デルタ航空の「Thank you 747-400」プロジェクト
デルタ航空では「ジャンボ」の愛称で親しまれているB747-499型機が12月までに全機退役予定。
日本路線は、9月5日の成田発ハワイ行きDL576便と、10月30日の成田発のデトロイト行きDL276便が各線の最終便となるとのことです。
それを記念して「Thank you 747-400」プロジェクトが始まっています。

     https://747.deltaskyinfo.jp/

詳細は上記をご覧いただくとして、デルタの747-400を題材としたフォトコンテストの最優秀者は、747-400による日本路線のラストフライトで渡米、帰国便は太平洋路線で747-400の後継機となるエアバスA350-900型機の全席個室型ビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」に乗れる成田・アトランタ間の航空券がペアで贈られるそうですよ。
しかもアトランタでは、デルタ本社や隣接するデルタ航空航空博物館の新展示「747エクスペリエンス」も見学できると・・・。
写真に自信のある方、応募してみてはいかがですか?


by shackinbaby | 2017-08-01 00:01 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2017-08-01 12:21 x
A350乗ってみたい勢いでTGのチケット取ってしまう私ですが、流石にB744はノスタルジーでしか乗れない機種になってしまいましたね。
しかしデルタがA350とA330neoを飛ばす日が来るとは思いませんでしたw
Commented by shackinbaby at 2017-08-01 18:52
>nagiさん
タイ国際航空のA350はもう去年から就航してましたよね。
アジアだけでも、ベトナム航空、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空・・・と次々。
JALはB777の後継としてA350-900とA350-1000を合わせて最大56機でしたっけ、購入するんですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 次のホテル・レポートは・・・ JALのボーイング新仕様787... >>