JTAの「新ジンベイジェット」、機内Wi-Fiを使ったVR(仮想現実)コンテンツのサービス
日本トランスオーシャン航空(JTA)は11月に就航予定の特別舗装機(B737-800)「新シンベイジェット」で、機内Wi-Fiを使ったVR(仮想現実)コンテンツのサービスを(短距離線以外で)始めるとのことです。
それも乗客が専用アプリをダウンロードするのではなく、簡易型VRグラスを無料配布して、自分のスマートフォンに装着して楽しんでもらうというようなもののよう。
専用アプリが不要な機内VRサービスは、世界初だとのことです。
f0036857_20462429.jpg

これは厚紙製?
どんなVRの内容でも、とりあえず1回はこれ見ちゃうでしょうね。
まだガラケーの人は・・・。
by shackinbaby | 2017-07-29 20:11 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 数日前のウィリー・ハイタワーの映像 旅好きが選ぶ!工場見学&社会科... >>