シンガポール航空の新しい機内安全ビデオ
シンガポール航空の最新の機内安全ビデオは、最近各社で流行りの名所を巡る観光案内も兼ねたもの。



ボートキー、ペラナカン博物館、リバー・サファリ、ヘンダーソン・ウェーブ、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク、キャピトル・シアター、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、シンガポールの観光名所を巡りながら、それぞれの場所に登場する人物とともに、機内安全をユニークに説明しています。
これなら普段は退屈な機内安全ビデオもしっかり見ていられますよね。
by shackinbaby | 2017-08-12 00:01 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2017-08-12 08:12 x
この機内安全ビデオ、よく作られていますね。
この手のものにしては長時間ですがそうは感じません。
また悪ノリのなく上品な仕上がりですね。
日系でもこの流れのビデオ作成の企画があったようですが実現しなかったそうです。

今日は日本航空123便墜落事故から32年です。
あのような事故が二度と起こらないことを祈るばかりです。
Commented by shackinbaby at 2017-08-12 12:41
>momoさん
そうでしたね、僕はあの事故のことをリアルにTVニュースで見ていて、今でも鮮烈に覚えています。
あの当時は747のジャンボで1機に520人も乗っていたんですよね、そういうことも含めて、この時期になると思いを新たにします。 
名前
URL
削除用パスワード


<< 何と韓国旅行がキャンセルに ポイントで無料宿泊@アンダーズ... >>