福岡空港の「ランウェイウォーク2017」
僕はこれは体験したかったな、早起きしてでも。
福岡空港で行われた夜明け前の滑走路を歩く「ランウェイウォーク2017」というイベントです。



だってランウェイなんて普段は絶対入れないところだし・・・。
1日176000回の離発着を支えている滑走路の広さを体幹したり、飛行機のタイヤの跡、誘導灯、水捌けを良くするグルービング(溝)などを実際に見てみたかったです。
この他、駐機場、化学消防車の見学などもあったそうです。
僕が知らなかっただけでこの企画、2011年からやっているそうで、子供中心の企画かもしれませんが、僕はチャンスがあればぜひ参加してみたいですね。
by shackinbaby | 2017-08-08 05:56 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2017-08-08 11:08 x
私も次回は是非参加したいです。
福岡空港は福岡中心部に近く便利なのですが裏返せば民間地に環境、騒音、危険性など大きな影響を与えているともいえます。
そのため空港会社は経営方針の大きな柱に「地域の一員として、地域社会の発展・向上に貢献する。」としています。
地元住民参加のこのようなイベントは他の空港に比べて多いように思います。
展望デッキに飛行機見物によく行きますが平日は保育園、幼稚園、小学校の子供たちが見学に来ているのに出会います。

私が海自にいたとき航空基地で2か月過ごしたことがあります。
毎朝、どんな天候でも、ランウェイを隊員総出で横一線に並んで小石、部品、危険物など落ちていないか目視点検しながら端から端まで歩くのが日課でした。
毎朝やってても小石などけっこう落ちていたのに驚いた思い出があります。
民間空港ではこんなことやってないと思います。
Commented by shackinbaby at 2017-08-08 19:23
>momoさん
いつも貴重な体験を含めて、詳しい追加コメントを有難うございます。
「毎朝、どんな天候でも、ランウェイを隊員総出で横一線に並んで小石、部品、危険物など落ちていないか目視点検しながら端から端まで歩くのが日課」、そんなことをやってるんですね。
でもそういうことの積み重ねが事故を最小にするのでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< ポイントで無料宿泊@アンダーズ... 「ジャッジョーロ銀座」でディナ... >>