor/#tabNavType01-03

エグゼクティブフロアは

     https://www.interconti-tokyo.com/stay/floor/#tabNavType01-02

レギュラーフロアは

     https://www.interconti-tokyo.com/stay/floor/#tabNavType01-01

とありますが、この図を見ると、クラブインターコンチネンタルの中に、クラブインターコンチネンタル・エグゼクティブなんてカテゴリーもあるんですね。
部屋までは若い女性ベルが案内してくれますが、エレベーターの中でも彼女は終始無言。
緊張しているのかなぁ、それとも疲れてる?
f0036857_19565024.jpg

僕の部屋番号は知っているでしょうに、エレベーターを降りて反対側に案内されそうに・・・。
(もちろん数歩で引き返しましたが)
f0036857_1957950.jpg

案内された部屋はレギュラーフロアの13階。
f0036857_741501.jpg

重いドアを開けて、中に入ると・・・
f0036857_742510.jpg

おぉ、以前の宿泊と違って、きれいにリノベートされています.
レギュラーフロアのリノベーションは2014年2月22日だそうですから、以前のくたびれた客室に泊まったのは、それ以前ということになりますね。
部屋の広さは35㎡くらい。
いやいや、標準的な部屋の造りですが、なかなか良い感じじゃないでしょうか。
あるサイトにはこの部屋の特徴を

レギュラーフロア スーペリア ベイビュー(ダブル)
8階~17階に位置するレギュラーフロア。
レインボーブリッジやお台場を間近に望むベイビューの眺望は、訪れるお客様の目を愉しませ、ご滞在を深く印象付けてきました。
眼下に広がる海は、夕刻から夜に従って色彩が変化し、レインボーブリッジと調和した抒情的な空間を創り出します。

■レギュラーフロア■
「眠りのおもてなし」をコンセプトに、「清潔(クリーン)・心地よさ(コンフォート)」を感じていただけるよう最高の寝心地を追求し、「シーリー社」「昭和西川」とのコラボによるオリジナルコンセプト寝具を開発。
パナソニック ビューティーのヘアドライヤー「ナノケア」、優雅な香りをお楽しみ頂けるバスアメニティ「アグラリア」、そして気分をリラックスさせる効果のあるハーブティーも全室に導入し、「眠りのおもてなし」で皆様をお迎え致します。

■客室設備のご案内■
   ○遮光カーテン
   ○優雅さと清潔感を併せもつバスルーム
   全室バスルームにシャワーブース付。更に足をのばして浸れるバスタブで、ゆったりとしたバスタイムをお薦めいたします。
   ○世界各地から選りすぐられた天然の植物成分をブレンドした上質なフレグランス・ブランド「アグラリア」
   ○パナソニック ビューティー「ナノケア」ヘアドライヤー
   ○ハーブティー
   ○オリジナルスリープウェア
   ○アイロン・アイロン台
   ○セイフティーボックス
   ○ミニバー(有料)


と書いています。
f0036857_7422444.jpg

確かに、「シーリー社」「昭和西川」とのコラボによるというベッドは、やや柔らかめなものの、なかなかに寝心地の良いベッドでした。
枕も大きく、リネン類も標準より上。
f0036857_7424363.jpg

このベッドやリネン類はクラブインターコンチネンタルの部屋になると、更に上級品が使われているとのことです。

     https://www.interconti-tokyo.com/stay/bed.html

シーツもGASTALDI社のものとなったりと、タオルもエジプト綿になったりすると・・・。
電話には「ゲストサービスセンター」という万承り番号があり、いつでも余り待たされることもなく応対してくれます。
ただし、その答えにはもう一言添えれば良いのに・・・なんてことが複数回。
f0036857_7425916.jpg

ベージュからライトブラウンでまとめられ、木材使いも質感は高くないものの、部屋に合っています。
f0036857_7431728.jpg

TVは最近のホテルとしては小型。
多少角度はつけられますが、TVの横にいろいろ置いてあるので、横(ソファ)の方からはリモコンが効きません。
f0036857_7443419.jpg

無料のミネラルウォーターが2本、ドリップ式のコーヒーやトワイニング製の紅茶など・・・。
f0036857_7445237.jpg

by shackinbaby | 2017-07-25 12:23 | ホテル | Comments(8)
Commented by momo at 2017-07-25 13:35 x
ここは経営が替わってからスタッフのレベルが・・・・。
同系列のストリングスホテル東京インターコンチネンタル、ストリングスホテル名古屋も同じように感じます。
ロイヤルアンバサダーの私でも積極的には利用しません。
Commented by kitakitune-1 at 2017-07-25 15:28
夏バテか、やる気がないのか(笑)、そういう対応は残念ですね。施設はリニューアルできても、人心までは。プラス、アウエー感ありで、なおのことでしょうね。その分、次の食事に期待しましょう。
Commented by shackinbaby at 2017-07-25 19:18
>momoさん
今はブライダルの会社でしたね、品川も名古屋も・・・。
でも充分若い人は取りこめているようで、3階か何かのウェディングやバンケットの相談室は、見たところ満杯でした。
Commented by shackinbaby at 2017-07-25 19:19
>kitakituneさん
何かここのスタッフ、もう一つなんですよね。
もう一言言葉を添えればよいのに、スムーズなのに、親切なのに・・・という場面に何度も出くわしました。
「その分、次の食事に期待しましょう」って?
ここでは食事しなかったのですが、そうそう、この時は新橋まで出たので、その時の食事のこと、今晩にでも書きましょう。
Commented by reward at 2017-07-25 21:02 x
このホテルはどのホテル予約サイトやブログ等でも、クラブラウンジを含め、異常に評価が高いんですよね。
私は到底賛同出来ず。
レストランでの会食の相談をした際に、あまりにも適当な応対をされて以来、私はご無沙汰です。
Commented by toshiu73 at 2017-07-25 23:41
IHGグループはよく使いますが、ihgの方針でインターコンチネンタルホテルのクラブラウンジでは、世界的にブッフェを縮小し、アフタヌーン・ティーはセットで、イブニングカクテルと朝食はアラカルトメニューの提供にするらしく、大阪や赤坂はすでに移行してますが、東京ベイや横浜も今年中の変更を求められているとか。恐らくihgの方針で、より上質なものを提供していこうということだと思いますが、東京ベイのクラブラウンジは、運営会社の方針もあるのか、これまで質より量だったり、見た目の華やかさで集客してきた感じがします。今後、アラカルトの提供に変わった場合、よっぽど質を上げないと、厳しいような気がします。あと、こちらに限らず、部屋のカテゴリーが非常に細かく分かれているのは、インターコンチネンタルホテルでは、よく見られますが、どうもアンバサダー会員のアップグレード対策ではないかと言われています。このため、アップグレードされても実感がもう一つと感じることが多いです。
Commented by shackinbaby at 2017-07-26 00:25
>rewardさん
評価は高いのですか、それは知りませんでした。
ブライダルの会社がやっているからかもしれませんが、このホテルではとにかくお若いカップルが目につきました。
つまり新しい客層の集客は出来ている・・・。
丁寧な対応のクラブインターコンチネンタル等の印象をSNSで発信してもらったり、高級すぎない、手の届きやすい高級感、贅沢感などを上手く演出して、高評価を得ているのでしょうか。
逆にホテルを使い慣れた層には何かにつけて物足らないところが、ということに・・・。
Commented by shackinbaby at 2017-07-26 00:25
>toshiu73さん
詳しく有難うございます。
僕はこのチェーンのホテルのことをあまり知らないので、いろいろな情報、とても助かります。
「東京ベイのクラブラウンジは、運営会社の方針もあるのか、これまで質より量だったり、見た目の華やかさで集客してきた感じがします」は、僕もこの数回の宿泊でそう感じました。
あと部屋の細かいカテゴリーとアップグレードとの関係、これもなるほどです。
また、いろいろお教えくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 夕食は「牛かつもと村」で・・・ JAL、LCCのベトジェットと提携 >>