LCC利用者の意識と行動調査2017
JTBが調査した「LCC利用者の意識と行動調査2017」の結果が出ています。

     https://www.jtbcorp.jp/jp/

(上記からPDFファイルが開けます)
何ページにもわたる調査結果なので詳しくは↑をご覧いただきたいですが、主なところを拾い出すと、まず国内線LCCの利用経験がある人の割合は2015年の調査から3%増の25.5%、余り増えていません。
LCCを利用してみての感想は「あまり期待をしていなかったので期待外れということはなかった」が46.1%、「期待をしていなかったが、乗ってみたら期待以上だった」が23.3%と、 全体的に「満足」である割合が高い結果。
つまり、利用者はLCCが低価格で商品を提供できる理由を理解していて、過度な期待をしない人が大半を占め、結局LCCというものが浸透してきているのではないかと分析しています。
LCCに対する利用者評価では、全体に評価は上がっているようです。
同時に、空港や機内での人的サービスについては対応が良いと感じている人は減少、「従来の航空会社方が安心できる」とした回答割合も上昇しているものの、直近の旅行経験では必ずしも不便や不満として感じていないとしています。
by shackinbaby | 2017-08-10 00:01 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2017-08-11 10:21 x
利用経験から見ると、まだ伸びしろがありそうですね。
利用者層も当初は10-20代中心でしたが、最近は高齢者も見かけるようになりました。
Commented by shackinbaby at 2017-08-12 00:10
>HKさん
上記の調査ではLCCの利用経験者数はさほど増えていないようで、リピーターは確かに生んでいるということでしょうかね。
でも世界的な流れから見て、日本でももう少しLCCは伸びるかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大阪府の咲洲庁舎に「さきしまコ... ポイントで無料宿泊@アンダーズ... >>